全日本モトクロス選手権情報-オフタイム通信-

左下の写真は昨年の初来日時、世羅グリーンパーク弘楽園のラムソンジャンプを跳ぶリッキーカーマイケル氏(撮影/佐藤敏光さん)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
写真はIA2-H1のスターティンググリッド(撮影:佐藤敏光さん)

2017年10月22日(日)宮城県柴田郡村田町にあるスポーツランドSUGOで開催された第55回MFJ-GP モトクロス大会 全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦 IA2決勝のリザルト。
ショートカットされたコースでのレースとなった。


■IA2 決勝H-1

 1位 #6   Jeremy Martin(USA)     GEICO HONDA                    CRF250RW
 2位 #31  渡辺 祐介 (福島)       YAMAHA FACTORY RACING TEAM     YZ250FM
 3位 #17  安原 志  (兵庫)        グリーンクラブ八尾カワサキ& ANNEXCLUB   KX250F
 4位 #35  横澤 拓夢 (岩手)        N.R.T.                       CRF250R
 5位 #48  鳥谷部晃太(青森)     Team エム FACTORY               YZ250F
 6位 #56  菅谷 峡介(兵庫)     グリーンクラブパーク神戸RT           KX250F
 7位 #38  池本 凌太(北海道)    SRFマウンテンライダーズ              RMZ250
 8位 #43  内田 篤基 (静岡)    Team SSC                      RMZ250
 9位 #57  大木 洸一 (埼玉)    グリーンクラブ ライムグリーンRT         KX250F
10位 #52  平山 力  (青森)    グリーンクラブRC弘前&TSF           KX250F
11位 #07  町田 旺郷 (埼玉)    レーシングチーム鷹                 YZ250F
12位 #377 渡辺 涼太 (北海道)   グリーンクラブパーク神戸RT           KX250F
13位 #03  石浦 優  (熊本)     SRF Team SBE                  RMZ250
14位 #74  小林 雅裕(神奈川)    KAMON Racing                  YZ250F
15位 #59  迫田 勇馬(大阪)     グリーンクラブ京都ボブキャット          KX250F
16位 #386 横山 遥希(埼玉)     ピュアテック                      KX250F
17位 #46  斉藤 嵩  (東京)     SRF関東 オートスポーツ清水          RM-Z250
18位 #777 HADLIGH KING(NZL)  KTMうず潮レーシング福山            250SX-F
19位 #62  浅井 涼太(京都)     フライングドルフィンサイセイ           YZ250F
20位 #922 古賀 太基(福岡)     N.R.T.                       CRF250R
21位 #912 小川 孝平(長野)     Team ITOMO                    CRF250R
22位 #06  西垣 魁星(群馬)     レーシングチーム鷹                  YZ250F
23位 #49  馬場 亮太(大阪)      SRFマウンテンライダーズ              RMZ250
24位 #88  KIARA FONTANESI      MX FONTA RACING                  YZ250F
25位 #30  岡野 聖(三重)           フライングドルフィンサイセイ             YZ250F
26位 #555 Jugkrit Suksripais(THA)T.E.SPORT                     CRF250R
27位 #42  北原 岳哲(兵庫)      グリーンクラブパーク神戸RT           KX250F
28位 #53  佐藤 亮(宮城)      SRF関東オートスポーツ清水            RMZ250
DNF   #08  下村 里駆(奈良)     Team ITOMO                    CRF250R
DNF   #999  Lewis Stewart(AUS)  KTMうず潮レーシング福山              250SX-F

