全体表示

[ リスト ]

刀語 第一話 絶刀・鉋

【ジャンル】バトル、異世界時代劇、会話劇
【話数】全12話の第1話(2010/1初回放送、毎月1話ずつ放送)
【原作】小説 (毎月1冊ずつ、全12冊刊行された。普通あり得ないですね、こんなの。)
【ギャグ/シリアス度】6:4 基本的にはバトルがメインの話ですが、思ってたよりもずっとコミカル。
【マニアック度(S/A/B)】A 時代劇風でありながら、全く独自な世界観がしっかりと構築されてます。
【ドラマチック度(S/A/B)】A 第1話から、結構見せてくれてます。
【総合満足度(S/A/B)】S 絵がなんなんで(^^;、どんなもんかなと思ってたんですが、すぐ慣れましたね。同じ西尾維新アニメプロジェクトの作品ながら、「化物語」とはまた全然異なる面白さがあります。ただ、会話の妙は共通してますね。
【お薦め度(S/A/B)】A 面白いです。騙されたと思って一度観てみて(笑)!
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
暗い過去と密かな野望を持った「美人」奇策士とがめは、伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」が作った妖しい力を持つ12本の刀を集めるため、離れ小島 不承島に向かう。そこには、あまりに強力なため畏怖され流された、剣を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主、鑢七花とその姉 七実が細々と暮らしていた…。

メインのストーリーは単純明快。1年かけて12本の刀を集めるという事ですね。第1回はその1本目。頑丈さが主眼の絶刀・鉋(かんな)。
ですが、キャラ同士のやり取り(特に会話)が秀逸。敵役の不気味さもなかなかだし、虚刀流、派手(?)で強くて格好良いですね(笑)。

今年の1月から、月一でフジテレビ系で放送されてますが、アニマックスでも1クール遅れで放送がスタートしました。もっとも月一だから1クールでも3話遅れですけどね。という事で、本放送では既に4話まで達してますけど、このブログらしく(^^;、1クール遅れで第1話を取り上げてみました。

でも、1時間の定期番組って珍しいですね。記憶にあるのでは「野球狂の歌」ぐらいですけど。1時間枠だとなかなか見応えがあり、月一でも十分満足できるように思います。

メチャメチャ強いけれど基本常識が完全に欠落している七花。その常識はずれの常識のなさが特に際立つ第1話ですね(笑)。


この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

とうとう刀語のレビューですか!
これはアニメを観終わった後に原作を読んでみました
やはり原作だと会話量が違うんですよね。アニメは結構頑張って表現してるんだなぁと思いましたよ
西尾維新さんがキャラを割と簡単に使い捨てる作家さんなのがよくわかる作品のひとつだと思います
絶刀・鉋はまだまともな刀ですが後半戦に入るととんでもない(笑)形状の刀が出てきますよね

2010/4/22(木) 午後 0:19 [ あさぎり@ジャギィ ] 返信する

顔アイコン

きましたね! 刀語!
最初はやはり絵の壁がありましたが、すぐに慣れましたね(^^;
七花とかなめをはじめ各キャラクター同士のやり取りは
ツボを押さえていて
何気ない会話シーンでさえ飽きさせませんね☆
第一話のこの『絶刀・鉋』ではその魅力は
片鱗ほどしか見せていませんが
各話の内容の濃さには個人的にも大満足です☆
コミカルな部分とシリアスな部分が
絶妙に調和しているところがまた魅力ですね♪

毎月紙芝居を楽しみにして待つ子供のような心境で
放送を待っていたりする作品です☆
?・・・・・・紙芝居って相当古いですね(^^;

2010/4/22(木) 午後 0:23 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん

初っぱなの第1話だけでもとても魅力的な作品ですよね。そうそう仰られる通り、コミカルな部分とシリアスな部分のバランスがとても良いですよね。会話が面白いのは、原作者の西尾維新作品全てに共通みたいですが、この作品でも遺憾なく発揮されてると思います。というか、元々はここまでしゃべりが表に出てきてるとまでは思ってなかったので、その点は嬉しい誤算でした。

本放送も段々とテンション上がってきてますけど、私も月一放送を楽しみに待ってます。…紙芝居(笑)。

2010/4/22(木) 午後 2:03 くあい 返信する

顔アイコン

あさぎりさん、コメントありがとうございます。

原作、読まれたんですね! 私もよっぽど読もうかと思ったんですけど、今のところ、控えてます。(代わりに?戯言シリーズ読んでます)
時期が来たら絶対原作も読みますよ。やはり会話だいぶ落ちてるんですね。1冊あたり1時間じゃどうしてもそうなっちゃいますよね。

でも、アニメも(さすがに原作者が全面協力している事もあり)とても質の高い仕上がりになってると思いますので、両方とも楽しんでいきたいと思ってます。

そういえば、化物語の最終話(15話)はどうなっちゃったんでしょうね(^^;?

2010/4/22(木) 午後 2:07 くあい 返信する

顔アイコン

こんばんは。
原作も毎月1冊、アニメも毎月1話となってますね。
原作通りなのですが、アニメならではの動きが意外と少なくて・・・
でも楽しい原作なので、最後まで付き合いたいと思います。

2010/4/22(木) 午後 6:06 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

なるほど、アニメらしさですか。言われてみると、割と静的にシチュエーションが展開してる部分が多いかも知れませんね。会話が重要な役割を演じる西尾維新作品ではやむを得ない部分もあるんでしょうか。

それにしても、1月に一つずつ1年間作り続けるというのは、小説にしろ、アニメ作品にしろ、ものすごいエネルギーが必要だろうなあと思います。

2010/4/23(金) 午前 9:11 くあい 返信する

顔アイコン

第1話面白かったです!
特に好きだったシーンは、家族以外の人間を見たことないからって、とがめと真庭の区別がつかずいきなり蹴り入れちゃう七花ww

2010/4/25(日) 午後 11:15 ケロコ 返信する

顔アイコン

ケロコさん、コメントありがとうございます。
そうそう、そこは私もツボでしたね(笑)。その展開はさすがに想像を超えてました。

2010/4/26(月) 午前 8:43 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事