ここから本文です
ヒコの小声日記
日々の雑感をぼちぼちと。
今年のハゼ釣り大会の結果が更新されました。

2匹長寸で、1位の方が38.3cm、10位の方が34.7cm
昨年より全体的にサイズダウンです。
やはり、今年は少し成長がよくないようですね。
っていうか、1位が76歳、10位が7歳 女性もいらっしゃる。
これだけ老若男女が競え合えるというのも、凄い。
リタイヤしたら参戦しようかな。笑

今年のサイズの目安もわかったので、あと一回はサヨリの前にハゼに行こうと思ってたら、「週末、七坊かポーアイ沖行かへん?」って息子からのライン。
せっかくのお誘いなので、今週末は淀川から神戸沖に変更です。

獲物は、サゴシとタチウオ。朝一出船で、10時までの、ショアジギングとワインドのキャスティング勝負。
私はジギングは全くしませんし、長年の筋の悪いキャスティングの影響で、右ひじ、右肩は壊れてしまっているので、この手の釣りで息子に太刀打ちできるわけが無いのですが、まあ、晩の肴くらいは何とか釣ろうと、早起きして神戸にGOです。
ただ、残念なことに、雨が上がる予報が終始、小雨が降り続く最悪のコンディション。最近2人で行くとなんか天候悪いよな〜。お前が雨男やろ…ってお互いに思ってます。笑

イメージ 1
※朝、5時過ぎ、神戸沖から神戸の夜景

イメージ 2
※上がったのは七坊。西端の赤灯台から、通称カーブのあたり。ポーアイ沖の方が青物の可能性が高いので人気があるようです。

イメージ 3
※着き場から一番近い梯子を上がったところで準備をします。気がつけばもう釣ってます。はや、笑

イメージ 4
※数投して横を見たら又釣ってます。まあまあサイズ。ほんま、よ〜釣ります。

イメージ 5
※で、声が掛かったので見たらまたまた釣ってます。うざ!、もうほっといて。笑

イメージ 6
※こちらにも一匹。でも小さいのでリリース。指3本程しかありません。

この後、かなりええ感じのが掛かりましたがスパッとハリスが綺麗に切られました。それも2回連続で。釣れないのは仕方ないんですが、メタルジグって結構高いんですよね。本日2個ロスト、もったいな〜。笑

息子「おとん、リーダー何ポンドなん?」
私 「12くらいかな、太いの持ってないからな〜。でもワイヤーかましてるで」
息子「それ、あかんのんちゃう?、俺は28ポンドやで、あるから、結び直したら」

って、言うことで、リーダーの結び直しです。それ以降は順調でした。
小物釣り師がそんな太いリーダー持ってる訳ないやん、笑。
リーダーありがとね。


イメージ 7
※本日の釣り座右手、七坊赤灯

イメージ 8
※本日の釣り座左手、通称、七坊カーブ。手前が息子。

イメージ 9
※なんか神戸方面に面白い雲がかかっていたので、パチリ。

朝、5時便で出船し、10時で終了。
私の釣果はサゴシ1匹、タチウオ5匹。
息子はサゴシ、タチウオとも数は不明、多数上げてました。
サゴシは釣り過ぎて持ち帰り禁止令が出てるようなのですべてリリースしてましたが、タチウオは指5本以上クラスを3匹ほどキープしてました。
おみごと。ということで予定通り大差の完敗です。笑。

イメージ 10
※本日の釣果の50cmチョイのサゴシと小さいタチウオ。タチウオは小物はリリースしてたので帰る寸前までお土産が無し、たまたま、終了間際でつれたリリースサイズを、致し方なくキープ。まあ、一匹くらいはいいでしょう。笑

イメージ 11
※サゴシは帰宅後、きずしに。余り漬けすぎない浅めのきずしが個人的には好み。

2週間ほど仕事でパリ、ロンドンと回っていた娘が本日帰国。空港までお迎えです。
ですので、今回はお酒の紹介は見送りです。

この記事に

淀川ハゼ 海老江 9/29

29日の金曜日、近所の病院で朝から検査で、自宅に戻ったのが11時頃。
たまには、ゆっくり映画でも見ようかな〜でしたが、プロジェクターが故障しています。
ほんま、このパナのプロジェクターよ〜故障します。

