全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
◆3.11の朝。特別な日として意識していかなければならない。
 
昨夕は、パンスターズ彗星を見ることが出来て感動した。日中は雨があり、前日の暖かさとは一変して冬型の冷たい風。夕方から急速に晴れて透明度は良くはないものの、このところの霞んだ空よりマシな状態となった。
 
日没前から待機する。25倍10センチ双眼鏡で集中して明るい空に彗星を捜す。18時25分頃、待望の姿が視野に捉えられた。集光が強く、左上へ尾を伸ばしている。この条件ではさすがに詳細を見ることはできない。18時41分すぎに雲に没していくまで双眼鏡を覗き、撮影した。
 
イメージ 1
2013.3.10 18:37 200mm F3.5 1.3sec ISO200 トリミング
 
 
イメージ 2
18:35から10コマをコンポジット トリミング
◆冬型が緩んで気流が改善するかと思われた。実際は悪くはないのだが、やはり冬の空。安定というまではいかない状態だ。夜明けの土星は既に南中するまでになっている。ただし、高度が低いのでどうしても気流の影響をうける。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
◆ぎょしゃ座からオリオン座へ移動しながら冬の星雲、星団と共演を続けてきたリニア彗星。縁が無くて見ようとしたときには既に遠ざかりつつあった。
 
1月11日、町中から15センチ反射の眼視では存在がわかる程度だった。翌12日、晴れているが眠い空、光害のもとでは10センチ双眼鏡で歯がたたなかった。
 
撮影を試みた。それにしてもショボイ画像だなあ。今年は彗星のあたり年になるのでは、と期待が高まっている。「生きてて良かった」と思えるような彗星と遭遇してみたいものだ。
 
 
イメージ 1
2013.01.12 20:17〜 EOS kiss Digital N 200mmF3.5 60secX21 ISO800 LPS-P2 トリミング 

木星便、土星便

◆1月7、8、11日の木星。冬型が崩れて気流は多少改善した。7日は揺れはあるものの、冬場にしては良い感じ。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
◆12日朝の土星は今シーズンでは良い方だった。高度が低いので画像としてはまだまだだが、今後に期待したい。
 
イメージ 4
 
◆4日は夜半までは多少の気流改善であったようだ。木星面は平穏な感じだ。
 
イメージ 1
 
 
 
 
◆5日は気流が悪化傾向であった。永続白斑が大赤斑ジュニアとして見えている。イオが木星面を通過。21時44分の画像には大赤斑の左側に本体が写っている。22時13分は影とともに本体はかすかに認められる。
 
イメージ 2
 
 
 
◆月への道は遠い。
 
イメージ 3
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事