こりん星人の突発日記

何も出来ないけど支えになりたかったです。ただそばで笑ってる事しか出来ないけど…

デジタル機器

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

アップル・ジャパンは2日、新型iPod を発表。

新製品のラインアップはiPod shuffle、iPod nano、iPod touchで、

大容量モデルとしてヘビーな音楽ユーザーに親しまれてきた

iPod classicはアップデートされていない(販売は継続)。

新型モデルは全て同日から予約を開始し、来週から発売開始。

直販サイトではiPod shuffleが5〜7営業日、iPod nanoが7〜10営業日、

iPod touchが2〜3週間の出荷予定としている。

■HD動画撮影の背面カメラが付いた新型iPod touch、スペックはiPhone 4譲り

 新型iPod touchは、噂されていたiPhone 4のような角形デザインではなく、

 従来の丸みを帯びたデザインを踏襲。

 ただし、薄さを7.2mmとし、より薄型化を図ったのが特長だ。

 容量は 8GB/32GB/64GBの3ラインアップで、

 直販価格は8GBが20,900円、32GBが27,800円、64GBが36,800円。

 背面にHD動画(1,280×720ピクセル)撮影対応、

 前面にはビデオ通話「FaceTime」対応のカメラが付いたデュアルカメラ仕様。

 マルチタッチスクリーンは3.5型で、iPhone 4同様、

 高精細な「Retinaディスプレイ」を採用し、より鮮明さを高めた。

 解像度は960×640ピクセル。

 また、チップは自社のA4チップを用いるなど、

 さまざまな点でiPhone 4と共通する仕様となっている。

 ただし静止画は背面カメラで960×720ピクセル、前面カメラでVGA画質。

 現状、製品紹介ページを参照するとOSはiOS4となっているが、

 まもなくメジャーアップデート版のiOS4.1の提供が開始される。

 ただし、米国発表のリリースではiOS4.1を同梱すると明言しているため、

 発売時には同梱すると思われる。

 iOS4.1は、「Game Center」「iTune Ping」といった、ゲーム、

 音楽面でのソーシャルネットワーク機能を強化。

 これまでの第2世代、第3世代iPod touchにも適用される

 (ただし機種によっては機能の制限がある)。

 本体サイズは幅58.9×高さ111×奥行き7.2mm、重さは101g。

 無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応し、

 そのほか無線通信機能としてBluetooth 2.1+EDRに準拠。

 音楽再生時のバッテリ駆動時間は最大で40時間、

 動画再生は最大で7時間(ともに満充電の場合)。

 入出力は従来同様、3.5mmステレオミニ、30ピンDockコネクタ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_2?1283391765

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_3?1283391765

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_4?1283391765

■iPod nanoは1.54型マルチタッチ画面の四角タイプに

 最も斬新にデザインを変えたのがiPod nano。

 第6世代となる今回は、従来の縦長のバー状から、

 正方形に近い四角形に大胆変更。

 本体サイズが46%、重さが42%と前世代に比べて

 大幅なダウンサイズを図っている。

 また、前世代で採用されたカメラが今回は省略された。

 幅40.9×高さ37.5×奥行き8.78mm、重さは21.1gとし、

 iPod shuffleのように背面にクリップをつけた

 (奥行きはクリップを含むサイズ)。

 8GB/16GBの2ラインアップで、直販価格は8GBが13,800 円、

 16GBが16,800円。カラーバリエーションは全7色。

 1.54型の液晶画面はマルチタッチを採用。

 解像度は240×240ピクセル。

 操作部分を画面に表示し、直感的に音楽を楽しむ仕様としている。

 操作部分のハードキーは本体上部に備えるが、

 音量調整・スリープ/スリープ解除ボタンのみとなっている。

 そのほか、FMラジオ、加速度センサーを搭載。

 音楽再生時のバッテリ駆動時間は最大24時間。

 酸化皮膜処理のアルミボディとしている。

 入出力はDockコネクタ、3.5mmステレオミニ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_5?1283391765

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_6?1283391765

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_7?1283391765

■第2世代の形状に近くなったiPod shffle、ほぼ正方形に

 ミニモデルのiPod shuffleは全5色、

2GBのみのラインアップで直販価格は4,800円。

第2世代のように前面に操作ボタンを出し、

前世代とは対照的に操作性の分かりやすさをアピール。

サイズは幅31.6×高さ29×奥行き8.7mm(クリップ含む)で、

重さは12.5g。入出力は3.5mmステレオミニ(オーディオ、USBチャージ用)。

音楽再生時のバッテリ駆動時間は最大15時間。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_8?1283391765

