ここから本文です
ウッドホーンのマルチシステムを構築しています。アクセス243000超えありがとうございます。

書庫Speaker system

すべて表示

思うところがあって、涼しくなった今日、ユニットとクロス周波数を少々変更して試してみた。 先に結果を記すると、一部わずかな変更をしたが、ユニットは昨日までのものが、一番良いという結果となった。 昨年(2016年)2月まで、Low帯域としてウーファーのPARC DCU-171ppを使用していたのだが、それ以降はミッドウーファーのDIATONE PM-2586BMに変えて使用してきた。 DCU-171ppは、口径こそ17cmと小型だが、本格的なウーファーである。 これの導入は2013年末だったが、当時は、ミッド帯域にRadian 760NEO-PBを採用していた。 この帯域に使用していた40cmホーンは、カットオフが290Hzということだったが、760NEOのレスポンスは500〜20KHzで、しかし特性図を見すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 4way化とAmp

    2015/2/15(日) 午後 3:56

    SPの構成を変更するのにあたり、これらを繋ぐインターケーブルと駆動パワーアンプも検討してみた。 プリアンプ-チャンデバ間は、VITAL VAM-265(5m)を2008年3月から使用。この5mのは、他にBerden 8412と9 ...すべて表示すべて表示

  • 改良した窪田式アンプ

    2013/10/7(月) 午前 0:40

    先月入手した窪田式モノラルパワーアンプは、快調に良い音で作動していて、とても気に入っていた。 ただ、気になったことが2つ。 一つは、筐体の高さが185mmあって、足の厚みを含めると187mmほどあったこと。 自作して ...すべて表示すべて表示

  • 窪田式反転増幅型MOS-FETアンプ

    2013/9/22(日) 午後 9:24

    今月初めヤフオクをウオッチしていたら、窪田式反転増幅型MOS-FETアンプを自作して出品されている方を見つけた。 窪田式のアンプは、以前より気になっていたが自分で作る自信も技量もない。かといってヤフオクのようなサイトに出品される自作 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事