全体表示

[ リスト ]

海がきこえる

【ジャンル】ほろ苦い思い出、土佐もの、学園もの、そして今…
【話数】全1話(1993年に日テレ開局40周年記念作品として放映)
【原作】小説
【ギャグ/シリアス度】2:8 コミカルと言えばコミカルに見える部分もありますが…
【マニアック度(S/A/B)】A この作品に登場した舞台が『聖地』化してるそうですが、私が言ったことあるのは吉祥寺の駅ぐらいです。
【ドラマチック度(S/A/B)】B ムチャムチャ盛り上がる…という種類の話ではないかと。
【総合満足度(S/A/B)】A でも、しっとりとしていてお気に入りの話です。
【お薦め度(S/A/B)】A ジブリものでは異色な作品ですけど、面白いです。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
東京の大学に進学した拓は、吉祥寺のホームで同級生だった里伽子(に似た女性)を見かけ、必ずしも楽しいばかりではなかった高校時代の出来事を思い出す…。

里伽子は何をしでかすか分からず実際に関わりを持ったらうんざりしてしまいそうですが(^^;…まあ彼女も彼女なりにいろいろと問題を抱えている訳で、その辺が分かってくるとかなり見え方が変わってきますね。

ジブリの作品としては、劇場公開ではなく、テレビ放映のためだけに作られた珍しい作品。長さがやや中途半端なせいか、金曜ロードショー枠では放送してないですかね? 宮崎さんも高畑さんも関わっていないのですが、却ってそのためか、青春爆発という感じでとても瑞々しいです。『大作』ばかりでなくこういう作品ももっと頻繁に電波に乗っけてほしいと思います。


この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

おはようございます。
そういえば劇場公開ではなかったのですね。

2010/5/25(火) 午前 8:41 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

ジブリ作品であることと
タイトルくらいしか知りませんでしたが(^^;
青春色の強い作品なんですね♪
観た記憶がないのは
テレビで流れる機会が少ないからでしょうか・・・・・・

ともあれ、一見の価値のある作品であることがわかったのは
収穫でした☆

2010/5/25(火) 午後 0:26 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

確かに見た記憶があるんですが、全然思い出せません(苦笑)
放送される機会があれば、ぜひまた見てみたいなと思いました。

2010/5/25(火) 午後 11:29 かのん 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

そんなんですよね。テレビ放映用のスペシャルアニメ(?)だったんですよね。その割には、テレビであんまり放送しないのが残念です。

2010/5/26(水) 午前 9:25 くあい 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん

DVDでは出回ってるんですが、テレビでは放送しないですよね。もったいないです。まあ、確かにジブリの劇場用大作みたいには一般受けはしないかも知れませんけど…。

ちなみに私も実はテレビでは観た事なくて、DVDで観ただけです。

2010/5/26(水) 午前 9:27 くあい 返信する

顔アイコン

かのんさん

ストーリー的にはかなり地味な作品なので印象に印象に残りにくい面もあったかと思います。でも、じっくり観るととても良い出来なので、もっと放送してくれると嬉しいんですけどね。

2010/5/26(水) 午前 9:32 くあい 返信する

ジブリにしては珍しい恋愛物だったので妙に印象に残っています。
派手ではないけど、なんか心に残るんですよねー。

2010/5/26(水) 午後 10:40 ケロコ 返信する

顔アイコン

ケロコさん、おっしゃる通り、こういう真正面な恋愛ものはジブリでは珍しいですね。空を飛んだりとか(笑)、派手なシーンはイメージとしてでも全くありませんし、ストーリーもかなり地味ですけど、印象深い作品ですよね。

あと、恋愛ものというと「耳をすませば」とかかなと思いますけど…やはり中学生と高校生とでは話の雰囲気が全然違いますね。

2010/5/27(木) 午前 8:35 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事