ここから本文です
オヤジ★モデラー記録日誌
大阪市在住、オヤジモデラーです。マイペースで製作してますので、気楽に観てくださいね♪
日々の暑さと湿気で完全に夏バテです。
模型のモチベーションも下がりっぱなしで作品に対する熱意も冷めて来ました(汗😅)。


前回は地面のレイアウトを決めた所までやりました。

イメージ 1


その地面、グランドワークの作業に移ります。
土台のスチレンボードに水溶き木工ボンドを塗って、リアルサンドなる素材を振りかけます。

イメージ 2

本物の砂なので質感やキメの細かさなど文句なしです。
そして出来上がったのがコレ⏬

イメージ 3


フィギュアも置いて確認。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


もう少しで完成です。

この記事に

ハンビー(8)微速前進

記録的な豪雨の後は本格的な夏の到来で、毎日暑い日が続きますね。
被害に遭われた方々にはお悔やみ申し上げます。

さてさて生存報告も兼ねて久しぶりの投稿です〜
模型ブログということもあり、当然模型が進まないとブログも更新できないわけで、、、

こぉーも暑いと模型よりもビールに避行しちゃう毎日です(苦笑😅)

それでもなんとか(苦行の)フィギュアの塗装も終わり、気持ちが幾分かは楽になりましたので、ベースに乗せてレイアウトの確認を行いました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ベースの土台はスチレンボードです。
発泡スチロールのように軽く、クズも出にくいので細かな凹凸を付けるようなグランドワークの土台には威力を発揮します。

今回の作品は正にその凹凸が地面のカギになってます。
小さいベースに車輌やフィギュアが所狭しと配置されているため、地面に高低差を付けることで“躍動感”や“見やすさ”を狙っています。

文才がないので、上手く伝えられなくてすいません。

今日はここまで。
これからが夏本番。皆さん、ご自愛くださいね。

この記事に

ハンビー(7)迷彩の塗装

6月も終わりに近づきやっと梅雨らしい天気になりましたね。
しかし毎日こーも蒸し蒸し、ジメジメした天気が続くと体調壊しそうです。。

前回フィギュアの顔を塗ったところまでお伝えしました。
今回は洋服(戦闘服)の塗装です。

イメージ 1

今回のレイアウト。
小さなビネットなので、情報量を増やすため現用アメリカ軍の迷彩パターンを複数取り入れたいと思います。

(1)アメリカ陸軍
2005年採用。ACUと呼ばれる迷彩パターン。
様々な地形で効果があると言われていますが、現場の兵士からは不評なようで近く廃止になるらしいです。

イメージ 2

タミヤ推奨のカラーレシピはダークグレイとバフですが(写真の左側)

イメージ 3

どうも色が違うように感じたので、こちらのカラーで基本色を塗りました。
RLMグレイとデッキタンを1:1で調色。

イメージ 4

デジタルパターンを35スケールで描き込むのは至難の技ですので、スポンジでスタンプして再現しました。

イメージ 5

こちらはダークグレイとバフ色を1:1で調色。スタンプしました。

イメージ 6


(2)アメリカ海兵隊
DESERT MARPAT。砂漠用のデジタルパターン迷彩。

イメージ 9

こちらはタミヤ推奨のカラーレシピで問題ないと思います。
陸軍同様にスポンジでスタンプ。

イメージ 7

イメージ 8


(3) 3Cデザート迷彩
1991年から採用された砂漠用迷彩。
イラク戦争ではデジタルパターンが採用されても愛用している兵士が多数いるそうです。

イメージ 10


若草色のような緑色のカラーレシピはこちら。

イメージ 11

基本色として全体にバフを塗ってから自作の若草色。その縁にレッドブラウンを追加して完成。

イメージ 12

イメージ 13

この3種類の迷彩で進めていきます。
陸軍と海兵隊の合同作戦という筋書きです。

フィギュアに関しては、これでとりあえず基本色を塗り終えた状態。
このあと明暗を付けて、小物も塗り分ける必要があるのでまだ半分終わったくらいです。
作品の準主役でもあるので、しっかりアピールしたいと思います。

この記事に

梅雨と共に私の心もどんより悶々としてます。
なぜならこの1週間ほど全く模型に触っていないからなんですよね(泣)。
本業あっての趣味なので仕方ありませんが。。。

そんな中、嬉しいサプライズがあったので生存報告も兼ねて投稿します。

我らが師匠と崇めるゆみこん氏を筆頭に月イチで開催している「ゆみこん模型会」ですが、先週の日曜日(6月18日)に開催。
そこで、みんなからビックなプレゼントを頂きました。

イメージ 1


関西のノリで大袈裟に驚いているのは置いといて、、、
いつものようにみんなでワイワイ模型話しで盛り上がっているとき、突然部屋にチャイムの音が。。
普段この部屋は趣味の模型をするために借りてるアトリエ部屋なので、何か物が届くということは無いので当初「えぇっ?? ナニ??」な状況でした(笑)
http://www.tamiya.com/japan/products/74534twinfan/

イメージ 2

ビックなサプライズプレゼントに嬉しくも恐縮してしまいました。
みんな曰く、いつもお世話になってるからということでお金を出しあって買ってくれたとのこと。

素直に、模型会の仲間にありがとうの感謝の気持ちで一杯です。

しかし、私としては大阪にあるこの部屋に京都や神戸からわざわざ来てもらってるわけで言うならばゲスト。それに対して私は迎える側のホストなわけで、本来おもてなしをすべきは私の方なんですがね、、、
それなのにこんな豪華なプレゼントをしてもらうと申し訳なく思います。
もちろん、感謝の気持ちを無下にするつもりはありませんよ。
大切に使わせて頂きます。

みんな、これからもヨロシクお願いしますね♪

この記事に

久しぶりの投稿です。
この時期、毎年恒例の「血管エネルギー、直ブチコミ」充電中でお休みしておりました。

イメージ 1


模型は前回レイアウトも決まったので、そろそろフィギュアの塗装準備もしておきましょう。。
塗装し易いように「持ち手」を付けました。

イメージ 2

本来は持ち手以外にも銃や装備品など別々に塗装して後付けした方がやり易いのですが、今回はフィット感を重視して全て固着してしまったので、このまま塗装します。

イメージ 3


入り組んだ凸凹箇所には塗料が入りにくく、塗り漏れの危険があるため黒で下地を吹いておきます。

イメージ 4


ファレホ塗料で顔から塗っていきます。

イメージ 5

以前に詳しく書いた記事があるので、塗装方法は👇を見てください。
https://blogs.yahoo.co.jp/akyoo1/36261616.html

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事