ここから本文です
ヒコの小声日記
日々の雑感をぼちぼちと。
今年の浜の小鮎はサイズも大きくて良いのですが、これから6月以降はどうなんでしょうね。
昨日の北小松でも良い型が、よく混じりましたが、ビクの口と水面が近かったからか何匹かビクから飛び出していきました。面白いのでしばらく見てたんですが、堰堤を飛び越えていくがごとくの跳躍で、飛び出していきます。
そんな、やる気満々の小鮎達(もう、鮎といっても良いサイズもいましたが)が、ひと雨ごとに川に動き出すと、浜の小鮎の密度は確実に薄く、釣り難くなって行きそうですね。

 早い時期に生まれた個体が昨年より良さそうだったのは漁や現状の状況である程度結果は出てますが、それ以降の生まれは、どうなんでしょう。ここの所、浜で釣っていてもサイズは良いのがよく入りますが、そこそこの、所謂小鮎サイズが少ないように感じます。
まあ、第2陣、第3陣の小鮎たちが沖でストックされ、時期が来て浅場にさしてくれば問題ないんでしょうが、気になるのは以下のデータです。

5月に報告された滋賀県水産試験場の魚探調査データです。
今年は過去10年の平均値比で 1月 19%、2月25%、3月 11%、4月 4% 程度の魚群しか確認できていないようです。
4月にいたっては4%、過去10年の平均値の25分の1以下です。
悪かった昨年(8%)のさらに半分という数字です。(以下参照)

イメージ 1
※5月に報告された滋賀県水産試験場の魚探調査資料一部

まあ、昨年の有効産着卵数状況等を裏付けるような結果なので、当初よりある程度は予感していた通りで、必然といえば必然の結果なんですが、本当にこんなに少ないのでしょうかね。いやですね〜。
 サンプリングの網羅性についてはいろいろと意見をお持ちの方も居るかもしれませんが、一定期間の傾向を定量的に見るには唯一のデーターなので、無視できない、且つ、かなり、うれしくない情報です。残念ながら今年は徐々に先細りの傾向なんでしょうね。

ん〜?、休みの暇潰しで書き出したは良いけど、だからどうしたですよね。笑

 まあ、要は、今年の小鮎もやはり少ない、でも、生き物なんて、太古より増えたり、減ったりを延々と繰り返し、そして、今も繰り返している。たまたま、今年は昨年に続き、悪い年が続きそうなだけ。2年も続けば、ぼちぼち、来年はきっと良くなるんちゃいますかってな事です。笑
 是非、そうなることを願って自分に出来ることは、今年は、子孫を残す事ができるまでに生き延びてきた琵琶湖の鮎には感謝と敬意を払って対峙しないと・・・。程度の事です。笑。

 休みの暇つぶし投稿です間違っても、いろいろな問題で小鮎が減ってきています、これは大変、何とかしないと、って言う様な大層な問題提起ではないのでご注意ください。
ど〜も、ネットで魚が減っているなんてこと書くと環境問題や外来魚等、思わぬ方向に話が展開するので気をつけないと。笑
(まあ、人間の存在やそれにより行われた行為による悪影響は昔よりはかなり大きいとは思いますが・・・)

この記事に


先週、鴨川で痛い目にあったので、
雨の影響がどう出るか判らないまま、再度、鴨川に出かけました。

まずは、前回行かなかった、鴨川橋下流の堰堤に5時過ぎに到着、
既に3名ほど竿を出されています。
イメージ 1
※鴨川最初のポイント、画像の下流に更に数名いらっしゃいました。

あまり釣れている様ではありませんでしたが、まずはこちらで試してみます。
川は昨夜の雨の影響で笹濁り、流れも強いですが、「どうしょ!」ってな程でもないのですが、小鮎の反応はまったくあきません。ポツポツ掛かる程度です。
小一時間程、流しましたが時速10匹程度。人も増えてきたので移動する事にします。

次は、先週入ったエリア、鴨川橋の上流側。既に4名ほど入っておられます。
状況をお聞きすると、「まだ一匹も釣れてない、あかん」との事。
先ほどのところより更に悪そうです。
ん〜・・・、ということで、本日の小鮎釣りは終了?・・・ってまだ7時前です。。

