全体表示

[ リスト ]

現地時間26日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドC(北半球産馬4歳上、南半球産馬3歳上、首G1・AW2000)は、M.デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサが、最後方追走からレース途中で先団に取り付くと、逃げたトランセンドとの叩き合いを1/2馬身差制し優勝した。勝ちタイムは2分05秒94(良)。さらに1/4馬身差の3着にモンテロッソ Monterosso(UAE)が入った。ブエナビスタは後方からレースを進めたが伸びを欠き8着に敗れている。

 今回で16回目となる世界最高峰(1着賞金:約4億8000万円)レース・ドバイワールドCで、日本調教馬の優勝は史上初の快挙。これまでは01年トゥザヴィクトリーの2着が最高だった。過去にホクトベガ、アグネスデジタル、アドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど多くの名馬が挑み敗れていたが、14回目、延べ21頭目の挑戦で悲願を達成した。

 ドバイ国際競走における日本調教馬のG1制覇は、ハーツクライの06年ドバイシーマクラシック、アドマイヤムーンの07年ドバイデューティーフリーに続く3勝目となる。

 鞍上のデムーロ騎手はレース直後のインタビューで「ドバイワールドCを勝つなんて信じられません。日本を愛しています、ありがとう」と涙ながらに語った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ディープインパクトでさえ達成できなかったドバイ制覇。
 この時期に日本馬のワンツーという凄すぎる内容は、日本に勇気を与えてくれる結果だと思います。
 といいつつ、大きなニュースにならなかったのは残念。ま、競馬ファンだけ知ってればいいのかな?
 
 で、今日のG1は久しぶりに買って、こういうときに奇跡が起きたーっで、キンシャサノキセキを軸にしたらしっかりまたキセキが起きました。
 
 そんなこともあって儲けたお金は一部被災地へ寄付。
 もともとあぶく銭。こんなのでよければ少しは現地へ水が届くだろう…。
 
 というのも今日、10件以上回っても水がない。アドバイスされたので自販機探したけど売ってなかった。おとといやっとトイレットペーパー見つけたと思ったら今度は水…。
 ちょっと首都圏パニックかも・・・。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事