今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

ミニパト

【ジャンル】押井脚本によるウンチク、パタパタアニメ
【話数】全3話 2002年公開されたWXIIIと同時上映されました。(ただし、3つの内の1本だけが週替わりでシャッフル上映されたとの事)
【原作】原作は(多分)ありませんが、アニメ版パトレイバーの楽屋落ちみたいな(ところもある)作品です。
【ギャグ/シリアス度】7:3 ギャグ主体の内容のはずなんですが、押井流のウンチクで溢れてるので、意外にマジな雰囲気も強く感じられます。
【マニアック度(S/A/B)】S マニアックな趣味だけで作られた作品かも。
【ドラマチック度(S/A/B)】B ドラマ性(ストーリー性)は殆ど感じられないのですが。
【総合満足度(S/A/B)】A 観ると賢くなったような気(錯覚)がします(笑)。
【お薦め度(S/A/B)】A パトレイバーのファン(或いは押井作品好き)なら必見。そうでない人は観ない方がいいかも(^^;
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
第1話: 後藤隊長が語るリボルバーカノンの真実。
第2話: 整備班シバシゲオ主任が語るイングラムの真実。
第3話: 南雲隊長が語る特車2課の恐るべき真実。

絵柄から見て、「タチコマ」とか「ケロちゃんにおまかせ」とか、そういう類のお話しなのかと思ってたのですが、意外にバリバリにマニアックなお話しでした。パトレイバーファンには応えられないマニアックな内容。1話約12〜14分程度の短編ですが、とても見応えはありますね。

それにしても、シャッフル上映ってのは罪な上映方法ですね。ファンならやっぱり全部まとめて観たいじゃないですか。公開時、3回映画館に通った人も結構いたんでしょうか?
(私はファミリー劇場でまとめて放送されたのを観たのですけど)


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この様な短編が同時上映されていたのですか!?
WX靴魎僂討い覆いらいですから詳細はわかりませんが(^^;
フルCGデジタルアニメな上に、主題歌まできちんとあるようですから短編とはいえシッカリした構成なのでしょうね☆
きっとファンならお得感のある内容なんだろうなぁ。。。
それにしても絵はかわいらしいですね♪

2010/5/2(日) 午後 11:16 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

きっとWXIIIだけだとあんまりにも真っ暗なんで(^^;、少しはバランスを取るために併映したんじゃないかと思いますね。
ご指摘の通り、かなりしっかりした構成になっていて、3本まとめて観るとかなりずっしりと見応えもありますし面白いです。WXIIIも悪い作品じゃないんですけど、こっちの方が面白いような気がしますね(^^;。

そうそう、絵が異様にかわいらしいんですよね。なんか、あたしンちみたいな感じがします(笑)。

2010/5/3(月) 午後 7:11 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事