ここから本文です
壁、壁、壁の日々
(社)日本山岳ガイド協会 山岳ガイド お問い合わせ alpinterior@yahoo.co.jp

盾 旗振山


よくよく考えると、これから登りたいクラックボルダーの数々

釣り師のルーフ 3−4段
ザ・ゲーム・オブ・デス 3段
寒椿 2段
雄鹿 SD2段

などなどは、そもそもジャムテク+フェイス能力も問われる課題。

なのでこの冬はフェイス能力を重点的に強化していく方針を打ち出したワタクシ。

まずは近場の課題。

旗振山の「盾 1級」を登ってまいりました。

これはなかなかに面白かった!!北山や笠置にあっても全然人気課題だと思いますよ!!

イメージ 1

次なるターゲットこの課題。

竜王山の「竜王 2段」です。とにかく近所で、1時間の空きがあればいけます。

情報がまったくないのも楽しいですね。




この記事に


登り初め動画。

前回、マントル直前まで迫っておったダニー先輩はこの日、要所のムーブを確認して一発でコンプリート!

マントル返してからの抜けもなかなかにハイボールで、テープで鬱血した腕には容易ではなかったです。

(動画ではわたしが登りきるところは映ってませんが、その後のトライで登りました)

とにかくビッグダニー師匠のここぞというときの集中力の高さと、エゲツないほどの爆発力・・・これほどのプレーヤーと一緒に遊ばせてもらっていることは、ほんまにありがたいし学ぶところが多すぎます。

わたしにとっては、キン肉マングレートのような存在であります。

クラックボルダーは、どの課題でも登る人の手の大きさ、骨格とかでムーブが変わるんで、ヒトのムーブを真似ることができず、自分で考えるしかないというのが一番面白いところです。

この動画でも、体格がほぼ同じのダニーさんと私ですら、登り方はまるで違います。

筋肉よりは骨の使い方。

まさにコツ(=骨)

奥が深すぎる・・・・。まだまだ私ですら入門者に過ぎません。



この記事に

イメージ 1

  新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

 正月休みでデブった身体で、ダニーさんと共に日の岬へ突入!

 お目当ての「ヤンガー・ザン・イエスタデイ 1Q」

 核心のフェイスに突入すること4回目。

 なんとか、かろうじて、死ぬ思いで登ってまいりました・・・笑 

 今まで登ったクラックボルダーで一番面白く、また自分にとっては得意系ではない部分を知恵で乗り切ったという面で、最高の一発でした。

 2018年最高のスタートをきれました。
 
 

この記事に

イメージ 1

 また素晴らしい1年が無事終わりました。

 今年一番心に残ったニュースは、長州力の再婚。

 個人的な流行語大賞は「シバキ」(20年連続受賞)

 一番美味しかった食べ物は、オクガケツアー5日目、行仙の宿で食べたレトルトカレー。

 一番思い出に残った瞬間は多すぎて言えませんが、しいてあげるなら、国東半島での数日か、美しくも困難だったクラック達のどれか。

 その瞬間瞬間の記憶が、また来年の素晴らしい瞬間への動力となってくれるのでしょー。

 また来年もガンバロー。

 写真は尾鷲・馬越峠の小滝。


 

この記事に

イメージ 1

 待ちに待った尾鷲ツアー。

 ダニー先輩と共に、収穫の多すぎるトリップでした。

 まずは写真の「釣り師テラスのルーフクラック 3・4段」

 日本離れした水平の張出7mのルーフ。

イメージ 7

 このような課題を生み出してくれた地球に感謝・・・・笑

 20年来のプロジェクトで今年初登され、まだ推定3登しか出ていないという・・・

 もちろん登れはしなかったが、ブランクセクションの1mほどのムーブ以外はわりとアッサリとこなすことが出来た。

 たぶんこれからの数年はこの課題と共に生きていくことになりそう。

イメージ 2

  そして昨年からトライしていたスキマ・ワイドのプロジェクト

 「オットセイ 1級」としてダニーさんが初登!!

 既存課題「鮫肌」の裏のスキマにあるワイド。

イメージ 3

 そしてこちらもプロジェクトだった、既存エリアの「コアラ」「マンタ」のある広場から30mほど戻ったところにあるスキマ・ルーフ。

 ダニーさん設定で、弟子であるワタクシが初登。

 「ワンエイティー 推定1〜2級」と命名。

 ほぼ全手ブラインド・ジャム(こんな言葉あり?)のトリッキーな課題。

イメージ 4

 フェイスもちょっと触りましたが、ボチボチ・・・。

 フェイス能力も上げていかないと、もっと先へ行けないぞ!

イメージ 5

 楯ヶ岬も20年ぶり2度目の訪問。

 好きなボルダリングエリアはこの三重・楯ヶ崎と岡山・王子ヶ岳ですね。

イメージ 6

 とにかく、いつまたこの釣り師テラスに戻れるのか・・・・

 それしか考えられない単細胞なワタクシであります・・・・
 

 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事