で、時間的にはちょっと厳しいけど、晩の天ぷら分を釣りに、淀川にGOです。
上州屋が無くなったので、山田釣具にいくも、中休みのようで、こちらも閉まってます。仕方ないので淀川を渡って海老江の入り口のところの山口釣具でエサを調達。十三あたりで釣る予定でしたが川も渡ったことなので今回も海老江で釣る事にしました。駐車場代も節約できます。
ついでに、山口釣具店のおばちゃんに先日のハゼ釣り大会の結果を聞いたら、
かなりのお年寄りの方優勝したようですが、お客ではないのでそれ以外の事は、まだわからないとの事です。HP待ちです。

河川敷公園は平日なので、駐車場もガラガラです。
ベランダには10名ほど釣り人がいますが、
私は前回同様、西奥のワンド(実際はワンドではないですが…)、2号線に向かっての竿出しです。ワンドではないので2号前とします。
本日の目標は、晩の天ぷら分、20匹程度釣れるまで。笑。

イメージ 1
※2号前は釣り人はゼロです。釣り座右手。前回は石畳の辺りでしたが、今日は淀川の流れから50m程入り込んだ奥で竿を出しました。

イメージ 2
※釣り座、左手。

当日のタックルは前回と同様です。
バスロッドに簡易仕掛けでエサはイシゴカイ

釣果は、相変らずペースが上がらず
12時半頃から開始して、3時過ぎにやっと、天ぷらサイズが20匹ほどになったので終了しました。目標達成でやれやれです。という事で釣果は20匹ほどです。

イメージ 3
※本日もブクブクで家まで生かして持って帰って生きたハゼを調理しました。
 家で数えたら21匹でした。刺身に出来るサイズも何匹かいましたが今回はあえて天ぷらです。

イメージ 4
※から揚げサイズはリリースしてたので、本日はすべて天ぷらです。先ずはチュウハイで、ん〜旨い。骨せんべいも最高。赤いのは残念ながら、買った魚。

イメージ 5
※で、チュウハイの後は日本酒。本日の日本酒は遊穂のあか。生酛純米で、かなり濃い目です。ハゼの天ぷらには濃すぎるので、肴をチェンジして…、ん〜エエ感じ。笑。

この記事に

前回は、運悪く淀川花火大会の日の釣行だった為竿を出さずで
9月23日 遅ればせながら、今シーズン初の淀川ハゼです

前回、見逃したやつらがハゼの恩返しよろしく大きくなって入れ掛りの予定が…

場所は海老江の河川敷公園。駐車場が無料なのでノンビリ釣りでもと、9時オープンなんでゆっくり出かけたら9時半には駐車場が満車寸前。あぶな〜。なんか、野球やデイキャンの方が大勢来られてます。ついでに釣り人も大勢。なにやら明日はハゼ釣り大会だとの事。プラでもしてるのかな。笑。十三側にしとけばよかった…。
山田釣具のおばちゃんも明日でたらええのに。っていいますが、海老江に車を使わずに行くのはね〜。ちなみに去年の優勝者は2匹長寸で40センチオーバーだそうです。

イメージ 1
※9時半で既にかなりの人。多分、自転車で来てる近所の名人達かな。

イメージ 2
※本日の釣り座。

当日は8時34分満 14時32分干 の中潮で
チョイ下げたタイミングの10時頃から釣り開始。
個人的には上げのタイミングの方が好きなので真逆な状況。
まあ、潮にあわせて釣りに来れるほど、自由になる時間は無いので仕方がないですね。

イメージ 3
※とりあえず沖め狙いで開始。水もそれほど濁り無し。(淀川にしたら…笑)

