ここから本文です
魂の狂犬
FIETS GROEN日本ロボティクス所属 青柳雅人
2017.7.23(SUN)
JBCF・みやだクリテリウムに参戦しました。

前日の日中は仕事して帰宅してから自宅滞在時間30分の弾丸ツアー。輪行で長野県へ。前日入りのおかげで当日朝余裕が持ててしっかり睡眠を取る事ができました。

6:45から宿の朝食。バイキングスタイルでしたがレースが9:05スタートなので後ろ髪引かれる思いで腹5分目&消化に悪そうなものを控える。


7:30前には会場入り。今年はレースプログラムが満載なのか試走時間が設けられてなかったのですが、何度も参戦してるコースなので不安は一切ありませんでした。


朝イチのE2でセオの浜ちゃんや練習仲間が参戦してましたが観戦せず自分のアップに専念。


会場近くの一分半くらいの坂を軽いギアでブン回す、アウタートップで踏み抜く、適正ギアで強目に上げる等々計5本。回る踏める心拍上がる汗もしっかり出て調子は良さそうだ。


【P1予選2組目・3.2km×4周。25/46予選通過】

宮田クリテのコースは3.2kmの周回の中に8つの直角コーナー+20秒くらい(体感)の坂がありハードな加減速を強いられるコース。一本棒の隊列になりやすく後ろに落ちると負のスパイラルに嵌まって抜け出せなくなるので前々勝負が鉄則。

ホイールは巡航力のC50より、掛かり重視でレーゼロを選択。

前から2列目に整列できましたが、クリートキャッチにもたついて結局いつもの後方スタート。しかし、今回は縦に動けて少しずつ前へとポジションを上げる事ができたので今日はいけるんじゃね?と思っていたら予想以上に消耗してて2周半でズルズル後退、いつの間にか先頭集団から切れとる!!
5〜6人の小集団で走ってたら少し脚が回復して前との差は10数秒くらい(?)単騎なら集団より速いスピードでコーナー突っ込めるはずだからまだ追いつけるかも?もう一度勝負権復帰を試みて単騎で飛び出してラスト1周の打鐘。
しかし、追いつくどころか失速…残り半周くらいで飛び出してきた集団に追いつかれる。観戦してた人から27位!という声が聞こえてきて「前何人か落車か脱落してくれ、それでこの集団の頭とれば…」というのが正直な感想で気持ちは切れなかった。しかし現実はズブズブスプリントで29位。敗退…

イメージ 1
メチャメチャ悔しい…しかし、この気持ちが残っていればまだ闘える!来週の太田原クリテリウムでリベンジあるのみ!


また、前日受付他いろいろと面倒を見てくださった監督、チームメイトの皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。来週こそ結果で返せるようにしたいです。


イメージ 2
P.S.普段はレース翌日かあまり汚れてない時は洗車しないのですが、どうしても今日のうちに汚れを落としたい気分だったので帰宅してからすぐに洗車しました。

この記事に

2017.7.22
明日はJBCF・宮田クリテリウムに参戦します。

今朝目覚めてから相棒を※決戦洗車&決戦注油した後に朝練で最後の追い切り。R357でららぽ坂ダッシュを2本。朝でフレッシュだったからなのか?それとも決戦洗車注油の効果なのか?ここ最近の中では謎の好スピード!!

※決戦洗車とは、一度粗洗車した後、手に洗剤をつけてチェーンを揉むように洗いチェーンの玉の奥についた汚れを浮かせて落とす事が狙い。決戦注油も同じく手にチェーンオイルをつけてチェーンを揉むように注油する事、より浸透するような気がするから。

 




イメージ 1


これから日中仕事して帰ってきてからすぐに移動の弾丸ツアーです。

熱中症とケガに気をつけて今日も安全作業で頑張ろう!!

この記事に

2017.7.20 レーゼロに戻し

2017.7.20(FRI)73.0kg
今週末の宮田クリテに出場します。宮田クリテは加減速が激しいクリテの中でもその傾向が際立つコースなので、C50からレーゼロに変えて勝負しようと思います。

イメージ 1


練習のほうはR357を稲毛まで往復。

走り始めは絶望的に走りが重たかったが、ギアを入れてスピード練習したら45km/hが身近なスピードに感じやれるように脳をリセットする事ができた。

この記事に

2017.7.16 単独練

2017.7.16(SUN)72.7kg
ツールド千葉2017撮影会の予定でしたが、自分のミスで上手く合流出来ず、結局一人で上総アカデミアパーク付近まで往復する単独練となりました。

往復で約120km。とにかく暑かった事と
、自転車が進まなくて辛かった。いろいろ試してて帰路のラスト10kmくらいでやっとシンクロして少しだけ思うように進んでくれたような気がした。

最近ローラーばかりで実走が少なかったのが原因かと思います。練習の総量が減って力が落ちてるのも事実だが、ウエイトトレーニングのボリュームは削らず練習量を増やす。かつ、気合で乗り切るのではなくうまいことマネージメントして回復を追いつかせて練習の質を落とさないようにしていきたい所存。

イメージ 1
禁止していたわけではないが久しぶりの大幸さん。

この記事に

2017.7.14(FRI)72.7kg
FAST LANE清水さんのお誘いのもと荒川中洲インターバル朝練に参加させてもらいました。


ちょうど今の現場だとジテツウの通り道で一時間早く起きると出られるのでありがたいです。


イメージ 1
そしてここの練習会はトラック競技勢が中心でピストバイク比率が高い。ギア比は事前に皆がどれくらいのギア比で走ってるのか清水さんから聞いて自分が持ってる組み合わせの中から一番近い3.12を選択。
※ただし、そのまま仕事行く都合上ビラビラ作業着で一人だけ空気抵抗が大きくなるw


この日は4人で、ウォーミングアップ10kmの向かい風区間でいきなり千切れて先行き不安になる…


350mくらいのもがき練は全10本中4本でタイムアップのため途中離脱(泣)
一本ずつ並びを変えながら捲る練習なんですが、明らかに自分だけ伸びてない…分かっていた事ですが回転で叩き出すスピードが弱い。ここを鍛えたら突き抜けられそうな気がするので今の現場にいる限り出来るだけ挑戦したいと思います。


実は都心部の現場をピストでジテツウするのは初めてでしたが、疲れてそれほどスピード出せなかったからなのか思ったほど危なくなかった。
あとニッカポッカ+鉄ハンの自転車が鉄火場通いの危ない奴に見えるのかロードバイクでジテツウの時より心無しか他者が離れて走ってるような気がした(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事