■IA2 決勝H-2

 1位 #922 古賀 太基(福岡)     N.R.T.                       CRF250R
 2位 #6   Jeremy Martin(USA)     GEICO HONDA                    CRF250RW
 3位 #35  横澤 拓夢 (岩手)        N.R.T.                       CRF250R
 4位 #17  安原 志  (兵庫)        グリーンクラブ八尾カワサキ& ANNEXCLUB   KX250F
 5位 #48  鳥谷部晃太(青森)     Team エム FACTORY                YZ250F
 6位 #43  内田 篤基 (静岡)    Team SSC                        RMZ250
 7位 #57  大木 洸一 (埼玉)    グリーンクラブ ライムグリーンRT           KX250F
 8位 #31  渡辺 祐介 (福島)       YAMAHA FACTORY RACING TEAM      YZ250FM
 9位 #56  菅谷 峡介(兵庫)     グリーンクラブパーク神戸RT             KX250F
10位 #07  町田 旺郷 (埼玉)    レーシングチーム鷹                   YZ250F
11位 777    HADLIGH KING(NZL)  KTMうず潮レーシング福山               250SX-F
12位 #74  小林 雅裕(神奈川)    KAMON Racing                    YZ250F
13位 #30  岡野 聖(三重)           フライングドルフィンサイセイ             YZ250F
14位 #38  池本 凌太(北海道)    SRFマウンテンライダーズ              RMZ250
15位 #59  迫田 勇馬(大阪)     グリーンクラブ京都ボブキャット          KX250F
16位 #912 小川 孝平(長野)     Team ITOMO                   CRF250R
17位 #46  斉藤 嵩  (東京)     SRF関東 オートスポーツ清水          RM-Z250
18位 #62  浅井 涼太(京都)     フライングドルフィンサイセイ            YZ250F
19位 #42  北原 岳哲(兵庫)      グリーンクラブパーク神戸RT           KX250F
20位 #49  馬場 亮太(大阪)      SRFマウンテンライダーズ              RMZ250
21位 #03  石浦 優  (熊本)     SRF Team SBE                  RMZ250
22位 #53  佐藤 亮(宮城)      SRF関東オートスポーツ清水            RMZ250
23位 #377 渡辺 涼太 (北海道)   グリーンクラブパーク神戸RT           KX250F
24位 #386 横山 遥希(埼玉)     ピュアテック                      KX250F
25位 #555 Jugkrit Suksripais(THA)T.E.SPORT                     CRF250R
26位 #08  下村 里駆(奈良)     Team ITOMO                    CRF250R
          #06  西垣 魁星(群馬)     レーシングチーム鷹                  YZ250F
DNF  #52  平山 力  (青森)    グリーンクラブRC弘前&TSF            KX250F
DNF  #88  KIARA FONTANESI      MX FONTA RACING                  YZ250F
DNF  #701 高橋虎太郎(神奈川)   グリーンクラブパークジュニアライダース      KX250F

シリーズタイトルは渡辺祐介(361P)が獲得。2位は古賀太基(350P)、3位小川孝平(292P)、4位岡野聖(288P)、5位安原志(251P)。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年10月22日(日)宮城県柴田郡村田町にあるスポーツランドSUGOで開催された第55回MFJ-GP モトクロス大会 全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦 IA1決勝のリザルト。
豪雨のためショートカットされたコースでのレースとなった。


■IA1 決勝H-1

 1位 #10  小方 誠  (神奈川)  Kawasaki Team GREEN             KX450F-SR
 2位 #1   成田 亮  (青森)    Team HRC                       CRF450RW
 3位 #400 山本 鯨  (埼玉)    Team HRC                       CRF450RW
 4位 #99  平田 優  (兵庫)    YAMAHA FACTORY RACING TEAM     YZ450FM
 5位 #44  小島 庸平(三重)    Team SUZUKI                    RM-Z450W
 6位 #166 星野 優位(埼玉)    KTMうず潮レーシング福山             450SX-F
 7位 #331 新井 宏彰(群馬)    Kawasaki Team GREEN               KX450F-SR
 8位 #8   星野 裕  (広島)    グリーンクラブ八尾カワサキ& ANNEXCLUB   KX450F
 9位 #45  大塚 豪太(栃木)    T.E.SPORT.SHOWA              CRF450R
10位 #113 田中 雅己(大阪)    TEAMナカキホンダ                 CRF450R
11位 #19  長門 健一(広島)    Team Sakurai with Waki Racing         CRF450R
12位 #89  阿部 公亮(岩手)    Team エム FACTORY               YZ450F
13位 #20  白石 翔也(北海道)   Y’s Racing                       YZ450F
14位 #09  小野 千成(東京)    T.E.SPORT.KYB                 CRF450R
15位 #7   深谷 広一(佐賀)    Team SUZUKI                   RM-Z450W
16位 #04  大石 一斗(東京)    グリーンクラブREALRIDE with ピュアテック  KX450F
17位 #793 池谷 優太(静岡)    SRF TEAM REDZONE             RM-Z450
18位 #72  村上 洸太(熊本)     Honda緑陽会熊本レーシング            CRF450R
19位 #21  中村 泰介(埼玉)    RT MIKURA with ALL-ONE          YZ450FX
     #327  Lee JueMin(韓国)  KOREA YAMAHA=MF             YZ450F