かなり気温が下がったようなのと風もかなり強いので、多分、浜も厳しそうな感じはしたんですが、せっかく来たので、帰りがてらのぞいて見ます。
本命は志賀だったんですが、まず北小松に寄って見ました。

駐車場の前で釣られている方にお聞きすると
「あんまり良くないけど、ポツポツ大きいのが釣れる」との事です。
さらに、見学に来ていた地元の方も、
「鴨川に行ってたんか、鴨川あかんやろ、あの辺の地元の知り合いもここにきょうるで。まだまだ、何回か台風がないとあかんな〜。」
「せっかく来たんやから、ここで、釣っとき〜
と言って、田んぼ仕事に帰っていかれました。
私の地元ではまだ田植えの準備中ですが、滋賀県は水が豊富なので梅雨前から可能なんですね。まあ、田植えの話はええとして

久しぶりに志賀にも行きたかったんですが、人との出会いは何かの縁。
先週に続き北小松で竿を出すことにしました。
イメージ 2
※北小松、本日の釣り座

出会いで言うと、北小松で入らせていただいたお隣の方は、掲示板で情報を発信されている方でした、また、先日忘れ物をしたときにお世話になった鮎吉さんともお会いできました。厳しい状況でしたが、いろいろな方とお会いしお話することも出来て、有意義な楽しい一日でもありました。
Monotoneさん、鮎吉さん有難うございました。又機会がありましたらよろしくお願いします。

ただ、良い出会いはいろいろ頂いたのですが、残念ながら小鮎との出会いが相変らずあきません・・・ 笑
追い討ちを掛けるように、気温も低く、強風でかなり寒く感じます。
終いには、強風でヘラ台に置いてたエサ入れを飛ばされ、エサを琵琶湖にぶち撒く始末。笑

イメージ 3
※本日の釣果

で、釣果ですが
鴨川 10匹、北小松 38匹 で 48匹でした。

ちょっと、小鮎が続いたんでそろそろ海でも行くかな・・
どうも、廣瀬の解禁と鳴門が被りそう。笑

この記事に

良かったり、悪かったりとなかなか浜の状況が読めない中
本日はダブルヘッダーで川へのご機嫌伺いも計画しています。
まずは、前回に引き続き北小松へ。

今回必要なのは、帰りに嫁の実家にお届け予定の天ぷら用の小鮎です。
ですので、浜で天ぷら向きの小鮎を30匹程確保して川に移動という思惑でした。

まあ、天ぷら分くらいは楽勝やろう、だったんですが・・・ 笑

(Chapter 1)北小松
5時前に北小松の浜に出ると、入りたかったポイントには
既に先行者がいらっしゃたので、少し北側に入りました。

イメージ 1
※本日の釣り座


少し肌寒いですが、足元の水温は14度
ただ、波紋はあまり見えず、少し遠目で時々おこる程度。
朝一の状況としては前回より厳しくなりそうです。

とりあえず、様子見という事で、長めの竿は使わず、18尺のミャクで開始
・・・あきません・・・。笑 

相変らずこの時期にしては良形なのががポツリポツリと反応はしてくれますが、
いくら打ち返しても、波紋は沖目からなかなか寄って来てくれません。

6時過ぎには、しゃーきさんが来られ、一人挟んで北側に入られました。
こんなんですわ。」とビク上げてみたらまだ10数匹ほど、
ん〜、厳しい。

撒餌を変えたり、仕掛けを変えたり、竿を一手長く21尺に変えたりと
いろいろと、やっては見ますがあまりペースは変わらずです。
「結論」 多分、魚が少ない…腕ではない、はず。
という事にしておきます。笑

予定では天ぷら用に30匹程をちゃっちゃと釣って川に行く予定が
既に8時、浜で2時間以上経過、時速10匹程度。
こりゃあかん、川でも竿を出したいので、移動することに。

ちょうど、私のカミテに入られた方も
「こんなんやったら川に行けばよかった。」と愚痴りながら釣られていたので
「川ならどこに行かれるのですか?」とお尋ねすると
「この辺なら鴨川しかないやろ」との事だったので、予定通り鴨川に行くことに。

とりあえずしゃーきさんに移動する事をお伝えすると
しゃーきさんもあまり良くないようで、ご一緒頂けることになりました。
おお、これは頼もしい。よろしくお願いします。
ということで、ナビを頼りに2台で鴨川にGOです。

