全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

SONOFFを買ってみた

スマホやスマートスピーカーで100V電源をON、OFF出来る装置です。 国内でも800円くらいで買えるのでかなり安いです。
ペアリングは通常の方法だと上手くいかず、SONOFF自体に直接アクセスする方法でなんとか繋がりました。
本体にはスイッチが付いているので、単体でも操作出来ます。

取り敢えず持て余しているラズパイをON、OFFさせて動作確認しました。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

RM bridgeの認証設定

RM Bridgeには認証設定があり、設定しておけば多少セキュリティを高められます。
設定画面でAuthentificationにチェックを入れればおk
初期設定では名前:admin パスワード:bridgeです。
イメージ 1

認証設定をしていると、RM Bridgeにアクセスするとき名前とパスワードを求められます。

イメージ 2

ここで問題。 上記のように手入力出来る状態ならいいのですが、Node-REDやIFTTTのWebhookは勝手にRM Bridgeにアクセスしてしまうので名前とパスワードを入力できるタイミングがありません。

どうすればいいかというと、URLに直接名前とパスワードを入力します。

例えばNode-REDからRM Bridgeの http://192.168.○.○:7474/code/TVon にアクセスする場合は、http requesノードのURLを
http://admin:bridge@192.168.○.○:7474/code/TVon (名前:admin パスワード:bridgeの場合)に変更します。
「名前:パスワード@」を追加する感じですね。

IFTTTのwebhookに記述するngrokのアドレスの場合は
http://admin:bridge@○○○○○○.ngrok.io/code/TVonって感じです。

この記事に

開く コメント(0)

小ネタ

Node-REDはタイマー機能も使えます。

①Injectノードを設置、http requestに繋げます。
イメージ 1

②ペイロードをTrue 繰り返し の項目で色々と設定できます。
イメージ 2

③デプロイを忘れないようにしましょう

この記事に

開く コメント(0)

買ってみた

初心者キットがセールでちょっと安くなっていたので買ってみました。
とりあえずalexaに話しかけたらLEDを光らせるとかをやってみたいと思います。
(いきなりキーボードの設定でつまずいているのは秘密)
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

node-redでデバイスを作ると、タイプ:Lightとして登録されてしまうので
「アレクサ、テレビの明るさ上げて」は通じるのですが、「アレクサ、テレビの音量上げて」は認識されません。

イメージ 1


ちなみにnode-redで照明機器の明るさを変えたい場合は以下のように設定します。

「%」が明度の強さらしいです
イメージ 2

Node-redのSwitch部分の記述方法
イメージ 3


しかし最近追加された定型アクション機能を使えば「アレクサ、音量上げて」が実現できるので設定してみたいと思います。

①適当にデバイスを作成する 動作はON・OFFにチェックを入れます
イメージ 4

②RM-Bridgeに音量UP、DOWNの信号を覚えさせる (ちなみにPCtvはPCの置いてある部屋のtvっていう意味です)

イメージ 6

③node-redでデバイスをON、OFFにするフローを作る(http requestにはさっき作った 音量UP、音量DOWNのアドレスを入れる)

これで「アレクサ、テレビの電源つけて」で音量UP 「アレクサ、テレビの電源消して」で音量DOWNが出来ました。
イメージ 5
④定型アクションを設定します。 アクセラアプリの定型アクションを開きます
イメージ 7


開いたら右上の+を押してアクションを新規作成
実行条件をタップ⇒開始フレーズ⇒「アレクサ、音量上げて」と入力して保存
イメージ 8


アクションを追加⇒スマートホーム⇒作成したデバイスを選択⇒「オン:テレビ音量」と表示されていることを
確認して次をタップ(アイコンをタップすればオフにすることも出来ます)⇒「テレビ音量をオンにする」というアクションが出来ました。追加をタップして完了です。
これで「アレクサ、音量上げて」というだけでテレビの音量を変えられるようになりました。

同様に、開始フレーズを「アレクサ、音量下げて」にしてテレビ音量をオフにするアクションを作成すれば
音量も下げられるようになりました。


設定方法が全然スマートじゃないですね もっと簡単に使えるようにしてほしい・・・

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事