■IA1 決勝HEAT2

 1位 #166 星野 優位(埼玉)    KTMうず潮レーシング福山             450SX-F
 2位 #1   成田 亮  (青森)    Team HRC                       CRF450RW
 3位 #45  大塚 豪太(栃木)    T.E.SPORT.SHOWA              CRF450R
 4位 #10  小方 誠  (神奈川)  Kawasaki Team GREEN             KX450F-SR
 5位 #400 山本 鯨  (埼玉)    Team HRC                       CRF450RW
 6位 #8   星野 裕  (広島)    グリーンクラブ八尾カワサキ& ANNEXCLUB   KX450F
 7位 #331 新井 宏彰(群馬)    Kawasaki Team GREEN               KX450F-SR
 8位 #113 田中 雅己(大阪)    TEAMナカキホンダ                 CRF450R
 9位 #7   深谷 広一(佐賀)    Team SUZUKI                   RM-Z450W
10位 #19  長門 健一(広島)    Team Sakurai with Waki Racing         CRF450R
11位 #44  小島 庸平(三重)    Team SUZUKI                    RM-Z450W
12位 #99  平田 優  (兵庫)    YAMAHA FACTORY RACING TEAM     YZ450FM
13位 #09  小野 千成(東京)    T.E.SPORT.KYB                 CRF450R
14位 #793 池谷 優太(静岡)    SRF TEAM REDZONE             RM-Z450
15位 #20  白石 翔也(北海道)   Y’s Racing                       YZ450F
16位 #89  阿部 公亮(岩手)    Team エム FACTORY               YZ450F
17位 #04  大石 一斗(東京)    グリーンクラブREALRIDE with ピュアテック  KX450F
     #21  中村 泰介(埼玉)    RT MIKURA with ALL-ONE          YZ450FX

※#400 山本 鯨が合計394ポイント獲得でシリーズタイトル獲得。
  2位は#10 小方 誠(390ポイント)
 
順位のついていないライダーは順位外。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
▲画像は2011MFJ-GP チャイルドクロス決勝のスタートシーン

本日、明日と、宮城県村田町にあるスポーツランドSUGOで開催される第55回MFJ-GP 全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦のタイムスケジュールは以下の通り。

■10月21日(土)

  7:00 受付(LMX、JX )
  7:45 受付(IB、ピットクルー)
  8:00 ブリーフィング(LMX、JX)
  8:45 受付(IA、ピットクルー)
  8:50 プラクティス(JX)
  9:05 プラクティス(LMX)
 10:10 ブリーフィング(IB、IA)
 11:10 プラクティス(IB奇数ゼッケン)
 11:20 プラクティス(IB偶数ゼッケン)
 11:50 プラクティス(IA2)
 12:15 プラクティス(IA1)
 12:35  昼休み
   |  
 13:35
 13:35 予選(IBオープン Aクラス)
 13:55 予選(IBオープン Bクラス)
 14:05 予選(IBオープン Cクラス)
 14:35 予選(IA2 Aクラス)
 14:55 予選(IA2 Bクラス)
 15:15 予選(IA1)
 15:40 JMX決勝

■10月22日(日)

  7:15 プラクティス(IB)
  7:35 プラクティス(IA2)
  8:00 プラクティス(IA1)
  8:25 プラクティス(LMX)
  8:45 プラクティス(CX)
  9:20 IBオープン決勝
  9:50 IA2決勝H1
 10:50 IA1決勝H1
 11:50 CX(チャイルドクロス)決勝
 12:10 昼休み
   |   
 13:10 LMX決勝
 13:45 IA2決勝H2
 14:35 IA1決勝H2
 15:40 IBオープン決勝

 ※決勝各ヒート後に暫定表彰式を行う。
 ※各チーム、メーカー、出店者のでのパドックイベントは、それぞれご確認ください。



 

この記事に

開く コメント(2)

白熱の闘いを繰り広げてきた2017全日本モトクロス選手権シリーズも、いよいよ今週末にSUGOでの最終戦を迎える。最終戦に限っては、MFJではインターナショナル格式のレースとして、MFJ-GP(かつては日本グランプリと称した)という別称があり、海外のトップライダーを招聘して国内ライダーと競い合う様子を観客に楽しんでいただこうという趣旨のもと、普段と違うパドックやレースの雰囲気を我々モトクロスファンに提供してくれている。