数、型とも不調。というかエサには触ってくるのに掛からない。
渋いのか、小さいのか、腕か。残念ながら腕かな〜。笑
でも、小さいのも多そうです。

イメージ 4
※一番の大物。観察ケースの中で斜めで体を曲げてるので実際はもう少し長くて17.5くらい。次が16.5cm。

10時から昼過ぎまで釣って
釣り上げたのは40チョイ、あまりに小さいのはリリースして持ち帰りは35程。何とも渋い一日でした。
やっぱ、ハゼ釣り大会は出ないで正解です。笑
17.5と16.5 2匹長寸で34センチ。去年なら10位にも2センチ足りません。笑


当日のタックル
ロッド ダイワ ハートランドZ 682LFS-ti 冴掛
リール ダイワ ルビアス 2004
ライン フロロ 4lb
リグ  変形常吉 ダウンショットの一種。下記写真参考
釣り方 ウキ未使用のミャク釣り。
    下手くそなのにミャク釣りするので、合わせが早すぎかも。笑
エサ  イシゴカイ 山田釣具で500円分購入 ちょっと多すぎ。笑

イメージ 8
※ガンダマ2B

イメージ 9
※根掛り対策オモリ 0.3号


イメージ 5
※ブクブクで生かして持ち帰り、氷締め。

イメージ 6
※大きめのは予定通り天ぷら。小さいのはから揚げ。久しぶりに旨し。
でも、やっぱり20匹あれば十分で、30はちょっと作り過ぎ。食べすぎ注意です。
ただ、次回は頑張って数釣りをしてハゼの味醂干しに挑戦予定。

今日の酒は 種子島産安納芋で仕込んだ、さつま無双の金もぐら
芋とは思えぬスムーズさで飲みやすい、一本。

追)
イメージ 7
※いい天気だったので主に小鮎用の延竿をメンテし片付けました。
来年の春まで出番無しの予定でしたが、なんだか、まだ釣れ続いているようなので早まったかな 笑
琵琶湖から上がってきた子持ちのええのが釣れるなら、再度行って見たけど
川の個体は大分老化が進んでいるようですね。

この記事に

たまには北摂マチコレで

意欲的で研究熱心なパン職人の方が増えてきたのか、
小さいけど美味しいハード系パンを提供するベーカリー/ブーランジェリーがあちらこちらに増えてきています。我が北摂(別に北摂は私の物ではありませんが、笑…)にも、そんなベーカーリーがたくさんあります。

我が家ではワインをよく飲みますが、我が家のワインで重要なお供は「あてパン」。
気の利いたあてパンがあれば、手の込んだ料理も、フレッシュチーズも不要。
(まあ、料理はあったほうがええですけど、頼むと怒られそう…なので。笑

ですので、そういったベーカリーが多くできるのは本当にありがたい。
ジュエ ボワットは、そんなお店の中でも、我が家のお気に入りです。
難点は、家から遠い事。車で片道20〜30分はかかります。って遠すぎ。笑
なので、最近はご無沙汰でした。

ところが、先日、何気なく近所を車で走っていると目に入った、見覚えのあるロゴ
なんだか、新装開店したばかりなのか、まだお花もあります。
帰って、バイクに乗り換えひとっ走り。家から数分です。

イメージ 1
なんで、こんな辺鄙なところに店を出したのかイマイチ意図はわかりませんが
確かに、JouEt BoIte です。

イメージ 2
※お店の中に入ってみます。

イメージ 3
※本店の1/2くらいですかね。本店もそんなに大きなお店ではないですが、更にこじんまりです。でも、厳選された、うまそうなパンが並んでいます。
(もちろん店内撮影の許可は頂いています。)

何でも、本店から、1日2回商品を運んでいるそうで、ここでは焼いていないようです。それでも、いい。これからパンには困らない。笑
バイクで2分。歩いて10分。何でこんなところに出店したのかはわからないけど…
ええ店が家近に出来ました。ラッキー。

