GARDEN ISLAND

安倍総理大臣支持。青山繁晴さん、和田政宗さんが大好き。

新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢…

加計学園 行政は歪められたのか(上) 2017.7.17 01:00
http://www.sankei.com/smp/premium/news/170717/prm1707170008-s1.html

 「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」
<< 下に続く >>

 平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂は衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長の北村直人と、公益社団法人「日本獣医師会」会長で自民党福岡県連会長の蔵内勇夫の2人。石破の言葉に、北村は安堵の表情を浮かべながらも「まだまだ油断できないぞ」と自分に言い聞かせた。
 石破の言った「文言」とは、会談に先立つ6月30日、安倍晋三内閣が閣議決定した「日本再興戦略」に盛り込まれた獣医学部新設に関わる4条件を指す。
 具体的には(1)現在の提案主体による既存の獣医師養成でない構想が具体化(2)ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における具体的な需要が明らか(3)既存の大学・学部では対応が困難な場合(4)近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討−の4つ。要するに、新たな分野のニーズがある▽既存の大学で対応できない▽教授陣・施設が充実している▽獣医師の需給バランスに悪影響を与えない−という内容だ。
 このいわゆる「石破4条件」により獣医学部新設は極めて困難となった。獣医師の質の低下などを理由に獣医学部新設に猛反対してきた獣医師会にとっては「満額回答」だといえる。北村は獣医師会の会議で「(4条件という)大きな壁を作ってもらった」と胸を張った。
   × × ×
 愛媛県と今治市が学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部誘致を計画したのは平成19年に遡る。相次ぐ家畜伝染病に悩まされ、「獣医師が足りない」という畜産農家の切なる声を受けての動きだった。
 だが、構造改革特区に何度申請しても却下された。ようやく構想が動き出したのは、21年9月に民主党の鳩山由紀夫が首相となった後だった。
 民主党愛媛県連副代表で衆院議員の白石洋一は、民主党幹事長室で「今治市に獣医学部の枠を取れないか」と陳情した。幹事長の小沢一郎は自民党から業界団体をいかに引きはがすかに腐心していた。資金力のある獣医師会を揺さぶるにはちょうどよい案件に映ったのだろう。22年3月に特区申請は「対応不可」から「実現に向けて検討」に格上げされた。
 慌てた獣医師会は、民主党衆院議員、城島光力と接触し、城島を会長とする「民主党獣医師問題議員連盟」を発足させた。22年7月の参院選では、民主党の比例代表の候補1人を推薦した。民主党議員に対する政治献金もこの時期に急激に増えている。
 ところが、その後の民主党政権の混乱により、またも構想は放置された。それがようやく動き出したのは24年12月、自民党総裁の安倍晋三が首相に返り咲いてからだった。
   × × ×
 安倍は25年12月、「岩盤規制をドリルで破る」というスローガンを打ち出し、構造改革特区を国家戦略特区に衣替えした。27年6月、愛媛県と今治市が16回目の申請をすると、国家戦略特区ワーキンググループ(WG)が実現に向け一気に動き出した。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

https://youtu.be/dgf4eakGS6A

【みんな、この動画をじっくり見るんだ!見終わって感動したら全力で拡散するんだ!】見ればその理由が分かるはず。youtu.be/dgf4eakGS6A 【前川喜平参考人招致】神回 青山繁晴&加戸さん(元愛媛県知事)前川をフルボッコ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1




この映像が今頃出てきました。


小池さんの握手を拒否してるかのような映像が連日流れて

酷いじゃないの。おっさん!
私たちの脳裏に残りました。

これ、どうして自民党はその時に 反論なりしなかったの!?


大衆、世論、特に女性は敏感に反応しましたよ。

TBSはじめ TV局の詐欺と言わんばかり偏向報道は 日本を混乱させ

国民は操ってます。


気をつけてはいても、こうして騙されました。


小池さん虐めしてるーようなあの映像で、何万票が都ファに入ったか?

かなりだと思います。


自民党の広報は、もっと対策に本腰いれて欲しいです。






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

北海道民   しっかり頼みます。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんなメチャクチャな選挙ありかよ(都議選結果を受けて)

