全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

3月14日の画像処理

◆3月14日の画像を再処理した。スケールと方向を入れた。ちまたでは、「しょぼい」「暗い」と酷評されているこの彗星。しかし、柄は小さいけど彗星らしい彗星で素晴らしいと思っている。
 
イメージ 12013/03/14 18:49〜 MT130 F4.8(レデューサ使用) 8秒×15 IS0400 トリミング 
 
イメージ 2
2013/03/14 18:53〜 MT130 F4.8(レデューサ使用) 8秒×12 IS0400 トリミング
 
イメージ 3
2013/03/14 18:56〜 MT130 F4.8(レデューサ使用) 10秒×9 IS0400 

彗星便(3月15日)

◆3月15日は透明度が悪く、眠たい空。街明かりの影響もうけた。でも彗星らしい彗星。期待どおりの姿だ。
 
イメージ 1
18:48〜  200mmF2.8→280mmF4(1.4×テレコン)13秒×18 ISO100 トリミング

彗星便(3月14日)

◆3月14日は冬型の風が冷たく強い条件。透明度は良好で彗星がよく見えた。肉眼でも彗星を確認できた。薄明中の彗星らしい姿。やっはり、彗星はスリリング。
 
イメージ 1
18:54〜 200mm F3.5 6秒×10 ISO100
 
 
◆MT130も使って二刀流。露出時間が短いので、適当極軸で何とかなる。この鏡筒では200ミリレンズと比較して詳細が写るでもなく、必要性を強く感じないが、いろいろと試すことが必要と感じた。
 
イメージ 2
18:51〜 MT130 レデューサ使用 F4.8 6秒×13 ISO400
 
 
イメージ 3
19:00 MT130 レデューサ使用 F4.8 10秒 ISO400
 
 
イメージ 4
19:00 MT130 レデューサ使用 F4.8 6秒 ISO400
 

彗星便(3月12日)

◆3月12日は夕方、西の空に薄雲がでた。次第に透明度が落ちていく中、彗星をなかなか捉えることが出来ずに焦ったが、10センチ双眼鏡の視野に入ってきて安堵した。透明度が悪いと極端に見え方が落ちてしまう。
 
イメージ 1
2013/03/12 18:48 200mm  F3.5  6sec ISO200  赤道儀追尾
伊吹山に沈んでいく
 
イメージ 2
2013/03/12 18:48 200mm  F3.5  6sec×12  ISO200  赤道儀追尾  トリミング

彗星便(3月11日)

◆3月11日は快晴の好条件だった。西の低空まで晴れ渡っていたが、画像で判断するとさすがに完璧な透明度というわけにはいかなかった。それでも前日より彗星の高度があがり、見える時間が長くなって、多少おちついて見ることができた。
 
もう少し太陽との離角があって暗い空で見られたら良いのにと思ってしまう。彗星らしい彗星のスリリングさを味わえるのも良いのだが。
 
イメージ 1
2013/03/11 18:42〜 2秒露出10枚を合成 200mmF3.5  ISO100 赤道儀で追尾 トリミング
 
 
イメージ 2
2013/03/11 18:43〜 2秒露出10枚を合成 200mmF3.5  ISO100 赤道儀で追尾 トリミング

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事