ここから本文です
オヤジ★モデラー記録日誌
大阪市在住、オヤジモデラーです。マイペースで製作してますので、気楽に観てくださいね♪
Sd.kfz.222偵察装甲車の塗装もしつつ、2号戦車のフィギュア製作に移ります。

このパケ画のフィギュアが格好よく情景にしたいと考えたんですが、、、

イメージ 1


実際フィギュアを組み立てて見ると、、

イメージ 2

合いが悪く至るところに隙間が( ̄□ ̄;)!!
次の画像では、、ヘルメット大きすぎるでしょう(笑)

イメージ 3

モールドも酷く、最近のフィギュアのクオリティーを考慮すると使えませんね。
改造するって手もありますが、効率を考え違うフィギュアを使用することにしました。

ドラゴンのフィギュア。

イメージ 4

イメージ 5

箱絵の裏を見てもモールドも良いし、ポーズも躍動感あって良いですね。
これでフィギュア製作します。

この記事に

まだ2号戦車のビネット製作(フィギュア)の続きですが、このキットも同時に製作していきます。

イメージ 1

先日も記述しましたが、このキット1つでパケ画のようなビネットが作れてしまう とってもお得なセット内容になってます。
エッチングも付いてますよ。

イメージ 2


昨年末に私が所属した模型倶楽部「sometime」では、毎年5月の静岡ホビーショーと10月の展示会の年2回テーマを決めて合同で作品を発表するイベントがあります。

今年の静岡ホビーショーでのテーマが「装甲車」に決まったので、このキットをテーマ作品として製作するわけです。

前説が長くなりましたが、早速製作。
前回の2号戦車のようにアフターパーツなど使わずにサクサクっと製作。

イメージ 3

タイヤ物はハンドルを切った状態が見栄えが良いのでその点だけ改造しました。
ちなみにこの車輌は前輪と後輪が別駆動になってるんですよね(前輪と後輪がハの字になってるでしょう)。
見せ場になるので改造する価値はありますよ。

オープントップ車輌なので、先に内装を塗ってからオキサイドレッドを塗りました。

イメージ 4

今日はここまで。
そんな訳で私自身初の複数製作、いわゆるお手付きをしちゃいます。

この記事に

新春ゆみこん模型会

昨日は今年に入って初のゆみこん模型会を開催。
その席でゆみこんさんから太っ腹なお年玉を頂きました。

イメージ 1

ミニスケールモデラーの代名詞、ゆみこん師匠らしいお年玉ですよね(笑)

これらはもちろん模型会のメンバーみんなで分け分けするのですが、今回の参加者はゆみこんさん、トトロさんと私の3人のみ。早い者勝ちということで私が選んだのはこちら。

イメージ 2

1/72スケールの4号F2戦車。
中身はこれだけ。

イメージ 3

ランナー2枚でしかも履帯もゴム状の一体形ww
説明書は両面印刷の1枚のみ。
たったの5番で終わりです(5番は工作ではないので、事実上4番までですけどね)。

イメージ 4

3人でワイワイ雑談しながら製作しても数時間で完成しました。

イメージ 5


模型のあとはトトロさん自慢の?たこ焼きパーティーでプチ新年会と相成りました。

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

1月9、10、11日は商売繁盛の神様、恵比須神社に参拝に行くのが年初の恒例行事です。
大阪では親しみを込めて、えべっさんと呼んでいます。

イメージ 1

仕事終わりにスタッフと参拝して笹の葉にご利益の宝納を付けてもらいました。

イメージ 2



模型の方は昨日完成した2号戦車のフィギュアの製作を進めると共に▼こちらも同時進行で製作していこうと思います。

イメージ 3

このキットだけでパケ画のようなビネットが作れるお得なセットになっています。
ジェリカンやドラム缶まで入ってます✨

イメージ 4

屋根のルーフ部分はエッチング。昨今の模型価格を考慮するとタミヤさん太っ腹ですね。


2号戦車以降、難しい考証よりもサクサクっと組み上げる模型の楽しみ方にハマっています😅

この記事に

タミヤ2号戦車(2)

本日より仕事もスタート、2018年本格始動であります。

正月休み最後の週末に2号戦車の塗装を始めました。

今回はゆみこん師匠直伝のお手軽カラーモジュレーションを試してみたいと思います。

イメージ 1

戦車の側面、垂直方向に暗めの色を吹きました。
暗めの色は、▼ジャーマングレイにブルーとレッドを混ぜて。

イメージ 2

その他、影になる所や工具類の隙間にも暗めの色を吹いてます。

イメージ 3


続いて車体上面、水平面は基本色のジャーマングレイの原色を吹き、トップ面(凸面)にはハイライト(ジャーマングレイ+ホワイト)を。

イメージ 4

パネル毎に塗り分けたりするような本格的なやり方ではないですが、簡単にモジュレーションの雰囲気を出せる塗装法です。

初めての試みでしたが、意外にも簡単に出来ました。流石ゆみこん師匠ですね。

その後、積載装備品などの塗り分けをして艶ありクリアーでトップコートします。

イメージ 5

艶ありクリアーを吹く理由は、デカールを貼る面をフラットにすることでデカールが密着しシルバーリングができないことと、もうひとつはウェザリングの時に塗料が滲まない&拭き取りやすい効果があるためです。

イメージ 6


最後にウェザリングで全体の色のトーンを統一させて完成です。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


これにて戦車は一応完成としますが、せっかくフィギュアも付属してますし格好いいパケ画もあるのでビネットに仕上げても良いかなぁ〜と考えてます。

イメージ 13

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事