全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】母子愛、変身、アクション、ギャグ、歪んだ愛情
【話数】この作品は1話完結(映画版としては第17作)
【原作】漫画
【ギャグ/シリアス度】ギャグ6:シリアス4 ギャグ主体ではありますが、正直結構恐い話です。
【マニアック度(S/A/B)】A 例によって、細かなところで凝ってます。
【ドラマチック度(S/A/B)】A 結論は見えてはいるんですが、そこまでの持っていき方はうまく引っ張りますね。
【総合満足度(S/A/B)】A 戦国ほどの強烈なインパクトはないにしても、いろいろ考えさせられますね。いっそ、最後まで徹底的にエセ エコ追求でやってしまっても良かったような気もしますけど(苦笑)。
【お薦め度(S/A/B)】A 地上波放送で観ました。またやる機会もあるでしょうから、興味があったらどうぞ。
【関連リンク】漫画公式HP/Wikipedia
【コメント】
しんちゃんの暮らすカスカベ市ふたば町では、環境派の町長が就任し、エコ活動が盛んになっていたが、実は彼は超過激な目的を秘めてとある薬を開発していた。その薬をたまたまを手に入れた野原家で、両親が清涼飲料と間違えて飲んでしまうと…。

両親が『変身』(←ヒーローとかじゃなくて)してしまうというのは、特に子供にとってすごく恐い事でしょうね。ましてや、見かけだけじゃなくて、中身も変わってしまうとなると。千と千尋観たときも思いましたが。

この作品、昨年公開されたばかりですけど、今年の新作公開に合わせてテレ朝系でゴールデンタイムに放送されてたのを観ました。まあ、クレしん映画としてはとりわけインパクトが強いというわけでもないように感じましたが、エセエコロジーの描写とか、簡単にだまされてしまう一般市民とか、結構鋭いところをを突いているなあとは感じました。ちょっと米国アニメのシンプソンズみたいな感じかも。…真面目に(?)エコに取り組んでる人たちにクレームつけられちゃいそうですけど(^^;。

ちなみに、原作者が見届けた最後の映画なんですね、これ。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

この作品も観損ねていますが。。。(^^;
ECO活動を取りいれているところが
時代の世界情勢を感じさせますね♪
実際はクレヨンしんちゃん色になっているのでしょうから
そのあたりはどのようなものか興味がひかれます☆

でも、ECO活動も間違った活動を正しい活動だと誤認して
やっている(やらされている)ことも場合によってはありますから
そういった意味ではこういった側面でメッセージを送るのも
ありかもしれませんね。
・・・・・・ってそこまで深い意図が込められているかは
わかりませんが(^^;

2010/4/13(火) 午前 8:40 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

こんにちは。
クレヨンしんちゃんの映画は、毎回面白いですよね。
ドラえもんと同じで、時代背景を上手く取り入れていると思います。

2010/4/13(火) 午後 1:55 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん

なかなか読みが深いですね! いや、結構深い意図があるんじゃないかという気はしますよ。エコなら全部いいだろうみたいに単純に思わされてるところに一矢報いるような心意気もあるんじゃないかと思います。

まあ、おバカなところも多いですけど、奥も深いクレしん映画、個人的には最近マイブームになりつつあります(笑)。

2010/4/13(火) 午後 8:56 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

クレしん映画は、私は本格的にはまりだしたのはつい最近なのですが、どれも結構奥が深いしテーマ性があって面白いですね。もっと前から観とくべきだったと今更ながら思ってます。

2010/4/13(火) 午後 8:58 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事