国内ライダーにとってAMAや世界GPで活躍する海外トップライダーと同じレースで競い合うことは、自分の力を試す機会にもなるため、普段より緊張感が高まる。

そんな全日本最終戦にはAMAよりJeremy Martin(ジェレミー・マーティン)選手が参戦。2015年に初来日し、同じSUGOで素晴らしい走りを披露してくれたのは記憶に新しいが、今回はホンダよりIA2クラスに参戦する。

イメージ 3


また同じIA2クラスにはもう一人、FIMより刺客が参戦予定。
その名はKiara Fontanesi (キアラ・フォンタネージ)。ウィメンズモトクロス世界選手権V5チャンピオンだ。

イメージ 1

ジュニア用マシンで実施されている日本のレディスモトクロス選手権と異なり、世界戦ではフルサイズマシン(4st250cc)が標準。走りのアベレージも高く、世界には男子顔負けのタイムをたたき出す選手も多い。

その中で絶対王者として君臨するキアラ選手の走りが観られ、しかも男子ばかりのIA2で、どのような存在感を示すか興味深い。今回も良い話題を提供してくれるMFJ-GP。明日、明後日はぜひSUGOへ!

■ 第55回MFJ-GP MX大会 全日本MX選手権シリーズ第9戦

  開催日 10月21日(土)・22日(日)


  入場料 自由観戦エリア(2日間通し券) シングル(1名) 4,000円 ペア(2名)7,000円
        トリプル(3名)10,500円 グループ(4名)14,000円 レディース(女性・1名)3,000円
        ※販売期間:〜10月21日(土)
        ※取扱店:ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、セブンイレブン
               ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、イープラス
        
■グッズ付前売り観戦チケット
   各オートバイメーカーのオリジナルグッズの引換券が付いた前売り券。
  取扱店、価格は通常の入場券と同じ。
  グッズの例(カワサキ)
イメージ 2

■問合せ先
 スポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコース
 宮城県柴田郡村田町菅生6-1
 TEL:0224-83-3111

※画像はSOGUホームページより拝借しています。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

6月3日(土)・4日(日)、宮城県村田町にあるスポーツランド菅生インターナショナルモトクロスコースにて
全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦SUGO大会が開催される。

出場する選手とクルーのほとんどが金曜日中に会場入りをして準備に余念の無いところだろう。
予選、決勝とも白熱したレースが展開されることを期待しよう。

決勝日にはファンへ素晴らしいプレゼントがある。

昨年中国大会に初来日を果たしたリッキーカーマイケルが再来日し東日本のファンの前で走りを披露する。

12:25よりチームスズキアドバイザーの熱田孝高とともにRM-Z450でのデモラン、
12:55〜・15:50〜の2回のサイン会を予定している。
※サイン会は事前に整理券を配布。先着制。

スズキ二輪株式会社による今回の企画、2度目とはいえ実に貴重な瞬間だ。
リッキーカーマイケルは、AMAスーパークロス、ナショナルシリーズの元チャンピオンで、
かつては世界最速MXライダーともいわれたスーパースター中のスーパースター。

ゼッケン「4」は彼の偉業を讃えたAMAが、彼専用の生涯ゼッケンとして欠番としているもの。
そんな大スターの雄姿を見るチャンスは今後あるかどうか…

そして引退して久しい元世界GPランキング6位&元全日本チャンピオン、われらが「ヨッシー」こと熱田孝高も
カーマイケルとともにSUGOで走りを披露する。

二大スターの共演を観ることが出来る今回は大変お得感がある。
ファンの方も、そうでない方も是非週末はSUGOへ!

■入場料

 前売(6月3・4日通し)
 シングル(1名) 3,100円  ペア(2名) 5,200円  トリプル(3名) 7,800円  グループ(4名) 10,400円
 レディース(女性・1名) 2,100円

 ※このほかに、グッズ付観戦券前売り販売等あり
 ※駐車料金 4輪1区画 1000円(二日間通し・当日お支払)/ 2輪無料

■問合せ先

 スポーツランドSUGO
 TEL:0224-83-3111 https://www.sportsland-sugo.co.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全192ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事