オルタナティブを考えるブログ

タイトルも新たに、1年ぶりですが、まずは過去の記事を整理しなきゃ

Index

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

大航海時代の真実 プレスター・ジョン伝説
15世紀半ば、ヨーロッパの列強国は競うように船を出し、インド、アジア、アメリカ大陸などとの交易と植民地活動を開始した。当時、造船技術の発展とイスラム文化圏から伝わった羅針盤技術によって外洋航海が可能になった。
 
その一方で、オスマン朝が隆盛を極め、イスラムの強大な戦力の前に十字軍は苦戦を強いられていた。
 
15世紀半ば、ポルトガルとスペイン両国では国王を中核として、イベリア半島からイスラム勢力を駆逐しようとしていた(レコンキスタ)。長い間イスラムの圧迫を受けていたポルトガルとスペインでは民族主義が沸騰し、強力な国王を中心とした中央集権制度が他のヨーロッパ諸国に先駆けて確立した。
 
また、このころ頑丈なキャラック船やキャラベル船が建造されるようになり、羅針盤がイスラムを介して伝わったことから外洋航海が可能になった。ポルトガルとスペインは後退するイスラム勢力を追うように北アフリカ沿岸に進出した。
 
新たな交易ルートの確保、イスラム勢力の駆逐、強力な権力を持つ王の出現、そして航海技術の発展、海外進出の機会が醸成されたことで、ポルトガル・スペイン両国は競い合って海に乗り出して行った。
 
ヨーロッパの列強国が競うように大航海の時代、
 
束ねられた矢 その15 ポルトガル編 地球は人類誕生以来常に球体だった
大航海時代が始まる前、中世ヨーロッパの人たちは、キリスト教の影響で地球は丸い円盤のようだと考えていた・・・と教えられてきたと思います。実はそんなことはなく、紀元前6世紀ごろから、人類はずっと地球は丸いと考えていました。
 
 
大航海時代の真実(1)
アジアにおける航海時代の先駆者である鄭和に焦点をあてる。アメリカ大陸も発見したなどと言う説も飛び交うなど、鄭和の実績に関してはいろいろな説がある。どこまでが本当でどこまで誇張なのだろうか?
 
 
大航海時代の真実(2) フラ・マウロの世界地図
フラ・マウロの世界地図、喜望峰を超えた中国船が描かれている。ヘロドトスの時代、フェニキア人たちがアフリカ大陸を一周したことが書かれてある。さらに、1402年に製作されたという『混一疆理歴代国都之図』や1378年に描かれた『大明混一』などの古い世界地図にも、アフリカ南端の喜望峰が描かれている。ここの航路はひょっとしたらディアスやバスコダ・ガマの時代よりも前に、アジアでは知られていたのかもしれない。
 
 
大航海時代の真実(3) シバの女王と海洋ネットワーク
インド洋での海洋ネットワークはすでに紀元前3000年に確立したと言われている。紀元前40年頃の記録とされている『エリュトラ海案内記』が、インド洋を中心とした海洋貿易の状況を詳細に記録している。実際は、インドへ留学した三蔵法師や、インドの宝石を買うためにローマの金貨がインドに流出していたことを考えると、海のシルクロードはかなり完成されていたものと考えられる。 
 
 
大航海時代の真実(4) プレスター・ジョン伝説 その1
ヨーロッパ人たちがアフリカの喜望峰を回り、インドへ到達しようと考えたのは、交易だけが理由ではない。東方キリスト教国家の君主であるプレスター・ジョンを探すためであった。十字軍の遠征でイスラムの強固な抵抗の前に失態を繰り返していたヨーロッパであったが、東からイスラム世界を攻略しているキリスト教国家の存在が伝えられる。
 
 
大航海時代の真実(5) プレスター・ジョン伝説 その2
1165年、ジョン自らが東ローマ皇帝のマヌエル1世コムネノスにあてた手紙には驚くべき伝説の国の描写が書かれてあった。グリフォン、ケンタウロスや巨人をはじめ、この王国には様々な伝説の動物が書かれているのだが、聖トマスやゴンドルファルネスなど、歴史的事実とみなされるような部分とのからみもあり、しっかりと検証してみる必要がありそうだ。
 
   
大航海時代の真実(6) プレスター・ジョン伝説 その3
キリスト教ネトリウス派のアジア地域における展開と、聖徳太子と景教、親鸞と景教、空海と景教などについて述べる。
 
紀元前3000年からの古代史において、僕達がエジプトについて知っていることは結構少ない。これは話題があまりにもツタンカーメンとギザのピラミッドなどに偏っているためだ。
 

古代エジプト第18王朝の女たち

アジア民族と思われるヒクソスによって長い間支配を受けていたエジプトであったが、ようやく南エジプトのテーベから反旗が上がる。エジプト新王国時代(BC1450-BC1220)と呼ばれる帝国時代が幕を開ける。この王朝では、政治や宗教など様々な場面で女性の活躍が目立つのだが、その知られざる彼女達にスポットあててみる。
 