(Chapter 2)鴨川
北小松から10数分で鴨川に到着です。ん〜、かなり水量が少ないです。

まずは、天皇橋、上流の堰堤付近に偵察に来られていた方とお話をしましたが、
魚影が見えない様なので、少し下流の天皇橋とJRの間に移動。

そこでは、1名の方が釣りをされていて、お話を伺うと釣れてる様子です。
実は更に下流に人気の堰堤があるようですが、遠めで見ても車が多く人も多そうです。

イメージ 2
※鴨川での釣り座

まあ、初めてのところなのでまずはという事で、そこで竿を出すことにしたんですが、水量も少なく、竿を出せそうなところがあまりありません。
で、釣果も散々。笑
ダブルヘッダー、二連敗です。笑

でも、お陰で、しゃーきさんといろいろとお話しすることができて、楽しい休日でした。有難うございました。
しゃーきさん、またよろしくお願いします。次回は海ですね。笑

で、本日のトータル釣果は、
北小松 26匹、鴨川 7匹、鴨川お裾分け分 3匹 で合計36匹でした。
無事、天ぷら用に、お届けしました。
本当は浜の銀ピカ物をお届けしたかったんですが、
残念ながら川のちょっと硬そうなのが混ざっちゃいました。笑

イメージ 3
※本日の釣果

(Chapter 3)番外
自宅に帰ると、先日申し込んでおいたエエもんが届いてました。

イメージ 4
※ 廣瀬漁協より届いた年券、と本日お買い上げのトンちゃん。(封筒の住所一部消してます。)

本日お買い上げのトンちゃんとビールで、ん〜ええ感じ。

この記事に

28日の志賀釣行がいまいちだったので再度の小鮎です。
今回は前回の志賀から少し北上して、北小松での釣行です。
情報では志賀よりは状況は良さそうです。

朝一、駐車場の前では、既に数名の方が釣りを始めれられてます。
私はその駐車場の少し北側の流れ込み近辺に釣り座を構えました。

イメージ 1
※きれいな朝焼けです。北小松の朝焼けもほんと美しく幻想的です。

荷物を運んでいると、なんと、時折、仕掛けが届く湖面に波紋が出てます。
いつに無く急いで準備し、5時半には釣り開始です。
足元水温は13.5℃

イメージ 2
※釣り座、南側。駐車場の前は釣り人で賑わっています。

イメージ 3
※釣り座北側。こちらも、この後どんどん人が増えていきました。

開始早々、10cmを超えるふっくらした小鮎が心地よく反応してきました。
幸運にも朝一のタイミングでそこそこの数の小鮎が浅場に溜まってたようで、
その後も、同様のサイズの個体ばかりがコンスタンスに相手をしてくれました。

ただ、2時間ほどすると、群れが変わったのか、小型の小鮎が混じりだして来たので、
いったん、ビクの小鮎をクーラーに移して朝飯タイムの休憩。

その後も、釣れ具合に波はあるものの、飽きない程度に小鮎は反応してくれました。
200は超えたかなという事で、昼過ぎ終了で、自宅で数えると245匹程でした。

普段は数日で食べ切れる量という事で、100迄を目安の数釣り志向ではないのですが
今回は、GW後半にある、地元の春祭の時に、来てくれるお客さんに
小鮎の醤油炊き、天ぷらを食べて頂きたかったので、多めに釣れてやれやれです。

なんせ、いつも浜ではヘラ台出して、座ってのんびりウキ見の釣りなのに
今回は、終始スタンディングでの誘いのミャク釣りです。真逆のスタイルです。笑
小鮎のミャク釣りはスレが増えるのと、肘肩の負担が大きいので実は嫌いなんですが背に腹は・・・。笑

イメージ 4
※終了の昼過ぎで約16℃、開始時は13.5℃。

帰りに志賀をのぞくと、これまた、志賀を偵察に来られていた右京さんと遭遇。
お聞きすると志賀もそれほど良い状況では無かったようです。
Tさん夫婦もかんばられてましたが、釣り人はそれほど多くはありませんでした。