2017年07月03日 11:30
ども宇佐美です。
さて都議選が終わりましたが、結果はみなさんご存知の通り、都民ファーストの会の大勝、自民党の大敗、公明党の議席保持、共産党の躍進、その他政党の埋没、という結果となりました。私のこの選挙結果を受けての第一印象は「こんなメチャクチャな選挙ありかよ」というものでした。
小池知事は築地市場移転や環状2号線開通の時期/手法、オリンピック期間中の宿泊施設や展示会施設の不足、大会終了後の施設利用、すでに顕在化しつつある介護施設不足、など都政の重要政策に関してなんら具体策を示さず、「築地は守る、豊洲は生かす」、に代表されるような抽象的かつ八方美人な美辞麗句のみを並べて、「東京大改革」、という中身のないイメージを掲げて勝負したわけです。別に従来から選挙において政策はそれほど重要とされていないわけですが、それにしてもこれほど政策論争が無い選挙というのは稀有でしょう。
普通ならばこうした知事のあいまいかつ八方美人な姿勢を批判する役割を持つはずのメディアは、都政とは関係ない加計学園問題や豊田議員のパワハラ問題で自民党に猛烈なネガティブキャンペーンをかけるという展開で、「自民党にお灸をすえる」というムードを作り出しました。
そして都議会選挙が終わったら「安倍一強の終わり」という報道をするわけです。
都政の課題はどこにいったんでしょうか?????
理想論がすぎるのかもしれませんが、私は本来法令の特例措置を受けているような大手メディアは、今回の選挙にあたって「国政は国政、都政は都政。都議会議員選挙は東京の未来の課題を都民が知り、誰に未来を委ねるか判断する場です」という報道スタンスをとるべきだったのではないかと思います。それがタブロイド紙と一緒になって、違法性も何もない問題をひたすらに追求し続けるというのは異常なように思えました。これでは政治家が真面目に良き政策を考えるのもバカバカしくなるというものでしょう。
「テレビもビジネスだから視聴率目当てで過激な報道をしても仕方ない」という主張もあると思いますが、それならばテレビ局は「公共の福祉」の名の下に既得権益化している電波を解放して、周波数オークションにかけるべきなのではないでしょうか。
私個人としては都政に大きな不満はなく、望んでいたことは
築地の移転問題を円滑に解決して、環状2号線を開通させて、オリンピックを混乱なく開催し、その後の施設利用計画もきちんと立てて経済が反動で落ち込まないようにする
というある意味で当たり前のこと(だからこそハードルが高い?)でありましたが、それが全く議論されず都議選が終わったことは極めて遺憾です。
ただ残念ながらおそらく今回見られたような、国政と都政を一体視してスキャンダラスに取りあげるマスコミ(特にワイドショー)の報道姿勢というものは今後とも変わることはないでしょう。他方で、2009年の民主党政権誕生時も感じたことですが、ネット論壇というのは諸論点についてまともな議論がなされていたように思いました。しかしながら、そこから情報を得ている人というのは所詮”超”少数派で大勢に影響をあたえるものではないのでしょう。20年後くらいになると多少は状況は変わるのかもしれませんが。
かくして私は今回の都議選の”構造”とそれを演出してメディアのあり方に大いに失望したわけですが、それは私が単に世間知らずなだけでマキャベリあたりが生きていたら「あたりめーだろ、政治なんてそんなもん」と笑われるような話なのかもしれません。
いずれにしろ一般論としては「政治は国民を映す鏡」と言いますから、政治の世界が異常というわけではなく、現代という時代がこういう時代で、私がそれに馴染めていないということなのでしょう。だからこそ場末でフリーランスなぞやっているわけで。
そんなわけで政治に対する認識を改めるべくマキャベリでも読んでみようと思います。なおかつて私に官僚を志すきっかけを与えたのはロックやルソーやモンテスキューやマックスヴェーバーの著作でしてこの時に読む本を間違えたのかもしれませんね(笑)
ではでは今回はこの辺で。

このブログは「宇佐美典也のblog」2017年7月3日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は宇佐美典也のblogをご覧ください。

ーーーーーー
特に高齢のちゃんと選挙には行く人たち。そういう人たちは
TV、NHK、新聞を丸ごと信じてるからね。メディア次第で簡単に操作されてしまう。
ネット時代とはいえ…
都民とは10年ごとに入れ替わるから、支持党までコロコロ変わる。
と言ったコメンテーターが居た。
ああ、そうかも。地方に比べ、無党派層が多いのはそのせいかな?
ネットを見てる若者も、1人暮らすのが手一杯、人生楽しけりゃ良いという
政治情報難民も多勢いるでしょうし。
親と暮らしてる時は少なからず、煩いと思いつつ影響も受けるでしょうし。
都民は空気に流され易く、時の風(マスコミにより吹かせた風)に
簡単に乗り易いですね。😰

そうそう、小池百合子さん、都ファの代表、降りたんですね。
誰?この人?と思う新人まで当選したのは、小池百合子さんに投票したつもりの人が
大勢いたから。
今頃 ヒ?と思うご婦人も居るでしょね。
でも、また横文字並べて長々聞こえの良い話で誤魔化されて納得しちゃうでしょう。
戦略家ですね。小池百合子さん。
初の女性総理になる目標の為、これから何だってやるはず
(追記)
安倍さんは 総裁選では、石破推しした議員。小池百合子さんの事は、あまり好きじゃ無いと思ってますが
小池百合子さんも、百合子ファーストの為、人生の目標の為、かなりしたたかなら
安倍総理はもっと凄い。
第一次安倍内閣では潰され地獄を味わっても、戦後レジーム脱却、悲願の
憲法改正、拉致被害者を奪還する為復活成をなし遂げた訳ですし、
安倍さんもこそ命がけで何だってやるはずです。
安倍さんと、小池百合子さん。小泉、山崎さんと共に料亭であった時 、何かがあったみたいです
し、今回のトイチ大勝のお手並み拝見させられた自民党は  あの夜の小指の握手(約束)(意味ありげ〜笑)
の通り、何かあるかもね。  政治家は皆、したたかに昨日の敵は今日の友。

でもな〜〜。今の気持ちは やはり初の女性総理が
❌🙅小池さんでは絶対🙅❌嫌なんだけど、、、


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事