全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

彗星便(4月4日)

◆パンスターズ彗星はアンドロメダ大星雲の近くを通過している。4月4〜5日が最も近づくということで期待していた。4日朝は晴れているものの東の低空には薄雲がある。加えて、街明かりの影響もうけて非常に眠い空だ。ほどなく画像で確認することが出来たが、10センチ双眼鏡でどうしても捕まえることができなかった。条件を考えると仕方ないのかもしれないが、我が身(眼)の衰えに愕然とした朝であった。
 
イメージ 1
2013/04/04  04:20〜  200mmF3.5   60secx10 LPS-P2   IS0800

彗星便(4月1日)★

◆天候が優れず、1週間ぶりの対面は朝見となった。眠たい空で低空にはもやがある。10センチ双眼鏡のコントラストの低い視野に捉えられた。次第に光度が落ちてきているが、尾はよく見えている。今後、高度が上がっていくので、暗い空で見えるようになる。まだまだ、楽しみが続く。
 
イメージ 1
2013/04/01 04:46〜 200mmF3.5  4sec x 20  ISO800

彗星便(3月25日)

◆冬と春の間で。雪雲が飛んで彗星はしばしば隠れる。冷たい風が辛い。きらきらと輝く頭部から淡いしっぽが伸びる姿を双眼鏡にかじりつきながら追った。
 
 
イメージ 1
2013/03/25 19:06〜 200mm F3.5  6sec x14  ISO800

彗星便(3月23日)

◆3月23日は快晴だがやや眠い空。またもや、西空に薄雲が発生。21日より悪い条件での観望となった。天気ばかりはままならない。
 
イメージ 1
2013/03/23  18:59-  200mmF3.5  8secX16  ISO400
 
 
イメージ 2
2013/03/23   18:59-    MT-130  レデューサ  F4.8  10sec x30   ISO800
 

彗星便(3月21日)

◆3月21日は日中快晴で透明度も悪くはなかった。しかし、日没時から西の低空がもやって霞んだ状態。彗星はもやの中へ高度を下げていく恰好となった。それでも10センチ双眼鏡では1度程度のダストテイルを見ることができて堪能した。
 
イメージ 1
2013/03/21  19:02-  200mmF3.5 8sec x 24  ISO400
 
 
 
イメージ 2
2013/03/21 19:02-    MT130  レデューサ  F4.8       10sec x 18  ISO800

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事