ここから本文です
現代日本を独自の視点で考察する

書庫全体表示

東海道線のラッシュは昭和から一向に改善しない

激しいラッシュに見舞われる東海道線。毎朝晩、東京〜平塚間で当たり前の光景だ

 首都圏の代表的「痛勤」路線の1つである東海道線。
 日本最古の鉄道路線でもありながら、その混雑率も日本屈指。なんせ神奈川県平塚市から東京駅までずっと密集地の風景。その間列車は息もできなほどの混雑状態が1時間続くのだ。
 昭和時代から一向に改善しないように見えるこの東海道線のラッシュだが、実はだいそれた工事をせずに、その路線混雑軽減を図る妙案が存在することはご存じだろうか。
 それは東海道線・京浜東北線・横須賀線の3線の線路を切り替えることである。

横浜以西の東海道線全列車を「貨物線」に走らせる

朝晩のみの通勤ライナー専用ホーム。茅ヶ崎駅と藤沢駅にある

 第一に、東海道線をラッシュの激しい通勤区間の終点である平塚駅まで全列車貨物線を走らせるようにする。
 どういうことかというと、東海道は旅客線と貨物線の複々線構造になっていて、貨物線は藤沢駅と茅ヶ崎駅に通勤ライナー専用ホームがある。ここを本線にしてしまうのである。全列車ライナー化である。
 貨物に関しては、今は鉄道ではなく陸路が主流の時代だ。神奈川県内の場合は圏央道が開通するなどして利便性は向上しているので、鉄道輸送の需要はかなり減っている。東海道線から貨物列車の通過本数を減らし、陸送などに切り替えれば、これは可能だ。
 これを行うことで横浜以西の停車駅は藤沢・茅ヶ崎・平塚となり、途中の戸塚・大船・辻堂駅は全列車通過となる。湘南の東海道線利用者の大半はどうせみな横浜駅に出るか都内方面に出るために乗っているのでこれらの駅は停車しなくて構わないし、スピードアップを図ることができるならそれでいいのである。
 切り捨てられてしまった戸塚・大船・辻堂駅の利用者はどうすればいいか?それはちゃんと後述するのでひとまず安心してほしい。

横須賀線を東海道線の線路に走らせる

横須賀線の線路は実は1980年まで東海道線と併用していたもの

 で、浮いた東海道線の大船までの線路に横須賀線を移す。
 つまり横須賀線の停車駅は横浜・戸塚・大船となり、途中にある東戸塚・保土ヶ谷は通過扱いになる。これも非現実的な話ではない。すでに存在している走る線路をずらせばいいだけのことだ。
 もともと横須賀線と東海道線は同じ線路を走っていた。戦前には東海道線列車も保土ヶ谷駅に停まったりしていたという。1980年に「SM分離」によって旧貨物線を旅客用に転じることで、2路線は別々の線路を並走することになった。その経緯を考えれば、東海道線を現貨物線に移し、横須賀線を東海道線にもっていくというのは発展的改良策として不自然ではないことだ。
 ちなみにこれを行えば横須賀線の速度向上が実現できる。京急との競合も発生し、横須賀市民にとっては大きなメリットになる。

京浜東北線を平塚延伸し、横浜線を根岸線直通とする

横浜以北は終点大宮まで上野東京ラインとよりそう京浜東北線

 そして、最終的にやるのは京浜東北線の東海道緩行線化である。
 すでに東京駅〜横浜駅間は東海道線とべったり並走している。上野東京ラインがスタートして以降は、終点の大宮まで一貫して快速線と緩行線の並走構造が成立した。
 京浜東北線は現在根岸線直通となっているが、これをすべて「旧東海道・横須賀線直通」にする。つまり終着駅は平塚とし、横浜から先は保土ヶ谷・東戸塚・戸塚・大船・藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚と停まるようにする。平塚駅は2面4線構造なのでそれをそのまま流用すれば折り返し運転は可能だ。

 では京浜東北線と切られた根岸線はどうするのかと言うと、それは横浜線直通とするといい。長年の課題だった東神奈川停まり問題を解消させる。新横浜駅の新幹線利用者・大規模なスポーツやイベントの参加者が横浜駅まで直通できるようになるし、観光客はみなとみらいや中華街方面までそのまま行ける。インバウンドの促進にもいい。 

関西の東海道線が快適な理由を見習え!

コモンズより。関西の東海道線は快速線と各駅停車で分離運転している

 参考にしたのは関西の東海道線だ。
 上野東京ラインが始まるはるか前から直通をやっていて、関東の総武線のように、快速線と緩行線を並走させている。快速線を走る「新快速」はとにかく便利で、湘南新宿ライン特別快速を凌駕する速さで膨大な距離を結ぶ。

 関東の東海道線がなぜ不便なのかというと、それは基本的には中電であるにもかかわらず、湘南区間では各駅停車の役割を担わされているからだ。快速アクティは戸塚にも停まるようになったし、通過してもいいような川崎・新橋も停まってしまうので全然早い気がしない。結果、乗客が入り乱れてしまう。逆に辻堂からちょっと近くの東戸塚に行くには快速をやり過ごして普通列車に乗ってもわざわざ戸塚で乗り換えなきゃならず、これも不便だ。

 キャパシティを増やすという混雑解決策よりも分乗をすることの方がいい。それが徹底されている関西の東海道線は関東に比べるとピーク時の混雑も全然快適なのである。
 分乗を促進しなければ、混雑はひどくなるばかりだ。とくに湘南新宿ライン開始以降、都心方面の列車の選択肢は以前より増えているのになぜ混むのかと言うと、直通の利便性に惹かれて沿線人口が増えてしまうためだ。ならば分散が必要である。

 関西でできていることが関東でできないわけがない。JR東日本はぜひ私のこのプランを真剣に考えてほしい。



 



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事