もっちの徒然なるままに・・・

全身そこはかとなく筋肉痛です・・・。

全体表示

[ リスト ]

わたしにとっての初黒澤作品です。

三船敏郎のあの渋さにはほんとびびりました。
画面に出るだけで、一言発言するだけで重みが全然違う。
日本にこんな役者がいたんだんなあと感心させられました。
加山雄三の若さにもかなりびっくりしましたけど。
(一瞬誰これ?ってな感じに男前)
佐八役の山崎努や、おとよ、長坊、六助、炊事場のおばちゃんたち。
出てる人みんないい味出してるんだ、これが。

モノクロならではの光と影の使い方や、
佐八の回想シーンの風鈴の音の使い方。
BGMが風鈴の音だけなんて・・・。
切なさがにじみ出てくるようでした。
昔の映画は堅苦しくて飽きてしまうんではないかと思ってましたが、
ところどころに笑いがあったり泣きがあったり
かなり長い作品ですが飽きずに最後まで見ることができました。
こういう作品はもっと見るべきだなあと思いましたよ。

次は七人の侍かなー。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

おはよ〜^^渋いですね^^邦画は好きですよ、でも昔のは苦手かな? ローレライよかったです。(⌒∇⌒)

2005/4/3(日) 午前 8:27 かつみ 返信する

こんな渋いのはわたしも初めてみました。(笑) ローレライ見たいです!でも近くの映画館はまだ入ってないんです・・・。 田舎ですから・・・。

2005/4/3(日) 午後 10:51 [ als**oemer*a*9 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。 大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。 三船敏郎さんが出ている昔の広告もとりあげています。 よかったら、寄ってみてください。 http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

2007/2/4(日) 午後 3:27 [ kemukemu ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事