ここから本文です
GARDEN ISLAND
皇紀 2677年

気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ


「森友学園潰し」には核心の部分がある。
 
森友学園に関する連日の報道や国会での追及は、土地がどうだ、とか、安倍総理夫人がどうだ、とか、本来どうでもいいようなことばかりがクローズアップされている。しかし、核心部分はクローズアップされないからわかりにくいのだ。
 
その前に、森友学園を潰したい連中のやっていることを暴いておきたい。
 
まず、すでに報道されているが、小学校の工事現場で「ごみ処理に関わった土木業の男性」が取材に応じて「敷地内に穴を掘り、生活ゴミの混じった土を埋めた」と証言しているが、これは嘘である。
 
それ以前に、工事会社の社長は、「この男は現場に3日しか来ていない下請の人間で、非常に態度が悪い人間だった」という。現場に3日しかいない、現場のわからない人間が、なぜか毎日の取材に応じてしゃべっているのだ。
 
不自然であろう。これでは妨害のための活動家と思われてもやむを得まい。
 
またNHKに対して「籠池泰典」という名前で「土壌の中に埋めた」というメールが届いているという。籠池理事長はそのようなメールは送っていないと言っており、それ以前にメールをしない方です。これは調べれば相手が特定できるかもしれないが、こう言うことをやって来るのだ。
 
そういう中で、今、森友学園にとって一番重要なことは大阪府私学審議会の「認可」なのである。認可が下りなければ学校の開校が出来ない。そうなれば塚本幼稚園も窮地に陥るのだ。
 
何より4月から入学する子供達も路頭に迷うことになる。国会でやたらと追及している民進党議員は、普段は「保育が」「子供達が」と言っているが、今回は子供の「子」の字も言わない。
 
「認可」を与えずに「塚本幼稚園」や「瑞穂の國記念小學院」を葬り去るのが彼らの目的である。
 
その本丸が、何と、「認可」を与える「大阪府私学審議会」なのだ

イメージ
 
実は222日の私学審議会の臨時会で「瑞穂の國記念小學院」に認可が下りるはずだった。しかし民進党の辻元や玉木が国会をさぼって乗り込んで妨害した。
 
私学審議会は非公開なのになぜか民進党の国会議員がやってきた。これは審議会の委員の中にそれを漏らした人間がいた、ということだ。
 
誰か?
 
その私学審議会の委員の中に森友学園を「必ず潰してやる」と言った人間がいる。「認可」する立場の委員が「潰す」と言ったのだ。驚きだ。

大阪府私学審議会の委員名簿は下記を開いて「審議会委員名簿」をご覧ください。
 
大阪府豊中市に安家(あけ)周一の「あけぼの幼稚園」がある。元審議会委員の安家は他の幼稚園を乗っ取り事業を拡大しているという噂がある。塚本幼稚園も狙われているのかもしれない。
 
この「あけぼの幼稚園」は園児に「いただきます」と言わせない教育方針の幼稚園だ。塚本幼稚園とは真逆である。
 
特に安家氏は民進党の辻元清美とも親しいのは周知だという。「大阪府私立幼稚園連盟」の集まりが自民党系から、今ではすっかり社民党の左翼系になっているのは元理事長だった安家や現理事長の安達譲の影響ともいわれている。
 
そして、ここに認可を妨害したい左翼の豊中市市議会議員の木村真がつながってくる。木村は森友学園の土地を専門で問題化している人間だ。
 
平成27年、大阪府に出来た7か所の保育所のオーナーは北朝鮮の資本であるといわれている。
 
つまり朝鮮人にはどんどん認可しても、教育勅語を教え、日本の伝統文化を教える学校は認可しない、どころか「必ず潰してやる」というのが大阪なのだ。
 
「瑞穂の國記念小學院」を潰したい人間が「認可」を与える私学審議会の中にいるのだ。
 
安家周一(元委員)、安達譲、石田和幸、辰巳正信など、いずれも大阪府私立幼稚園連盟だ。
 
私学審議会の会長である梶田叡一は「反対する人がいる」と臨時会を開く時に言っている。
 
私学審議会の左翼委員、左翼国会議員、毎日・朝日の反日マスコミ、在日、木村真のような左翼活動家らが一つになって森友学園を潰しにかかっている構図が見える。
 
森友学園に認可が出ないと「瑞穂の國記念小學院」と同時に「塚本幼稚園」も消えてしまうかもしれない。
 
今までも正しいことをやると必ず潰されてきた日本。
 
ご皇室を尊崇し、教育勅語を教え、愛国心を教え、日本の伝統文化を教える教育をこのまま失っていいのか。
 
森友学園には大阪府私学審議会の「認可」が必要なのだ。
 
いつまでも反日左翼や在日の好きにさせてはいけない。今も大阪府や松井知事に大量の「認可するな」のメールが届いているという。
ぜひ、我々も大阪府に「認可」が下りるように、大きな声を上げようではないか。よろしくお願いします。
 
大阪府へ意見メール
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
森友学園を守ろう、と思った方はここをポチッとお願いします。

イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

この記事に

開くトラックバック(0)

2017年が皆様にとりまして  素晴らしい1年で
ありますように。

イメージ 1
 日本画、琳派   
初めの一歩

この記事に

ナナカマド?

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
散歩途中 見つけた綺麗な紅葉

これって、七竈なんですかね?

この記事に

開くトラックバック(0)

オリーブの収穫


イメージ 1
イメージ 2

収穫という程の量ではないのですが、

15年程育てたオリーブ木から

採れた実を塩に漬け込みました。

オリーブって、アクを抜かないとかなり渋くて食べられないのですが、

一般の方法は苛性ソーダに漬けるみたいです。でも

劇薬は使いたくないので、去年 見よう見まねの塩漬けしてからの塩抜方法が成功

だったので今年もこれで上手くいくと思います。

しかし、

気の長いやり方です^ ^

この塩の入ったビンは何だっけ?て(ラベルくらい書いとけよ〜)

忘れた頃に

出来上がりです。







この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1

ヘッダーの写真は、ついこの前、8月7日の姿。
元気そう…

ついこの前まで、こうしてキリッとした顔で元気でいたのに

9月11日には急に具合が悪くなってしまいました。

腎不全を患っていたので発作には注意してきたけど

便秘と下痢、熱という予想外の病から多臓器不全へ。

上の写真が12日の点滴診察の後ですが、最初は

ちゃんと歩けたし、おしっこも定位置で

出来たし、ボケも進行していない。

こうして前半は必ず、復活出来ると信じてたのに、最後は多臓器不全で

水を飲み込むのもやっとの寝たきりになり、呼吸が苦しくなり

治療の甲斐なく息を引き取りました。

元々患ってギリギリで保っているところが、多分、何かの

きっかけで悪化したとの事でした。  高齢ゆえ、薬に作用される腎不全では

造影剤を使うCTは出来ないので、本当は1番何処がどれ程患っていたのか、

今となっては不明ですが、良くここまで長生きし、頑張ってくれました。

9月21日 昼の2時に 永眠。

16歳と9ヶ月。

大好きな次男の腕の中で旅立ちました。



淋しいです。

モコモコのいい匂いのするノエルの背中に頬ずりしたくても

もう出来ないのが苦しくて寂しくてどうしようもありません。



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事