F.C AUTODELTA

好きなクルマやサッカーのことなどなど

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イタジョブ・GTA

 さて、今回のイタジョブ
 
 メインステージに上げられたのはジュリア界の横綱“GTA”でした。
もはや貴重なコレクターズアイテムを通り越して
高く天空まで上ってしまっている印象すら持ってしまい
常人をもって「次に欲しいクルマ」と簡単には言わせない存在になってしまいました。
 
 そんな横綱のラインアップは
GTAにGTA・Jr、にコルサも加わって4台の豪華さ。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
 
 また露払い・太刀持ちとしてGTAレプリカ群
 
 ジュリアクーペ、中でも特に段付きにあっては
そのモディファイのモデルにGTAというのはもう定番といいましょうか
スタンダード、お約束と言ってもよろしいのではないでしょうか
 
 手軽なところでバンパーレス、レプリカホイールはもとより
あるいは板金ついでのフロントの吸気穴(餅焼き網付き)の追加や専用グリルの装着
念の入ったところではドアの取っ手&鍵までもGTA仕様もあり
 
 どれも丁寧に韻を踏んで手を加えられておりました。
 
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9

 まぁ中にはエンジンレスの強引な参加も一台見受けられたりしましたが(笑)
イメージ 3
 
 ジュリアク−ペのエンジンに手を入れて、ボディをアルミ製にして軽く
(GTAの「A]はイタリア語の"Alleggerita"(軽量化された)の略)
当時のサーキットで数々のレースで戦績を挙げて
ツーリングカーレースにアルファロメオGTAあり!と名を売ったことはもちろん
 
 ベースになったジュリアクーペは奇をてらったところのないデザインに
その気になったら4人乗車もできる高性能なスタイリッシュな上質のクーペ
と、いう位置づけではなかったかと思いますが
 
 その基本的なデザインはそのままなのですが
アウターパネルにアルミ板を使った関係でその固定が溶接ではなくリベットでバシバシ
この野蛮さが見る者に「ん?なんか(普通のジュリアと)違うな・・・」
と、いう印象を持たせるのでしょうか
 
 「なり」は上品でもその実がチラチラ垣間見えるアンバランスさが
迫力、威圧感を持たせるのではないでしょうかねぇ
 
 
 もちろんこれらGTAオ−ナーのみなさんも「なり」は上品でございますが
その実は・・・さて、どうなんでしょ?(笑)
 

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

イタジョブ・イントロ

 日曜日はイタジョブでございました。

 今年は新会場「道の駅 星のふる里ふじはし」での開催
スタッフにも緊張感が「いつもより」感じられた気がしました。
 
 参加車両は84台と盛況でその他にも多くの見学車両もあり
参加者、見学来訪者、会場関係者、協力業者の方々、スタッフなみなさん
ありがとうございました!
 
 何か特別な企画があるわけでもないイベントなのですが
多くの人に支えられて続けることができて嬉しいことであるなぁと思う次第であります。
 
 ワタシもスタッフの末席に気づかれないようコソっと加えてもらってるんですが
準備や何か、特に手伝うわけでもなく
イロモノ担当でもっぱら楽しんでいるだけですから
お得な気分を毎回のように味わっているだけで幸せであります。
 
 
 

 私的には、前日の土曜日のことですが・・・
 
 冬の間からあまり乗ってやれなかった相棒のSZを引っ張り出して様子を見たところ
どうもエンジンブレーキがよく効く気がして???と思って点検したところ
どうも左後輪ブレーキが少々引きずっていたようでホイールが熱を持ちすぎてました。
ドラムブレーキに御乗りの方ならおわかりになろうか、と思いますが。
で、ちょっと緩めにして、これでいいかな、と。
 
 じゃ、ポンコツでもちょっと見栄えよくしようとお手入れ、と思っていたら

 自宅風呂釜の水漏れを発見
で、近所の業者を呼んで修理依頼をしたんですが
そこの大将がオーバー80エイジの超ベテランで
作業の様子を見ていると視力の関係でドライバーの穴にもうまく刺さらない様子で
これは、と手伝う羽目になりました。
 
 結局小さな穴からの水漏れということで
(これも視力のイマイチなジイサマではなくワタシが見つけたんですが)
ハンダで塞いで見ましょうか、ということに相成りました。
 
 ほんじゃお願いね〜、と任せてしまいたいところ
いささか心もとなく、そのまま引き続き見ておりましたが
やはり小さな穴の位置が不明確らしく
どうも傍から見ていてもズレた位置にハンダ盛りしているようで
結局ナンダカンダでワタシがほとんどの作業をすることになってしまい(笑)
 
 肝心のクルマの手入れの方はタイムアップ・・・で断念。
 
 そんなとこでヘロヘロで残りの仕事(本職のほうね)をこなして
明日が早いからもう休みましょう・・・
 
 あ・・・そういえばCLの決勝やナァ
出発時刻までに半分くらい見れるかな?
と、思うとアッサリ誘惑に負けてワイルドに見てしまいました。
 
 最後まで見るわけにはさすがにいかず前半終了で出発。
 
 
 てなわけで
 
 それまではよく計画して熟慮の上、行動を規律しようと
しかしながら最終的にはイキアタリバッタリとなるいつものパターンを踏襲し
相も変わらずバタバタで飛び出して行きました。

 ワタシは受付、ということでしたから
まぁソコソコ早めに着くように、ということで
それなりに余裕のある出立時刻にしてあったはずでしたが
 
 なんと高速道路を降りて一般道に入り
国道より会場に向かう片側1車線の道路に入った途端
前を走る釣り人搭載と思われる軽ボンバンにひたすら着いて行くハメになり
これがそこそこの距離はあるんですが、どこかで曲がってくれることもなく
結局会場入りまで続くことになったのでありました。
 
 あまりペタペタと走っているものですから
ワタシの後ろにはエントリー車とおぼしきジュリアスーパーやらスパイダーが
途中から追いついてしまってきて露払いよろしく、先導車になっておりました。
 
 やれやれで、予定よりもやや遅れ気味の会場到着となりました。
 
イメージ 1
 
 ボチボチと次第に会場が埋まって行く
やあやあと再会があり、はじめましてがあり
 
 ほぼ集まったところで開会宣言の後は、流れ解散まで特になし(笑)
それぞれ思い思いに過ごしましょう、というわけで
新会場でいつものイタジョブが始まったのでした。
 
イメージ 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事