今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】SFサスペンス、戦闘アクション、陰謀
【話数】全12話(2009/1〜3)
【原作】アニメオリジナル
【ギャグ/シリアス度】2:8 殆どハードタッチですが、多少おバカな振りもあり。
【マニアック度(S/A/B)】A いわゆる、そういうアニメって感じ
【ドラマチック度(S/A/B)】A 終盤の盛り上がりがすごい(壮絶)です。
【総合満足度(S/A/B)】A たまたま第1話の途中で見かけてひっかかり、その後、最終回まで観てしまいました。アクションものとして正統的に面白いです。
【お薦め度(S/A/B)】B アニマックスとBS11でしか放送した事はないようです。レンタル屋さんには置いてあったように思います。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
環境破壊が進み、世界大戦により、多くの地域が壊滅した近未来。流通拠点として繁栄を維持している都市『フォート・ダイバ・シティ』も、戦争中にまき散らされた自動襲撃兵器の脅威にさらされていた。民間軍事会社PMCは街の防衛を受託し、ならず者たちを集めて傭兵『ブレードマン』とし、可変型機動兵器『マニュブレード』を与えて防衛任務を行っていた。そんな『ブレードマン』達とそのサポートを行う女性アシスタントの熱い物語…。

フォート・ダイバ・シティ自体はそこそこの繁栄を維持してはいるのですが、社会は不安定で不安不満が渦巻いています。ブレードマン達は、命を張って街を守ってはいるのですが、正義より『金』が目当てなので街の人々からはあんまり良くは見られていない。話は、女性オペレータ、サクラコの視点で語られていくのですが、最初は気まずい雰囲気でいたものの、段々とブレードマンたちの真の姿を知り、絆を築いていきますが、その影では実は恐るべき陰謀が渦巻いていた…というところでしょうか。

タイトルは直訳すると、『毒蛇の信条』ってな意味ですかね。ならず者であるブレードマン達にも、それなりの信念があるという。最後まで観ると納得できるタイトルだと思います。
ケロロ軍曹に馴染んでる方だと、「ヴァイパー」とか聞くと、それで吹いちゃうかも知れませんが(苦笑)、本当は恐いんですよ、毒蛇なんだから。

マニュブレードや自動兵器の描写も緻密で、戦闘シーンも迫力があります。また、ストーリーも何重にも伏線が張られていて、最後の最後まで楽しめました。(最後は、「マジかよ?」って感じかも知れませんが…)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

この作品は作品名も知らなかった全く未知の作品です☆
またお話の系統的には記事を読んでいてとてもわかりやすかったです!
「いわゆる、そういうアニメ」ですね(笑)
個人的にはこういう系統のアニメは好きなで
興味がわきます♪
戦闘シーンやストーリ展開もなかなか見所があるようですし☆
──ただ、すぐ観るかというと
ちと後回しになりそうな気がしますが(^^;
忘れずに覚えておこうと思います☆

2010/4/16(金) 午前 9:02 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

こんばんは。
3、4話みて挫けた作品です・・・

2010/4/16(金) 午後 6:59 ハニー先輩 返信する

さすらいの感動屋さん、コメントありがとうございます。

まあ、よくあるタイプの話とも言えますが、なかなか面白い作品だったと思います。機会があったら是非ご覧くださいませ。

2010/4/17(土) 午後 7:22 くあい 返信する

ハニー先輩さん、

そうですね、印象としては後ろの方が面白かったように思います。

2010/4/17(土) 午後 7:25 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事