こりん星人の突発日記

何も出来ないけど支えになりたかったです。ただそばで笑ってる事しか出来ないけど…

全体表示

[ リスト ]

Google が7インチのAndroid 4.1 Jelly Bean タブレット Nexus 7 を発表し、

アップルも未発表の iPad mini (〜8インチ) を量産中らしい、

とくれば、続くのは7インチの海外での現役王者


Amazon Kindle Fire に新型が登場するとのうわさです。

リンク先 工商時報のサプライヤ筋情報によると、

アマゾンは新型 Kindle Fire の部品調達と製造を6月から開始しており、

7月から8月にも出荷する可能性があるとのこと。

初期出荷の台数は200万台とされています。

新 Kindle Fire の仕様についてはあまり具体的な話がなく、

現行のラバーフィニッシュのプラスチック製から金属製の筐体になる、

ディスプレイは7インチのまま、製造は引き続きQuantaなど。

Kindle Fire については、

初代は年末商戦に間に合わせるため出来合いのODMデザインを使い回した製品で、

AmazonのKindleチームが新規開発した別製品が後から登場するとの説がありましたが、

今回は7インチ現行 Fire のリフレッシュのようです。

アマゾンの独自タブレット Kindle Fire が発表されたのは昨年9月、出荷は11月。

仕様は7インチ1024 x 600 IPS液晶 (iPad 2よりはましな約170dpi)、

デュアルコアのTI OMAP4、512MB RAM、8GBストレージなど。

当時としてはかならずしも底辺スペックではなく、

またハード仕様よりも重要なアマゾンの

書籍・アプリ・映像・音楽コンテンツのエコシステムがあること、

なにより199ドルの積極的な価格で年末商戦の人気をかっ攫いました。

しかし、Google が先日発表した Nexus 7 は

同じ7インチながら解像度が高く(1280 x 800、ピクセル数1.7倍)、

プロセッサはクアッドコアの Tegra 3、RAMは倍の1GB、

Kindleにないカメラ(前面)やBluetooth、

タブレットではまだめずらしいNFC(10cm程度の近距離無線通信技術)があり、

重さも70g近く軽い340g、最新のAndroidプラットフォーム 4.1 Jelly Bean が保証されているなど、

同じ199ドルでもハードウェアとしてはKindle Fire より露骨に上位です。

またコンテンツについても、

アプリはアマゾン独自の Appstore for Android で入手する kindle より、

Pure Google な Nexus 7 が当然ながら上。

音楽や映像、書籍についても、

Googleはストアを変な名前に改称してまで拡大に努めています

 (ついでに、199ドルで25ドル分のGoogle Play クレジットが付いてきます)。

秋発表のうわさがある小型 iPad も含めて、

アマゾンが火力を向上させて対抗しても良い時期です。


これはもう、本体を低価格化して電子書籍と配信音楽&動画、

独自有料アプリの売り上げで回収するぐらいしか、

Amazonには手が無いですね。


価格に関しては楽天がすでに、電子ブックリーダー「kobo Touch」を、


¥7,980という1万円を切る低価格で19日から先んじて、

先行販売するようですから、AmazonもファイアでないKindleは、

このぐらいか、これ以下の価格じゃないと、もう売れませんからね。

果たして日本国内にKindle Fireも投入するとなると、

性能はNexus 7より劣るのですから、

値段も150ドルぐらいにしないと売れないでしょうね。

落とせるかなぁ?

(案外一番被害を被るのはモノクロのブックリーダーを、

2万円弱、1万7千円弱で売ってるSONYだったりして・・・。)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事