ここから本文です
壁、壁、壁の日々
(社)日本山岳ガイド協会 山岳ガイド お問い合わせ alpinterior@yahoo.co.jp

年内の予定

イメージ 1

クライミングベストシーズンですね!

わたくしもプライベートでは、名張いきまくりでございます。

アトラストレック主催の年内のクライミングの予定です。

11月28日 19:00〜机上講座@梅田グランフロントマウントラボ 予約不要

11月17日宝塚・蓬莱峡の岩場
11月25日裏六甲・烏帽子岩
12月08日大津・千石岩
12月16日姫路・御着の岩場

ご予約・お問い合わせ shimizu@atlastrek.co.jp

あと11月3日、芦屋スカイハイ主催のドーンウォール上映会ありますよ!

どうやらクライミング映画史上、最高クラスの内容らしいです・・・。

先日「メルー」観ましたが、これもかなりよかったですけどね。








この記事に

イメージ 1


 山と渓谷社の雑誌「トレイルラン」は18日発売でーす。

 わたくしは後ろのほうのページ「ウルトラトレイルジャパン」で登場させていただいてます。

 今回は記念すべき第9回ということで、昨秋に長州藩士カツラカブロウ氏と撮影に行った、名作、萩往還をブッコンでいきましたよ。

 この旅以来、「長州かぶれ」がおさまらないんですよね・・・・汗

 まーロボコップを観た翌日はカクカク歩き、あぶないデカを観た翌日は「舘走り」をマネしてしまう我々ですから、それも無理ないんですがね。

 なんだか毎回毎回、忘れ得ぬすばらしい旅が出来てるんで、ほんとうにこの企画をさせてもらっていてありがたいのですが、企画存続のためにもどうぞ一冊お買い上げくださいませー。

 よろしくおねがいしますー



この記事に

イメージ 1


今年もあります!11月18日、パタゴニア京都店のトレランイベント「秋の京都トレイルランニング殺人事件」です!そう私がランニング界の船越栄一郎こと、新名健太郎です。

(正しくは、午前・スライドショー&午後・大文字山ファンランのイベント)

午前のスライド&トークショーは、雑誌「トレイルラン」で連載中のウルトラトレイルジャパンを通じて知った面白いことなどを中心にお話させていただきます。

「ウルトラトレイルジャパン」は、山脈全山縦走モノでその山脈の成り立ちに興味を持ったり、歴史古道モノで昔の人々の苦労を偲んだりする、いわばウルトラランニングとブラタモリをミックスしたような遊び方なんです。

この旅のスタイルって、完走しても誰からも賞賛されないんですけど、まるでシジミ汁を飲んだ時のように、ジワーッと深く染み入るような感動があって、いつも忘れがたい思い出になるんですよね。

まーその為にはまずは100kmは当たり前に走れるテクが必要なんですが、それも昔の日本人なら当たり前の朝飯前ってなもんで、それもたった100年前かそこらの話なんですよ。

この連載では、たとえば扇沢〜八峰キレット〜不帰キレット〜栂海新道〜日本海は1日で走破してるんですけど、それは凄いことでもなんでもなくて、「きょうび」の進化した装備や補給を考えたらそれくらい当たり前にやって、昔の人と同じ苦労、って思うんです。

今回は大分の修験道・国東半島峯道や駿河と甲府を結ぶ中道往還、そして長州藩の参勤交代の道、萩往還などの話を中心に話をさせていただこうと思います。

あ、詳しいネタはご参加いただいた方にのみお話しますんで、超初心者から達人までぜひぜひご参加ください。

午後からはショップから大文字山を目指して走ります。15kくらい?少なくとも紅葉ばっちりな秋の京都を走れるってだけで、損はしません!!(笑)

お申し込みはパタゴニア京都店FBページへどうぞよろしくお願いします。

この記事に

延期でーす

イメージ 1

まっこと残念ながら、「東吉野トレイルラン2018」は台風のために中止になりました・・・

しかしそれでは終わらないぞ!

11月23、24日にさらに内容をパワーアップして開催決定!

今回お申込みいただいた分は一度キャンセル扱い&ご返金になるそうなので、またお手数ですがお申込みくださいね。

詳しくは東吉野地域おこし協力隊FBページにて。



この記事に

イメージ 1

 かつて所属してたGP会のレジェンドメンバーたちと、20年ぶりに瑞牆山クラック三昧ツアーに行ってました。

 よく考えたら、この先輩たちの影響で、わたしの登山観はできているなー、とつくづく思い知らされました・・・

 
 



イメージ 2


 ワイドクラック三昧、キノコ三昧・・・・

 かくもシンプルなもので、人生は最高なものになるっつー、当たり前の事実。
 
 野球でオモシロいのは、高校野球でもプロ野球でもなく、草野球だ、とも言われるように、ほとんどの大きな夢を諦めた、なんの価値もプライドもないオッサンである我々が、もしかしたら一番クライミングを楽しめる環境にいるのかなぁ、なんてことも思ったりしたワケであります・・・ちゃんちゃん。

 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事