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/74/alien_korin/folder/1587843/img_1587843_50865875_9?1283391765


今日の深夜2時(現地時間は午前10時)に、

発表になりました。

いずれの機種も来週から発売とのこと。

米国での希望小売価格は、iPod touch 8Gバイトモデルが229ドル、

32Gバイトモデルが299ドル、64Gバイトモデルが399ドル。

iPod nano は8Gバイトモデルが149ドル、16Gモデルが179ドル。

iPod shuffleは2Gバイトの容量を持ち49ドルだそうです。

まぁ、日本円だとだいたいゼロをふたつ付けた金額ですが、

$1=¥88という円高の現状ですから、

気持ぉ〜ち、安くなっているようですね(笑

イメージ 1

ソフトバンクモバイルは18日、同日の閉店時間をもって

Apple「iPhone 4」の予約注文の受付をいったん中止すると発表した。

6月15日に「iPhone 4」の予約注文の受付を開始したが、

これまでに予測をはるかに超える、

ソフトバンクとして過去最大となる数の予約があったという。

同社ではできる限り早い再開ができるよう努力するとしている。

なお6月24日の発売日には、一部店舗で当日販売分を用意、販売するとのこと。

当日販売店舗リスト
* ビックカメラ 池袋本店
* ビックカメラ 新宿西口店
* ビックカメラ 有楽町店本館
* ヤマダ電機LABI1池袋モバイルドリーム館
* ヤマダ電機LABI渋谷
* ヤマダ電機LABI新宿東口館
* ヤマダ電機LABI1なんば
* ヤマダ電機LABI1日本総本店 池袋
* ヨドバシカメラ新宿西口本店
* ヨドバシカメラマルチメディアAkiba
* ヨドバシカメラマルチメディア梅田
* ヨドバシカメラマルチメディア横浜
* ソフトバンク表参道
* ソフトバンク渋谷
* ソフトバンク六本木
* Apple Store


週刊アスキーで見ましたが、

完全リニューアルというより、

反応を速くすることや、

液晶解像度を上げてさらに画像を綺麗にする、

本体の厚みをさらに薄くするといった、

「こうだったらもっといい」を、

形にしたような製品ですね。

予約が殺到するのも、なんかわかります(笑

ただ、

未だにフラッシュには対応いしてないみたいですねぇ・・・(笑

イメージ 1

激安の殿堂・ドン・キホーテから、

DVDを内蔵した地デジテレビ

「DVD内蔵 13.3型 スケルトン地上波デジタルハイビジョンテレビ」

が発売になりました。

横幅32.5cm、メインには小さくても机の上に置いておくサブテレビに手頃なサイズで、

内蔵のDVDプレイヤーで映画などの鑑賞ができ、

インターフェースもHDMIやD5にPC入力まで付き、

それでいて税込19,900円と諭吉先生たった2人でおつりが来る財布に優しいお値段

(さらに7,000ポイントのエコポイント対象)。

スケルトンブラックとスケルトンレッドの2色があり、29日より発売中。


仕様
パネルサイズ:13.3inch
解像度:1280×800
本体寸法:325mm(W)×265mm(H)×90mm(D)
本体重量:1,700g(ACアダプター電源のぞく)
カラー:スケルトンブラック/スケルトンレッド

■スロットインドライブ搭載
新たにDVDスロットインドライブを内蔵し、各種メディアに対応
(DVD±R/DVD±RW/DVD±RDL)*CPRM対応

■ハイビジョンパネルで高画質な地デジ映像
画素数 1280 (H) × 800 (V) のハイビジョンパネルを採用。
地上デジタル放送や外部機器の映像を高画質でご覧いただけます。

■充実のインターフェース
基本的な入力端子はもちろん、HDMI端子、D5入力端子を搭載。
高精細な映像をお楽しみいただけます。
またPC入力端子に接続すれば、PCモニターとして使用いただくことも可能です。

■LEDバックライトを採用
優れた電力効率のLEDバックライトパネルを搭載し、
年間消費電力量29kWh/年を実現。環境を考えた低消費電力設計です。

■エコポイント対象機種(7000ポイント)


