F.C AUTODELTA

好きなクルマやサッカーのことなどなど

クルマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

U-22 2 U-20 4

 U-22 トゥーロン国際大会
 日本(U-22) 6:1 チリ(U-22)
 初戦から中2日、日本の先発は8人の変更
 序盤にはチリの出足に圧されてましたので
こうなるとは思ってなかったんですけど
 前半18分で3点のリード・・・?
何がどうなってたんでしょうねぇ・・・
 35分にイージーなミスで失点はしましたけど
終始圧倒っていってもいいんじゃないでしょうか。
 
 次に対戦するポルトガルの選手が観戦してましたけど
どう思って見てたんでしょ
(ポルトガルはチリに0:1で敗戦、イングランドには3:2)


 U-20W杯 ポーランド大会
 日本 0:1 韓国
 中3日の韓国に対して日本は中5日
ケガ人が多くて離脱者もいるもののなんとかなるか
と、思って見ていました。
 序盤は互いに慎重な出足
ハイプレスのショートカウンターを避けるようにロングボール主体
特に韓国は5バック気味でしたし
 どちらかと言えば日本のペースだったんですが
韓国の堅い守りを崩せなかったです。
 韓国は疲労度のこともあったんでしょう
とにかくボールは持たれても人数掛けて守って
攻撃は前からのプレスで消耗するのは避けて
率は低いけれどロングボールを前線に当てて
セカンドボールを拾うことに徹底していたように思います。
 コンディションに勝る日本の方がチャンスは多く作れましたけど
最後のところの仕事が・・・
 終盤の韓国の一発を浴びて大会を去ることになりました。
 
 
 ああいった戦術に徹底する強いチームって
いつの間にか国内では見なくなったなぁ・・・
国見高校なんてああいう戦術で強かった気がしますけど
 うまい、いいサッカー・・・なんですけど
強さ・結果を追及する、勝負に徹すると言う点では
やはり何か足りないのかも。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日曜日

 日曜日には第14回オートモービルアート展に出掛けるつもりなんですけど

 本来なら同じ会場でクラシックカーフェスティバルもあるはずなんだけどなぁ?
って、思っていたら
 会場の「ノリタケの森」が改修中ってことで、今回は
名古屋城正面前スタート(AM7:30)
〜OZモール大曽根商店街(7:40)〜徳川園(7:50)見学可
〜KKRホテル名古屋(8:00)見学可
〜市之倉さかづき美術館ゴール(12:00〜15:00)見学可
 と、いうスケジュールでパレードするそうです。

 ワタシはオートモービルアート展から帰り道すがら市之倉行きにしようかな
 
 週末には梅雨入りしそうで天候の方が微妙な具合ではありますが・・・。

開く コメント(0)

14

 ジュリエッタ・スプリント 1959

イメージ 1

 SZのお姉さんということになりますね。
お姉さんのほうがずっと綺麗にされてる・・・

 いえいえ実はずいぶん前に綺麗にはしたんですよ
一皮むくとしっちゃかめっちゃかになってましたからね(涙)

 色も本来はこのスプリントのような朱色に近い赤というのが
当時の標準なんですけど、そこはあえて当時の色見本から
ランチアのレーシングロッソ(インテグラーレの赤)にして

 う〜ん、やっぱ当時の色の方がいいかなぁ
印象はずいぶん違うと思うんですけどね。

 ・・・は、ともかく

イメージ 2
 
 姉妹並んでと言うことになりました。
あとはスパイダーにSS、ベルリーナで勢ぞろいですけど
まぁなかなかそうはいきませんねぇ
みんな60歳くらいですものね(笑)

 端正で綺麗な姉さんの隣になって、
アンタもうちょっと手ぇ掛けてくれへんかなぁ
と、ブツブツ言われそうな気になりました。

 千葉からの自走、お疲れさまでした〜
お姉さまにはさようならのサインまでいただきまして(笑)
・・・詳しくは下のリンクを参照・・・

 またどこかで。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

来週

 ナゴヤですけど来週にはこんなイベントがありますよ。
よろしかったら足を運んでみてはどうでしょう。


 ワタシは平日にお邪魔するのは難しいので
きっと、たぶん、おそらく、たいてい、
おおかた、ひょっとすると、十中八九、最終日の日曜日に、と。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

U-20 2

 U-20W杯 ポーランド大会
 日本 3:0 メキシコ
 立ち上がり、さすがメキシコは強いナァ・・・
攻め立てるメキシコに対して、
日本は初戦のエクアドル戦に続いて相手選手との間合いが悪く感じました。
詰めればかわされる、開ければ展開されるという具合で
もともとボール回しに長けているはずのメキシコに回されて
取りに行けばロングボールでDFの裏を狙われ
 いきなりGKとの1対1を作られたり(若原がセーブ)
 こりゃしんどいなぁ、と思っていたら
序盤の攻勢を凌いだ日本がボールを持てるようになると
メキシコのDFがなんだか妙な具合
1対1には強いんだけど中盤とDF間、または横ラインの選手間
これがどうにもタイトじゃなくて、これで取れるの?
 日本も当初は罠でも仕掛けられているような感じで
教科書どおりサイドを突いていたんですが
縦パスが普通に入るんじゃない?でスコスコ入るようになると
日本のペースに
 その後は日本の攻勢が最後まで続きました。
前半21分、後半の開始早々、後半32分
先制、中押し、ダメ押し
 メキシコはディエゴ・ライネス(スペイン・ベティス所属)に頼りすぎたか?
他にもドリブルのキレのある選手がいたり能力の高さは見せたけど
どうもDFの組織は合点がいかないなぁ・・・なんで?

 イタリアがエクアドルに勝ったので
グループBは、イタリア(勝ち点6)日本(4)エクアドル(1)メキシコ(0)
となってます。最終戦のイタリア相手に勝ち点落としても
トーナメント進出はできそうですね。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事