オルタナティブを考えるブログ

タイトルも新たに、1年ぶりですが、まずは過去の記事を整理しなきゃ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


政府紙幣や国際金融資本家にまつわる陰謀説として、

ケネディー大統領暗殺は、財務省に40億ドル以上の政府紙幣を印刷させようとしたために暗殺された。

と言うものがある。

ケネディーが発行した政府紙幣の上の方には”United States Note(政府券)”という文字が見て取れる。発行されたのは主に2ドル札と5ドル札が中心だったようだが、暗殺後”すみやかに回収された・・・ということになっている

United States Note5ドル札紙幣
イメージ 2


United States Note5ドル札紙幣の拡大(あんまり意味無いかな・・・)
イメージ 3


United States Note2ドル札紙幣
http://www.marketoracle.co.uk/images/Kennedy2Dollar.jpg


これは、大統領令11110号(Executive Order 11110)にケネディー大統領が署名したために、金融資本家達が通貨コントロールによる権益を失うので、暗殺したというものです。ケネディー大統領は、景気対策として財政投資を進めようとしたのですが、FRBに資金の供給を絶たれたというものです。


国際金融資本家による陰謀説の大御所といってもよいエドワード・グリフィン著の『マネーを生みだす怪物』にも、ケネディー大統領暗殺と政府紙幣に関する言及があった。
この本は星の数ほどある国際金融資本家の陰謀を描いた書籍の中では、最高傑作の部類に入るだろう。GoogleVideoやYouTubeで紹介されている国際金融資本家に関する暴露的なビデオは殆ど彼の『マネーを生みだす怪物』に基いていると言っていいだろう。この本の内容と質の高さに比べると、他の金融資本家陰謀説やロスチャイルド関連の暴露本が薄っぺらい広告チラシのように思える。

連邦準備制度を壮大な詐欺システムとして、膨大な資料に裏付けとして様々なエピソードを紹介してるわけだが、ケネディーの暗殺に関わる国際金融資本家の関与については否定的だ。その700ページにものぼる超大作の“あとがき”のように述べられている。

まぁ、だからと言って彼の発言を額面どおりに受け取る必要も無いが、ケネディーと政府紙幣、国際金融資本の陰謀について、ほとんど反対の立場から述べられているものがないのでいくつか言及していきたい。


まずは大統領令11110号(Executive Order 11110)がどのようなものであったのかを反ロスチャイルド同盟の資料より抜粋した。

大統領行政命令 第11110号

大統領行政命令第10289修正案、財務省に影響のある、一定の機能の履行に関する修正
私に与えられた権限によって、合衆国条例3項301条について、以下の通り命令する。
第一条 修正される1951年9月19日の大統領令第10289は、これによりさらに修正される。

(a) その段落1の終わりで以下の副段落(j)を付加する:

(j) 1933年5月12日の条例43節段落(b)について、大統領権限により、(31 U.S.C.821(b)と改正されました。そして、どんな銀地金に対する銀証券、銀、または財務省証券の銀本位制ドルに対しても政府証券を発行するように。その際、どのような発行済の銀証券の兌換(償却)のためにもこれが用いられないこと。そして、当該銀証券の額面金額を定めて、その償却のための標準銀ドルと補助銀貨幣を鋳造するため。

(b) それ段落2の副段落(b)と(c)を破棄(無効にする)することによって、
第ニ条 この大統領令によってされた修正は、この大統領命令以前の、どのような施行された法令、またはどのような生じる権利または生じた権利、または控訴あるいは民事・刑事上の訴訟手続きが行われたものについては影響を与えることはない。しかし前述の法的責任は継続するものとします。そして、あたかも前述の修正が為されていないよう執行されるかもしれません。

ジョン・F・ケネディー
ホワイトハウス
1963年6月4日

自分なりの検証と言う大袈裟なことを言う訳ではないのだけど

まずは、当時のアメリカの経済状況とケネディーのとった経済政策のおさらいからはじめてみよう。

https://economy.blogmura.com/img/economy88_31_lightblue_2.gif
にほんブログ村 経済ブログへ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事