以前紹介した、13.3インチの地デジテレビに、

今度はDVDプレーヤーが付きました。

値段は、¥1,200高くなりましたが、

D5入力端子まで付きました。

何気に、横の解像度が768から800になってますね(笑

CPRM対応なので、家庭用のDVDレコーダーで録画したものも、

見ることができますね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

サンコー株式会社は、7型液晶を備えたポータブルメディアプレーヤー

「ドでかAV BANK」(ATLMP74G)を12月16日より発売する。直販価格は15,800円。

7型/800×480ドット液晶を備えたメディアプレーヤー。

動画/音楽再生が行なえるほか、背面の穴にコインを挿し込むことで自立でき、

デジタルフォトフレームとしての利用も可能。

本体に8GBメモリを内蔵するほか、microSD/SDHCカードスロットも装備。

同社は16GBまでの microSDHCカードを検証済みとしている。

ポータブルとしては大画面の7型液晶を搭載した

動画再生はAVI/MPEG/FLV/MP4/MOV/PMP/DAT/VOB/RM/RMVBのファイルに対応。

音楽はMP3とWMA(64〜384kbps)、写真はJPEG/GIF/BMPをサポートする。

また、MP3形式でのボイスレコーディング機能も備える。

HDMI出力(ミニ)とAV出力(コンポーネント)を備え、テレビなどに映像を表示することも可能。

ただし、映像出力は最大720pとなる。

パソコンとの接続はUSB 2.0で、対応OSはWindows XP/Vista/7。

バッテリを内蔵し、連続再生時間は動画が3時間、音楽が7時間。充電はUSB経由で行なう。

外形寸法は112×195×16mm(縦×横×厚さ)、重量は350g。

AVケーブルやイヤフォンなどが付属する。


これだけ大きなプレーヤーが、この値段なら、

デジタルフォトフレームを買うより安いですね。

おまけに、古いテレビにも新しいテレビにも出力できます。

単体でも、8GBのメモリが内蔵されてるので、

H264AVCのPSP動画なら、2時間物でだいたい1GB弱ぐらいですから、

8本は入りますね。

おしいのは、充電池の持ちですね。

メーカー値3時間だと、だいたい2時間ぐらい、

つまり映画一本分の動画で充電池が空になります。

最近はあまりありませんが、2時間半ぐらいの映画もありますから、

せめてメーカー値4時間ぐらいは、頑張って欲しかったですね。

まぁ、音楽のPVを見るぐらいならこれで充分でしょう。

また、車の助手席や後部座席で見るのに、

カーバッテリーアダプタもあったら、なお良かったんですけどね。

イメージ 1

カシオを代表するブランドといえばケータイにもなった薄型カメラEXILIMか、

あるいはやはりケータイにもなった頑丈腕時計G-SHOCKか。

同社の新製品はその両方のブランドを冠したデジタルカメラです。

名前はEXILIM Gシリーズ EX-G1。

特徴は名前が示すとおり。

深さ3mで一時間利用しても問題ないIPX8/IPX6相当の耐水・防塵性、

-10度でも利用できる耐寒性、そして2mから落としても耐えられる耐衝撃性を備えています。

EXILIMなので薄さは約2cm。耐衝撃性を備えたものは他にもありますが、

同社いわく耐衝撃性を持つデジカメでは世界最薄。

カメラとしての基本性能は1210万画素CMOS、35mm換算で38-114mmの3倍ズームレンズ、

背面には2.5型23万ドット液晶といったところ。

内蔵メモリは35.7メガ、対応メディアはmicroSD / microSDHC。

848x480解像度の動画撮影が可能なほか、

動画変換も可能なインターバル撮影機能を備えています。

米国での発売は12月。黒・赤の二色展開でお値段は299.99ドル。

G.BROS.シリーズを持っていた人もそうでない人も、

G-SHOCK党にはまた日本登場を待ち望むものが増えてしまいました。


昨今のデザインデジカメでは、最も格好いいですね。

値段は日本円だと¥30,000ぐらいですね。

基本性能と画素数からするとかなりリーズナブルですね。

しかも、頑丈を謳い文句にしてるので、

子供の修学旅行なんかに持たせても、

壊される心配が少ないのもいいです。

物欲が騒ぐなぁ。

人気に火が付いたら日本でも発売は必至でしょうね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事