オルタナティブを考えるブログ

タイトルも新たに、1年ぶりですが、まずは過去の記事を整理しなきゃ

全体表示

[ リスト ]

 
僕たちの住む世界は、実はロスチャイルドというユダヤ人によって支配されている・・・・
 
白状するとこのブログ主・・・最初はこのロスチャイルド陰謀論を聞いて結構驚いた。裏から世界の政治と経済を操り、戦争を起こしたり飢餓を起こしたりも思いのまま・・・とかいう説だ。
 
安部芳裕著の「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」には次のようなくだりがある。
 
ロスチャイルドという名をご存知ですか?
閨閥によって地球を網の目のように覆い
200年以上にわたり世界を動かし続ける影の支配者。
「そんな・・・小説じゃあるまいし」と思われますか?
いや「事実は小説よりも奇なり」です。
 
人の一般教養、知識には盲点がある。学校で習った内容から離れると、自分で勉強していない限りは結構分からないことが多い。普段から「何かおかしい」と思っていることに対して、事実を混ぜながら巧妙な説明をされると、人の「驚きたい」、「秘密を知りたい」という欲求と相まってコロッと信じこまされてしまうことが多い。詐欺の手口だ。
 
「何でも鵜呑みにする人間」が陰謀説に陥るのであって、自分できちっと調べてみると意外と資料が豊富にあったりするものだ。
 


反陰謀論 ロスチャイルド −伝説を作った作家たち
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/26975549.html
世間の反ロスチャイルドの歴史を振り返る。意外にも最初に公然とロスチャイルドを批判したのはフランスの小説家バルザックで、彼が『人間喜劇』という作品に非情で冷血なユダヤ人銀行家ニュシンゲン男爵を描いたのが最初だろう。一方で詩人ハイネのように「マネーは我々の時代の神であり、ロスチャイルドはその予言者だ」とロスチャイルド一族をユダヤ人の星とみなした人物もいた。しかしながら、反ユダヤ主義のパンフレットや小冊子の記事にて、ロスチャイルド伝説は徐々に誇大されはじめる。
 
 
反陰謀論 ハリウッドが映画化したロスチャイルド伝説
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/26983975.html
ロスチャイルドのワーテルロー伝説に関するバリエーションは様々である。伝書鳩を使ったとか、早馬の伝令を用いただとか、フランス将校を買収してナポレオンに負けさせただとか様々だ・・・。例えば1913年にIgnatius Ballaという小説家が書いた『The romance of the Rothschilds』では、ネイサン・ロスチャイルド自らワーテルローに赴いて戦いの勝敗を見極めてことになっているが、
この内容をめぐって訴訟沙汰にまで発展する。そんな誹謗中傷に負けず、ハリウッドのユダヤ勢力は1934年に『The House of Rothschild』というロスチャイルド家のワーテルローの戦いを美談化した映画を作る。どんな映画だったのだろうか?
 
 
反陰謀論 マイヤー・ロスチャイルドの先輩
ハリウッドの『The House of Rothschild』に負けじとナチスもロスチャイルドの話をリメイクした。ナチスの反セム系プロパガンタ映画では、3本の反ユダヤ映画があり、戦後この映画は上映禁止になっている。それは『Jud Süß(ユダヤ人ズース)』、『Der ewige Jude(永遠のユダヤ人)』、そして『Die Rothschilds(ロスチャイルド)』だ。ユダヤ人ズースというのは、ジョセフ・ズース・オッペンハイマーという18世紀頃のユダヤ人高利貸しだ。どうもマイヤー・ロスチャイルドとダブるような彼の人生はどのようなものだったのだろうか?
 
 
反陰謀論 バビロンの捕囚、ユダヤ人問題と最終解決策
映画「永遠のユダヤ人」の題名は、13世紀頃語られていた「彷徨えるユダヤ人(永遠のユダヤ人)」というキリスト教の民間伝承のおける伝説的キャラクターだ。彼はイエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘へ登る際に、これを嘲笑したため、最終審判の日まで不死となり、永遠に彷徨うよう呪われた人物である。
「永遠のユダヤ人」というナチスの映画はドキュメンタリー仕立てのようなのだが・・・
 
 
反陰謀論 ナチスがつくったロスチャイルド伝説 前編
ナチスが制作した映画『Die Rothschilds(ロスチャイルド)』を紹介。陰謀論者が語るようなロスチャイルド伝説に近いのだが・・・どんなないようになっているのだろうか?
 
 
反陰謀論 ナチスがつくったロスチャイルド伝説 後編
ナチスの制作したロスチャイルド映画は、他の二つ『Jud Süß(ユダヤ人ズース)』や『Der ewige Jude(永遠のユダヤ人)』に比べるとそれほど残虐的な場面もなく娯楽性のある作品になっている。まぁ、映画としてつまらないことにはかわりはないが・・・。
実は・・・ロスチャイルドの伝説は小説や映画の他にもブロードウェイでミュージカルにもなっていた。
 
 
番外編
東インド会社のチャイルド と ロスチャイルドの伝説
冷血な手段を用いて情報を操作し、不正に株で大儲けしたという話は山ほどあるのだが、実在した東インド会社のジョサイア・チャイルドにも似たような伝説があるので紹介。チャイルドとロスチャイルド、二人が似ているのは名前だけではなさそうだ。
 

閉じる コメント(3)

顔アイコン

私も興味のある題材です。

資料をよく集めましたね。

2013/10/31(木) 午後 7:44 よかもん人生 返信する

顔アイコン

世の中には陰謀があるのが普通です。
なんでも鵜呑みにする人間が陰謀説に陥るという説明は根本的に間違いです。
そもそも陰謀説=誤解という論調が極端であります。
「事実を織り交ぜ」ての下りはあなたの批判したがっている陰謀説のなかからヒントを得た言葉のはずです。
実際誰しもが事実の断片しか把握できないので、世の中の全ての考えが正しいとはハッキリしない仮説なのです。
ならば、陰謀説をとっている人を馬鹿にはできないのではないですか?
彼等はあなたの言うように「なんでも鵜呑みにする」から陰謀説をとっているわけではないのです。
あなたが陰謀説をとらないのも、誰かが陰謀説をとるのも、それが信念であれ、信仰であれ、自分でなしうるだけの最高の論理的帰結であれ、すべて同じことなのです。

もう一度念を押すために書いておきますから、よく噛み締めてください。
世に陰謀があることは普通です。(あなたが陰謀論の詐欺を懸念するごとく)
おなじなんですよ。
「陥っている」というのはまさにあなたの論調ではないでしょうか?

2014/3/16(日) 午後 2:28 [ きりーくらっぺ ] 返信する

顔アイコン

Kiriさん
陰謀の存在そのものは否定しません。ロスチャイルドの陰謀論は明確にナチスドイツに代表されるような反ユダヤ主義と結びついているので、その成り立ちなどをしっかり把握しないと、世の中の見方を誤ってしまうと思います。

2014/3/17(月) 午後 6:04 [ 9回裏二死満塁 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事