今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

うる星やつら

【ジャンル】ラブコメ、鬼ごっこ、学園、SFもどき、キャラいっぱい(笑)
【話数】全195回(1981〜1986)
【原作】漫画
【ギャグ/シリアス度】8:2 『ラブコメ』の権化
【マニアック度(S/A/B)】A 当時としては、最先端のマニアックアニメ…だったんじゃないかと。
【ドラマチック度(S/A/B)】B 多少、非常に緊張感の高いエピソードもありましたが、基本はお気楽なはなしですかね。
【総合満足度(S/A/B)】A 個人的にはシリーズ前半分の方が面白かったような気がします。
【お薦め度(S/A/B)】B 十分面白いんですけど、今となっては…というところもあるかなあ。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
この世のあらゆる不幸を一身に集めてしまう特異体質の諸星あたると、宇宙からの押しかけ女房ラム、その他、諸々の個性的なキャラたちによるコミカルでハードでマンネリ(?)な日々。

先に、ビューティフル・ドリーマーの方について書きましたけど、TV版の方はずっとお気楽で楽しいお話しでしたね。原作エピソードも勿論おもしろいんですけど、オリジナルな話も結構好きでした。誰もいなくなったっちゃとかトロロとか(笑)。4年以上もやってて、制作も途中で変わってるんで、始めの方と後ろの方では、もう別の作品という感じでしたね。

先週末、CSのフジONE(フジテレビ系)で24時間連続放送とかいうのをやってて、ちょっと観てました。面白いんですけど、さすがにぶっ続けで観続けるのは無理でした(^^;。実は1年ぐらい前から週1で2回ずつ放送をしてるんですけど…キャッチアップできそうもないのであきらめちゃってました(^^;。

サントラとかOP/EDが注目されるようになってきたのも、この作品あたりからでしたかね。いろんな曲があって、そちらも結構好きでした。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

個人的にも最初の方が引き込まれるような
面白さは強かったように感じます☆
リアルで観て以降まともに観ていないので
記憶はだいぶ薄れていますが(^^;
各キャラクターのアクの強さは
他に類を見ないほどと言っても過言ではないくらいだと思いますし
そのキャラクター達が織り成す
ドタバタな展開は衝撃的な面白さがありました☆
また、使用されている曲も耳に残るいい曲ばかりですね♪

それにしても、24時間耐久でうる星やつらを観たら
頭の中を「だっちゃ」がグルグル回りそうな気がします(^^;
それに夢にチェリーが出てきそうです。。。

2010/3/30(火) 午後 0:24 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

こんばんは。
テレビ版のうる星やつらは、ルパン三世のパート2と同じく、
演出家の方とかによって、作風がまったく違う回とかありましたね。

印象深いお話も多いのと同じぐらい、ドタバタで終わる回とか、
しんみりさせてくれる話もありました。

2010/3/30(火) 午後 11:46 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さんも、初期の頃のエピソードの方が一段と面白く感じたようで、ご意見があって嬉しいです(^-^)
確かに、このアクの強さはなかなかないかも知れませんね。
曲もホント、いいのが多いですよね。

24時間ぶっ続けってのもなかなかすごい企画で、観てたら完全に頭がラリってしまいそうだとは思うんですけど(^^;、それでもせいぜい全体の1/4ぐらいなんですよね。

2010/3/31(水) 午前 8:25 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

仰られる通り、スタッフによって全然作風が変わりましたよね。
でも、それで、いろんなエピソードが出てきて変化に富んでたというメリットもありました。必ずしもドタバタだけで終わらないところが大きな魅力だったとは私も思います。

2010/3/31(水) 午前 8:27 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事