 
エジプト18王朝の女たち  part1
異民族ヒクソス政権による支配体制を倒し、上下エジプトを再統一に最も貢献したのはイアフヘテプだ。彼女は、ヒクソス打倒を目指し志半ばで戦死したセケエンラー・タア2世の妻であり、まだ幼いイアフメス1世を支えながらエジプト新王国時代の幕開けに貢献した。
 
エジプト18王朝の女たち  part2
イアフメス1世以降、王朝が代わったわけではないのだが、アメンホテプ1世から第18王朝と呼ばれるようになる。その後は、後継者問題を抱えながらも母摂政が上手く機能し、エジプトは次第に勢力を拡大していく。ハトシェプストはエジプト唯一のファラオと宣伝されることもあるが、厳密には3000年近い歴史の中では4名の女性ファラオが検証中のものも含め確認されている。
 
 
エジプト18王朝の女たち  part3
女性たちが権力を掌握していたとはいえ、それはさまざまな優秀な側近に支えられたからである。特にハトシェプストの側近中の側近であるセンエンムトは、彼女とのスキャンダラスな噂も囁かれていた。
 
センエンムウト(Senenmut)の天井画
 
エジプト18王朝の女たち  part4
ハトシェプストの人物像をめぐっては、これまで『意地の悪いトトメス3世の義母』というイメージが横行していた。これは彼女の名前や肖像などが、彼女の死後、継承者のトトメス3世によってその存在を歴史から抹消されようとしたことにもよる。実際はどうだったのだろうか?
 
エジプト18王朝の女たち  part5
ハトシェプストが女性ファラオであったせいか、彼女の誕生はアメン・ラー神によるものとするなど神話化された。牛に化けたハトホル女神の乳を飲む幼いハトシェプストのリリーフが残っているが、それはローマ建国神話に登場するオオカミの乳を飲む双子ロームルスとレムスにも影響しているのだろうか?
 
番外編
 
紅海沿岸の歴史 その2 黒い王妃イアフメス・ネフェルタリの秘密
イアフメス1世の妻であるイアフメス・ネフェルタリは肌はエジプト王の家系では珍しく黒で描かれている。第17王朝はこれまで伝統的に月の神を冠する王が続いたが、彼女の「アメンの神妻」という称号をもつ彼女の登場以降、太陽を司るアメン神を中心とした崇拝が広まる。彼女がヌビア人だったのだろうか?
 
 

黄金の国プント −ハトシェプストのプント遠征

黄金の国プント −ハトシェプストのプント遠征 その1
イザベル1世とコロンブス、エリザベート1世とイングランド艦隊、エカテリーナと帝政ロシア黒海艦隊など、歴史上の女傑は航海や艦隊と関わりがあるようなのだが、ハトシェプストも例外ではない。彼女はその治世で、プントと呼ばれる黄金の国へ船で遠征を行ったとされている。古代エジプト史上の謎でもある「ハトシェプストのプント遠征」を考察する。
 
黄金の国プント −ハトシェプストのプント遠征 その2
プント遠征を描いたリリーフは古代エジプトの中でも唯一「外国」を描いたリリーフである。描かれている人物の中で一番有名なのはプントの女王アティ(Ati)だ。彼女の珍しくデフォルメされた描かれ方は、プントの所在について想像力をかき立てる。また、同じく描かれている高床式の住居やインド洋特有の魚。プントはどこにあったのだろうか?
 
黄金の国プント −ハトシェプストのプント遠征 その3
ハトシェプストは紅海、そしてインド洋をわたりインドまでいったのだろうか?オーストロネシア語族の拡散を考えると当然あり得ることだし、メソポタミア文明とインダス文明の間で交易関係があった可能性があるわけだから、エジプト文明とインダス文明との間をみてもおかしくない。そこまで辿り着く船の技術はどうだったのだろうか? 
 
僕たちの住む世界は、実はロスチャイルドというユダヤ人によって支配されている・・・・
 
白状するとこのブログ主・・・最初はこのロスチャイルド陰謀論を聞いて結構驚いた。裏から世界の政治と経済を操り、戦争を起こしたり飢餓を起こしたりも思いのまま・・・とかいう説だ。
 
安部芳裕著の「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」には次のようなくだりがある。
 
ロスチャイルドという名をご存知ですか?
閨閥によって地球を網の目のように覆い
200年以上にわたり世界を動かし続ける影の支配者。
「そんな・・・小説じゃあるまいし」と思われますか?
いや「事実は小説よりも奇なり」です。
 
人の一般教養、知識には盲点がある。学校で習った内容から離れると、自分で勉強していない限りは結構分からないことが多い。普段から「何かおかしい」と思っていることに対して、事実を混ぜながら巧妙な説明をされると、人の「驚きたい」、「秘密を知りたい」という欲求と相まってコロッと信じこまされてしまうことが多い。詐欺の手口だ。
 