帰って下処理を延々と行っているうちに本日の釣果写真を忘れていました。
仕方ないので加工中の写真でも。笑

イメージ 5
※醤油炊き、多分170程。てんぷら用を分けてから残りをすべて炊きました。

イメージ 6
※残りは、てんぷら用に下処理してフリーザーに。

今後は、北上しながら今津あたりまで浜の釣りを楽しんでから、川の予定でしたが、
今年は安曇川、廣瀬の解禁が6月9日と早いようなので、
あと、数回、北小松で小鮎と遊んでから、川の鮎にエサで挑みます。
今年はちょっと釣り方を変えようと思っているので、川の開幕が楽しみです。

この記事に

今シーズン初の、釣りたて、揚げたての小鮎の天ぷらが旨かったんで
先週に引き続き、またまた小鮎狙いです。
最初は北小松に行こうと思ってたんですが、
念のため志賀をのぞくと車を置くところが空いています。
じゃ、ここでええか、ということで、志賀にしましたが
結果的にはあまり良い選択ではなかったようです。笑

イメージ 1
※早朝から釣り人が並んでいますが、先週より人は少ないようです。5時半ごろ撮影

私はというと、朝ごはんにおにぎりをほおばりながら相変らずのんびり準備です。

イメージ 2
※本日の釣り座、晩に食べるの天ぷら分がつれたら早めに帰ろうと台も出さずにスタンディングで。ただ後でヘラ台を出すはめになります。

当日の志賀浜の状況ですが、朝からポツリポツリ釣れますが、かなり渋い状況で、
周りの皆さんも、早い段階から移動される方が目立ちました。
当初の目的地、北小松への移動も考えましたが、
昼前になれば天ぷら分くらいは釣れるだろうと続行したんですが・・・笑

釣れなくはないのですが、昼前になってもぽつぽつで、結果的にはお持ち帰りは55匹でした。
(途中、竿受けの足が折れて岸際に置いて、ヘラ台を取りにいっている間に、三脚に吊ってた魚篭が波にさらわれ琵琶湖でもまれてます。笑 20〜30くらい釣っていたはずなのに中に残っていたのは10程。コツコツ釣った小鮎が〜、あかんやん。笑)

先週はヒウオの様な小型から10cmを超える大きい物まで、大中小いろんなタイプの小鮎が釣れたんですが、当日は掛かれば10cmはあるような大きいものばかりでした。昨年の同時期には見れなかったサイズです。ですので数は少なかったですが嵩は先週と同じくらいでした。

イメージ 3
※先週 4月21日の小鮎














イメージ 4
※当日、4月28日の小鮎














比較する予定ではなかったので引きが違うのですが、入れ物は同じものなので明らかに魚が違うのが判ると思います。大きいのが多いのに越したことは無いのですが問題は小さいのが少ないことです。
魚の大きさは環境、エサの量、生まれるタイミングや魚の密度などが影響しあうとは思いますが、やはり今年は早生まれの以降の魚の数が相対的に少ないのかも知れませんね。

ただ、同日、息子が湖北で船からバスを釣ってたようですが、湖北の10mラインあたりには、かなりの小鮎の群れがあるようで

「湖北にめっちゃ小鮎おるで、気分が悪くなるくらい群れてる。
 まあ、おとんらが釣ってるような場所から釣れるようなとこちゃうけどな。」

ってなこといって、
只でさえ少ない釣果の小鮎を、てんぷら用に半分持って帰りました。笑。
そんなにおるなら掬ってこいよ。
多分プランクトン追いまくってるやつやから腹も出さずに丸ごと食えるので、岸で釣れるやつより断然ええのに。多分エサ無しでも釣れるので、次回は小鮎のサビキ仕掛けを持っていって欲しいものです。

それと当日は掲示板関係で知り合った方と並んで竿だしということで色々とお話が出来て楽しい一日でした。
また、帰り支度で荷物を運んでいるときに、少し離れたところにどこかで拝見したカップルがおられました。日ごろブログを拝見させていただいている宇治のTさんご夫婦でした。ブログでお顔を拝見していたので気がついたのですが、
失礼とは思いましたが御挨拶だけですが交わさせていただきました。
右京さん、Tさん、また機会がありましたらよろしくお願いします。

GW中には再度小鮎に挑戦したいですね。

イメージ 5
※ウエダー、竿など道具を洗って本日終了。これより奥様のアッシー君。笑

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事