今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】二人の想いの行く末、魔法対決
【話数】1話完結(映画)。なお映画としてはこの作品は2つ目。
【原作】漫画(CLAMP)。ただし、この映画はオリジナルストーリー
【ギャグ/シリアス度】5:5 例によって、はにゃっ、としたところもありますが、最強の『敵』を迎えシリアス度も高いです。
【マニアック度(S/A/B)】A 良くできてます。
【ドラマチック度(S/A/B)】A 最後はとても盛り上がります。
【総合満足度(S/A/B)】A TVでやや不完全な終わり方だったのが、漸く完結します。
【お薦め度(S/A/B)】B TV版の最終回まで観てて不満の残ってる方は是非! TV版を観てるのが前提なので、いきなりこの映画版を観るのはお薦めできないです。
【関連リンク】TV版についての記事公式HP/Wikipedia
【コメント】
クロウカードを巡る一連の事件が終結し知世やケロちゃんらと平穏な日々を過ごすさくら。けれど、香港へ去った小狼の告白への回答はまだできないでいた。そんな時、街中の橋や建物などが突然消えるという不思議な事件が起き始める…。

TVシリーズでは、小狼の告白に対するさくらの返事がやや曖昧なまま終わってしまうのですが、要はこの映画への伏線だったという訳ですね。最近流行り(?)の完結編は劇場で!の走りかな。

どうせなら、全部TVで放送してよという気もしつつ、さすが映画だけあって上質な仕上がりになってるので、結果オーライかなと思います。こういう勢いでまとめるのは残念ながらTVシリーズの枠内では無理だったかも知れません。

さくらと小狼の恋の顛末を追いかけつつ、他の全てのクロウ(さくら)カードを無効にしてしまう最強のカード『無』との対決は見応え十分です。

そういえば、さくらは、多くのいわゆる魔法少女作品と違って、TV版の最終回の後も別に魔法の力がなくなったりはしないし、パートナーであるケロちゃん(やユエ)とお別れになったりなんてのもないんですよね。もっとも、魔法は、日常暮らすにはあまりにも過剰な力なので、知世のリクエストでプライベートムービー作るためぐらいにしか使ってないみたいですけど(笑)。


この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

映画では二つ目の作品なんですね。
テレビ版をチラチラとしか観ていないとはいえ
「さくら」の正しい視聴順が良くわかりました☆
ちなみにもう一つの映画作品は1期と2期の間なんですね♪
観る時は正しい順番(?)でじっくりと観たいと思います!

2010/5/13(木) 午前 8:46 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

こんばんは。
CLAMPさんの作品は、どの作品も少しずつ世界が共有されていて
いろいろな面で楽しめますよね!

2010/5/13(木) 午後 7:21 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん

パトレイバーなんかは、劇場版は独立性が高いと思うのですが、この作品はやはり、きちんと順番に観た方がいいですね。順番に謎が解け、新たな謎が発生するようになってますし(笑)。

2010/5/14(金) 午前 9:11 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

そうですね。特にさくらのキャラはツバサやHolicでも主役級で活躍してますしね。作品を横断して楽しめますね。

2010/5/14(金) 午前 9:13 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事