全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
◆早々と梅雨入りの発表。その後は梅雨の中休みかという天候。5月31日は日中、好天であったが、夜までは持たない状態。しかし、貴重な晴れ間をなんとかしたくて山の観測所で待機した。6月に日付がかわる頃は雲の切れ間があり、薄雲ながら多少の期待はもてたので粘った。2時すぎからパンスターズが確認できた。10センチ双眼鏡でなんとか捉えられてアンチテイルの濃い部分は見えた。北極星のすぐ近くだ。画像では北極星の上まで尾が伸びているのが分かる。実際はもっと長いのだろうか。
 
イメージ 1
2013/06/01  02:58-   60sec x12   120mm F3.3   ISO1600   LPS-P2
 
 
 
薄雲が流れ、空気はさすがに湿っている。山の冷気を感じつつ、もうひとつのレモン彗星へ。下弦の月もすこし霞んでいる。相変わらずの姿が双眼鏡で見える。月明かりと薄雲で尾の様子はよく分からなかった。つかの間の晴れ間に遭遇できて安堵の気持ちで山を下りていった。
 
イメージ 2
2013/06/01  03:24-  60sec x 5   120mm F3.3  ISO1600  LPS-P2
◆パンスターズ彗星のアンチテイルが長く伸びている。満月近くの月が煌々と照らしているが、23日は透明度が良かったので、街中から撮影を試みた。画像で極めて長い尾が確認出来る。月明が去ったら素晴らしいだろう。梅雨時期になっていくのが残念だ。
 
イメージ 1
2013/05/23  22:23-   200mm  F3.5  60secx11  ISO400  LPS-P2
 
 
 
◆翌24日の深夜は、無理をして山の観測所へ行った。透明度は前夜より落ちて、満月の明かりが強烈に影響する。10センチ双眼鏡ではちょっと無理な感じだった。彗星を真横からながめる状態なのでこの光景が見えているのだが、あまりの変化ぶりに頭ではなかなか理解できない彗星と地球の位置関係だ。
 
イメージ 2
2013/05/25 02:39-   200mmF3.5  60secX16   ISO200
 
 
 
◆一方のレモン彗星は東の空で随分高度を上げている。霞んだような空で、10センチ双眼鏡では充分に見えるものの、前回暗夜での観望時より頼りない姿だった。画像ではイオンテイルはほとんど捉えられなかった。
 
イメージ 3
2013/05/25  03:17-  200mmF3.5 120sec x6   ISO400  LPS-P2  トリミング
 
 
 

久々の月面探訪

◆彗星のあたり年ということで、このところ月とはさっぱり縁がなかった。17日、久しぶりに月を覗いたら、偶然に「月面X」が見えていた。欠け際を観察していると、その南側にはもう一つの「X」が。これは小文字かな。薄雲ごしで何とか撮影もできた。
 
イメージ 1
2013/05/07 C11  直焦点 ToUcam 
 
 
 
◆18日は雲が多く月が見えるか微妙な条件。雲の切れる時間帯があったので、観望できた。気流は悪くない。丁度上弦の月の全体像を撮影。やはり月には癒される。
 
イメージ 2
2013/05/18 FC100N  2Xテレコン
◆5月11日は久しぶりの雨。12日に日付が変わる頃から晴れてきた。山の観測所へ行くと透明度の良い空か広がっていた。夏の天の川の見え方は当地しては良好だ。
 
パンスターズ彗星は一段暗くなったが、10センチ双眼鏡ではケフェウス座γ星の近くですぐ見つかった。ダストの尾と太陽方向のやや濃い尾が見えていた。
 
イメージ 1
2013/05/12 02:53〜  280mmF4.0 (1.4xテレコン)  180sec x 8  ISO1600  LPS-P2
 
 
 
明け方にはレモン彗星が昇ってくる。町中と比較して空が良いのと高度が少しずつあがっているので、前回よりもかなり明るく見えた。10センチ双眼鏡ではダストの尾が何となく分かる感じだ。画像ではイオンの尾が写るようになっている。
 
イメージ 2
2013/05/12 03:28〜 200mm F2.8  180sec x 4  ISO800  LPS-P2  トリミング
 
 
◆4月下旬からの低温傾向は酷い状態だ。作物の生育には大きな影響が出ている。2日から3日朝にかけても山沿いを主体として冷え込んでいる。そんな中、山の観測所へ行った。周極星となったパンスターズ彗星は、北極星に向かって移動中である。カシオペア座の散光星雲に近づいて写真としてはおもしろいところだ。10センチ双眼鏡では随分減光しているが、相変わらずダストの尾が良く見えている。画像で下方に出る尾も眼視で何とか確認できた。赤い星雲を欲張って出そうとすると彗星はコマを中心に飽和していかにも別物になってしまう。全光度は7等級だろうが、写真写りが良い彗星だ。拙劣な画像処理ではどこまでが彗星のダストか、背景なのか、はっきりしない。
 
イメージ 1
2013/05/03  00:56〜  200mm F2.8   180sec x 15    ISO1600   LPS-P2
 
 
 
山の稜線からカシオペア座がようやく顔を出す。古い55ミリレンズで捉える。彗星がポチッと見えている。
 
イメージ 2
01:46〜 120sec x 14   55mmF2.8  IS01600  LPS-P2
 
 
◆明け方、ペガスス座にレモン彗星が見え始めた。前日朝に町中から確認していたが、10センチ双眼鏡での見え方は変化がなかった。町中から低空まで透明度がけっこう良い朝だったので、幸運にも見えたのだろう。7等級と思われるが、パンスターズと同じ場所にあったなら、レモンの方が明るく見えるかもしれない。
画像ではエメラルドグリーンのコマと2つの尾が確認出来る。西方向へ出ているのはイオン、南西方向はダストの尾と思われる。
 
イメージ 3
03:42〜 200mm F3.5  ISO800  60sec x15  LPS-P2  トリミング

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事