今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

ガンバの冒険

【ジャンル】冒険、友情、死闘
【話数】全26話(1975年放送)
【原作】児童(?)文学
【ギャグ/シリアス度】3:7 緩い部分もありますが、重たい話です。
【マニアック度(S/A/B)】B アニオタ的にマニアックな面は皆無と思いますが、良くできた作品だと思います。
【ドラマチック度(S/A/B)】S これでもか!これでもか!と続く最後のノロイとの対決は、もはや子ども向けの作品の域を超えてます。
【総合満足度(S/A/B)】A 宝島と並んで出崎作品の最高峰の一つと言えると思います。
【お薦め度(S/A/B)】A 30年以上前の作品ですが、今でも通用する質の高い作品かと。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
ノロイの率いるイタチに滅ぼされそうになっている島のネズミを救うため、町ネズミのガンバが仲間たちと共に海へ旅立つ…。

昔の作品ですが、今でもレンタルDVDが店に並び、CSでも繰り返し放送される名作です。
最近、続編のアニメ作品(映画)も観ましたが…最初のTVシリーズの方がやはり面白いように思います。26話かけてクライマックスに至るのがやはりいいんでしょうね。

しかし、ガンバ、あんまりネズミには見えないです。どちらかというと私にはビーバーに見えてしまいます(^^;。まあ、お話の本質には全然かんけいないですけど。

この作品で印象深いのは何といってもED。恐すぎです。歌詞も歌唱も強烈だし絵もおっかない。恐くて観ていられない子供がいたんじゃないかと思いますけど…。能天気なサンバみたいなOPとあまりにも落差がありました。


この記事に

閉じる コメント(14)

くあいさん おはようございます。 ここに来ましたか?

大きいイタチは、ノロイでしたよねぇ キョワイィー 汗。。。
イカサマの人気が高かったぁ〜

2010/5/31(月) 午前 9:24 [ LDV ] 返信する

顔アイコン

ガンバは劇場版ならテープが残ってます
TV版も観てみたいですねぇ〜
面白い作品だと思います^^

2010/5/31(月) 午後 0:52 [ あさぎり@ジャギィ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
子供にとっては、とてもノロイが怖かったです。

2010/5/31(月) 午後 8:07 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

LDVさん

はい、ここに来ました(笑)。随分前から候補には入ってたんですよね。
イカサマは、(ネズミだけど)人間味溢れてて魅力的なキャラですね。

2010/5/31(月) 午後 8:39 くあい 返信する

顔アイコン

あさぎりさん

ああ、劇場版ってのもありましたね。DVDレンタルでもあったような気が…。TV版は、とことんまで行ってしまうので、見応えがありますね。

2010/5/31(月) 午後 8:41 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

ノロイは恐いですね。猫なで声が話すのがまた一段と恐かったです。

2010/5/31(月) 午後 8:42 くあい 返信する

顔アイコン

個人的にはものすごく懐かしさを覚える作品です☆
ですが間違いなく「面白い!」そして「ノロイ恐い!」
記事を拝見していてEDのあのおどろおどろしさが
脳裏を過ぎりました(^^;
そうそう!ネズミに見えませんよね♪
最初はネズミだと知らずに
小さな生き物としか認識していませんでした☆
そういった意味ではノロイも
イタチというより化物にしか見えませんでしたから(^^;
ストーリーの展開の完成度の高さといい、昔話にでてくるようなオドロオドロしい演出の見事さといい、とても素晴らしい名作だと思います☆

というか続編あるんですね!?

2010/6/1(火) 午前 8:55 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん コメントありがとうございます。

そうですね、かなり古い作品なんですけどインパクトがとても強い作品でもありましたよね。やはりガンバ達、ねずみには見えませんよね(笑)。ああそうですね、確かにノロイも単なるイタチには見えませんよね。それが故に恐怖感も強まったのは間違いないです。

続編なんですが、原作の方も続編が何冊かあるみたいなんですが、ガンバとかわうその冒険というのがアニメ映画化されてます。TV版のキャラに沿うような形で馴染みやすくは作られてます。が、映画の尺だとちょっと短すぎるかなという気がしました。内容盛りだくさんなので、映画1本にしてしまうのはもったいないかなと。

2010/6/2(水) 午前 8:41 くあい 返信する

顔アイコン

これ覚えてます。
明朗なタッチで好きでした。
が、終盤壮絶だったような。(^^ゞ
今想うと、ラスボスがなにしろ強すぎ、コワすぎ。 子供向け番組の常識を超えてましたね。(^^ゞ
が、それだけに面白かったです。(^ァ^)

2010/6/3(木) 午前 9:56 [ もとよし ] 返信する

顔アイコン

ノロイも怖かったけど狐のザクリも怖かったですね〜・・・

猫も凶悪な顔していたし〜・・・

ガンバのバードな世界が好きだったので・・・

その後の「 とっとこハム太郎 」には複雑な気持ちがしました〜・・・

2010/6/3(木) 午後 11:45 [ suetumubana ] 返信する

顔アイコン

もとよしさん

全く同感です。子ども向けには恐すぎる話でした。というか、子ども向けだからといって全然手加減されてるようには思えませんね。それだけにとても強烈な印象を持った作品になったと思います。

2010/6/4(金) 午前 8:33 くあい 返信する

顔アイコン

suetumubanaさん

ラスボス ノロイは勿論恐いんですけど、確かに恐いキャラ(?)は多かったですね。ネズミから見れば世の中なんてまさにあんなものなのかも知れませんけど。

ハム太郎…は、確かに全然世界観が違いますね(苦笑)。

2010/6/4(金) 午前 8:35 くあい 返信する

顔アイコン

ガンバの冒険は、ストーリーも好きですが
哀愁漂うエンディングテーマが好きでした。

昔のアニメって、エンディングテーマに
哀愁を感じます。

旧ルパン三世の「あしもとに絡みつく〜」や
タイガーマスクの「あたたかい人の情けも〜」は
名作ですね。

2010/6/5(土) 午前 8:08 [ カトリ ] 返信する

顔アイコン

カトリさん、コメントありがとうございます。

EDはとても印象的ですよね。
おっしゃられる通り、緑ルパンやタイガーマスクのEDも味わい深い曲でしたね。私も、そちらも好きですね。

2010/6/5(土) 午後 8:19 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事