F.C AUTODELTA

好きなクルマやサッカーのことなどなど

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全506ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

サンデー

 日曜日、午前中にダムまで。
ワラワラと集まってました。

イメージ 1

 このロータスヨーロッパはもともと米国仕様
当時の法規上の関係で本国仕様よりも前照灯の位置が高くされているそうで

 よく見るとフロントフェンダーはRがついてます。
本国ではリアから真っすぐのラインなのだそうで

 へぇ〜・・・

 そのせいかどうか、全体的にFRPのボディは厚めだそうです。
じゃあ少し重くなるんですかね?

 その米国仕様、左ハンドルを右ハンドルに仕様変更してあります。

 へぇ〜・・・




 午後にはライブへ
ウイル・リー(b)、クリス・パーカー(ds)は、すごく久しぶり!
24丁目バンドなどで懐かしいウィル・リー
スタッフのツインドラムの一角だったクリス・パーカー

 いやぁ少し(かなり)お年を召しましたねぇ(当たり前か)

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

なつ

 夏休み、と、言えば合宿でありまして
ワタシも現役の時には今頃エラい目にあってましたっけ・・・

 もうすっかり少年サッカーコーチも引退して
すっかりナマっていましたところ

 かつての教え子が監督をしている関係上
合宿に顔出してくれませんか、と。人手不足なんでしょうか

 まぁ、少しくらいならいいか

 と、寄せばいいのに日曜日に一日付き合うことにしたんですけど

 暑いやんけ、暑いやんけ、暑いやん・・・
このところの猛暑、直射日光モロ受けで脳みそ沸騰・溶解
パンダカラーに日焼け・・・

イメージ 1

我々はこの程度の日照でもヘロヘロになりますから
そりゃスペシウム光線を受ける怪獣も気の毒に思います。

 もう年寄りで頻尿なのかと自覚気味だったところ
水分だけでも4リッター以上取ったはずなのに
朝から夕方までトイレに行かず、いやぁ汗は恐ろしいもんです。

イメージ 2

 急なことやったらアキマセンなぁ・・・ホントにナマってました
ってのを自覚しただけ

イメージ 3

 脳の再凝固までもう少し掛かりそう・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いけません

 ユリクビナガハムシ

 ユリの大敵、あっという間に食い散らかしてしまいます。

 ウチの場合、ユリを育てているわけじゃなくて
勝手に生えているんでまぁいいと言えばいいんですけどね。

イメージ 1

 黒い塊はユリクビナガハムシの幼虫であります。
黒いのは自分の糞・・・。
ウンコを体に塗りたくっているわけです。

 それってどうなん?
教育という点ではどうなってるんだ?
これでいいのか?親の顔が見てみたいわ!

イメージ 2

 と、思ったらすぐ隣で親の方は交尾してました・・・。

 これって育児放棄じゃないのか
この親にしてこの子ありかいっ!

 将来ロクなユリクビナガハムシにならんぞ!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

訪問者

 先日、アルファスパイダー乗りの方にご訪問頂きました。
シトロエン乗りの友人の誘いで、
こんな信じられないような都会で驚かれたかも

 なんだかんだ言ってジュリアはええなぁ・・・
しばらくジュリア系から離れてますので、そんなこと思いました。

イメージ 1
 梅雨の合間、曇り空でしたから
屋根なしにはちょうど良かったんじゃないかな


 今週は、ミヤマカミキリの訪問もあり、ニイニイゼミが羽化したり

イメージ 2
イメージ 3

そうそう、どこから飛んできたのかホタルも来ました。
川がないわけじゃないけどホタルがいそうな感じじゃないんですが
地場産業の衰退で次第に川が綺麗になってホタルも住めるようになった?
単独でしたけど。


 連絡こそよこしませんけど週末に向けて台風の訪問も受けそうです。
すでに近隣の花火大会の延期が発表されてます。
渓谷でやるから雨が降ると煙って何も見えなくなって音だけ
なんてことになりますからね。英断でしょうか

 あとは毎日のスズメ軍、文字通りの「門前雀羅」であります。

イメージ 4

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

梅雨明け間近?


 小学校は夏休みに入ったようで

 本来の梅雨らしい天気と低気温が続いたので
ちょっと忘れてましたけど、夏休みのトモダチである蝉の声が聞えない。

 と、思ったら久しぶりに晴れ上がった今朝がた、コロリと落ちていたセミの抜け殻
ふと見上げると、羽化したばかりらしいクマゼミが一匹

イメージ 1


イメージ 2


 どうもお待たせいたしました。


 そういえば
 先日、水田の用水路からトノマサガエルを数匹救出したんですが
トノサマガエルは吸盤を持たないので
コンクリートの側溝の壁は登れないんです。
 以前はトノサマガエルもソメイヨシノなどと同様
初見が気候観測の規準にもなっていたんですが
最近は観測できなくなったと、準絶滅危惧種みたいで
 水田も減ったし、側溝もコンクリートだし
減るのも致し方ないのかなぁと思うんですが
 みなさんも見かけたら助けてあげてください。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全506ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事