全体表示

[ リスト ]

◆アイソン彗星は近日点にむかって進んでいく。月明とすっきりしない天候のなか、11月20日と22日は雲間になんとか捉えることができた。
 
22日は20日に比較して増光している感触があった。
 
2013/11/20  05:07-  60secX14  200mmF2.8  ISO200  LPS-P2
イメージ 1
 
 
2013/11/22  05:28- 9secX1 15secX2 ISO800 LPS-P2
イメージ 2
 
 
 
11月23日は、いよいよ彗星の高度が低くなり、残り少ないチャンスとなった。雲の出入りがあったものの、明け方の東天は運良く晴れた。ただし、透明度はあまり良くない。
 
10センチ双眼鏡の視野はコントラストが低く、アイソン彗星はコマから尾をのばしているのが見えるが、心なしかその輝きが鈍いような感じだった。画像では、尾は案外写っている。薄明との競争でなかなかじっくりと観察する余裕がなかった。
 
 
2013/11/23  05:31  10secX33 200mmF2.8 ISO800 LPS-P2
イメージ 3
 
 
2013/11/23  05:40  3sec 70mm F4.5 ISO800
イメージ 4
 
水星と同じ高度で尾をのばすアイソンが確認できる。肉眼では無理だった。水星の下には土星。
翌24日は土星の高さくらいまで彗星は高度を下げる。透明度さえ良ければ、あと1回のチャンスと思われたのだが・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事