イメージ 4
※早速買って帰りました。

イメージ 5
※今回のブツ

イメージ 6
※で、適当に切って、あまり高級すぎない赤ワインをぐいぐいやりながら
「あてパン」ってやつです。ん〜ええ感じ。最高。笑

(注意)
あてパンは私が勝手に使っている造語です。パン屋で「なんかええ、あてパン無い?」なんて言っても通じません。ご注意ください。笑

JouEt BoIte (ジュエ ボワット)塚原店
大阪府高槻市塚原4-45-5

この記事に

来週以降に予定してた最終釣行でしたが、
台風の影響がどう出るか判らないので、急遽、安曇川にGOです。
多分、人は少なそうですし…笑

イメージ 1

イメージ 2
※朝一の安曇川・長尾 階段下。

朝一、釣り人はゼロ。まだ雨は降っていません。
こんな日に来るのは余程の物好きか暇人(私です、笑)。
お陰で、この広いフィールド私一人の貸切です。笑

雨も、時間の問題なので、カッパを着て、寒いので防寒にタイツもはいて7時頃から開始です。
終了予定は雨が強くなるか、エサが無くなるまで。(多分昼過ぎ)

残っていたエサは微妙に少なかったのですが、追加して余るのも困るので、
少しだけ麩エサを足して練りを入れ持ちを良くしました。

人それぞれでエサやそのタッチは違うと思いますが、
私は余り粘らないバラけるエサを少量ずつ、毎回ラセンにつけます。
今回の粘らしたエサは、結果的にはあまり良くなかった様に思います。
エサの良し悪しという意味ではなく、釣り方、ポイントとの相性です。
けちったらあきませんね。笑

イメージ 3
※程なくして雨も降り出し、山のほうも怪しそうです。

相変らず、ハエや黒いドンコ(正式名称は何ですかね?)の活性は良いです。
が、鮎はイマイチ。

イメージ 4
※この程度の雨が降り続きました。雨量1mm〜2mmくらいですかね。水の量は徐々に増え流れは早まりますが、水嵩はそれ程あがらずです。水はにごりは全く入ってきませんでした。山のほうもそれほど雨が降ってないのかも。


イメージ 5
※本日の釣り座、というか、ほとんど川に入ってたのでビク置き場。

イメージ 7
※本日、数がつれたポイント、少しだけ水深があります。

イメージ 6
※釣果、引き舟からビクに入れるのに10匹以上は逃げたかな。笑
持って帰る気が無いならキープしなければ良いのにブログのエビデンス用に写真って、ちょっと考え物やな〜。笑

で、本日の釣果は
良いサイズは釣れず最大で15cm程。
なぜか浜で釣れる様な銀ピカの小鮎も10以上含み、多分40匹前後の釣果。
腹もパンパンなのが何匹か入っていたので、
来年に向けてええ子沢山産んでや、という事で、今回はすべてリリース。

前回、前々回の鮎も消費できずに冷凍保存されているのに、釣る。
バカですね〜ほんま。笑

今後、再度、小鮎が上がってきたら、長尾で遊べそうですが、どうなるでしょうか?
友釣りはこの雨で鮎が落ちてしまえば終わり的な話が聞かれますが
琵琶湖の小鮎の成熟度は時期幅があるので上がってくれば可能性もありますね。
ただ、今年は鮎ボールが少ないと息子もぼやいているので琵琶湖の小鮎も期待薄。
多分、これで今シーズンの鮎は終了ですね〜。
秋晴れのすがすがしい中で、しめたかったのに残念。笑

4月8日 志賀公園前の小さく透明な氷魚からスタートした今年の小鮎釣り、残念ですがこれにて終了です。

まだ肌寒い中、小さく繊細で柔らかく、食卓を楽しませてくれた、稚鮎のあなた
浮きを引き込む程に成長し、浜で遊んでくれた、小鮎のあなた
長旅を経て大きく、気まぐれに、でも時々強烈な引きで相手してくれた、川の鮎に成長したあなた
今シーズン本当にありがとう。たのしかったよ。
来年はあなたの子供らに遊んでもらうわな。笑

稚鮎に魅せられ、小鮎と遊ぶ、川でのあなたは、ほんま気まぐれ。
今年もありがとう。感謝 ヒコ

さて、次は何いこかな〜。笑

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事