「何でも鵜呑みにする人間」が陰謀説に陥るのであって、自分できちっと調べてみると意外と資料が豊富にあったりするものだ。
 


反陰謀論 ロスチャイルド −伝説を作った作家たち
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/26975549.html
世間の反ロスチャイルドの歴史を振り返る。意外にも最初に公然とロスチャイルドを批判したのはフランスの小説家バルザックで、彼が『人間喜劇』という作品に非情で冷血なユダヤ人銀行家ニュシンゲン男爵を描いたのが最初だろう。一方で詩人ハイネのように「マネーは我々の時代の神であり、ロスチャイルドはその予言者だ」とロスチャイルド一族をユダヤ人の星とみなした人物もいた。しかしながら、反ユダヤ主義のパンフレットや小冊子の記事にて、ロスチャイルド伝説は徐々に誇大されはじめる。
 
 
反陰謀論 ハリウッドが映画化したロスチャイルド伝説
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/26983975.html
ロスチャイルドのワーテルロー伝説に関するバリエーションは様々である。伝書鳩を使ったとか、早馬の伝令を用いただとか、フランス将校を買収してナポレオンに負けさせただとか様々だ・・・。例えば1913年にIgnatius Ballaという小説家が書いた『The romance of the Rothschilds』では、ネイサン・ロスチャイルド自らワーテルローに赴いて戦いの勝敗を見極めてことになっているが、
この内容をめぐって訴訟沙汰にまで発展する。そんな誹謗中傷に負けず、ハリウッドのユダヤ勢力は1934年に『The House of Rothschild』というロスチャイルド家のワーテルローの戦いを美談化した映画を作る。どんな映画だったのだろうか?
 
 
反陰謀論 マイヤー・ロスチャイルドの先輩
ハリウッドの『The House of Rothschild』に負けじとナチスもロスチャイルドの話をリメイクした。ナチスの反セム系プロパガンタ映画では、3本の反ユダヤ映画があり、戦後この映画は上映禁止になっている。それは『Jud Süß(ユダヤ人ズース)』、『Der ewige Jude(永遠のユダヤ人)』、そして『Die Rothschilds(ロスチャイルド)』だ。ユダヤ人ズースというのは、ジョセフ・ズース・オッペンハイマーという18世紀頃のユダヤ人高利貸しだ。どうもマイヤー・ロスチャイルドとダブるような彼の人生はどのようなものだったのだろうか?
 
 
反陰謀論 バビロンの捕囚、ユダヤ人問題と最終解決策
映画「永遠のユダヤ人」の題名は、13世紀頃語られていた「彷徨えるユダヤ人(永遠のユダヤ人)」というキリスト教の民間伝承のおける伝説的キャラクターだ。彼はイエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘へ登る際に、これを嘲笑したため、最終審判の日まで不死となり、永遠に彷徨うよう呪われた人物である。
「永遠のユダヤ人」というナチスの映画はドキュメンタリー仕立てのようなのだが・・・
 
 
反陰謀論 ナチスがつくったロスチャイルド伝説 前編
ナチスが制作した映画『Die Rothschilds(ロスチャイルド)』を紹介。陰謀論者が語るようなロスチャイルド伝説に近いのだが・・・どんなないようになっているのだろうか?
 
 
反陰謀論 ナチスがつくったロスチャイルド伝説 後編
ナチスの制作したロスチャイルド映画は、他の二つ『Jud Süß(ユダヤ人ズース)』や『Der ewige Jude(永遠のユダヤ人)』に比べるとそれほど残虐的な場面もなく娯楽性のある作品になっている。まぁ、映画としてつまらないことにはかわりはないが・・・。
実は・・・ロスチャイルドの伝説は小説や映画の他にもブロードウェイでミュージカルにもなっていた。
 
 
番外編
東インド会社のチャイルド と ロスチャイルドの伝説
冷血な手段を用いて情報を操作し、不正に株で大儲けしたという話は山ほどあるのだが、実在した東インド会社のジョサイア・チャイルドにも似たような伝説があるので紹介。チャイルドとロスチャイルド、二人が似ているのは名前だけではなさそうだ。
 

古代の超大航海 index

ふと、疑問に思ったことはないだろうか?
 
ハワイとか・・・ グアムとか・・・そこの先住民たちは、人類大移動の中で、いったいどの時代に、どうやって大海原を越えてそこに定住することになったのだろうか?
 
水平線の彼方に、まだ見たこともない土地をもとめて、どうして彼らは航海することにしたのだろうか?
 
最初の移住者は一握りの家族だったのだろうか?
 
それとも、争いに負けた部族単位の移動だったのだろうか?
 
日本人はどこから来たのか?という問題も含めて考察してみる。
 
 

古代の超大航海

 
古代の超大航海(1) マダガスカルとマレー人
マダガスカルとマレーシアの距離は8,300キロメートルほどである。しかしながら、マダガスカルの最初の住人は、アウトリガーカヌーの存在、言語学(オーストロネシア語族)の研究、そして近年のDNA鑑定により東南アジアからやってきたと見られている。このブログではオーストロネシア語族を拡大解釈してラピタ人と呼んで議論を展開しているが、ラピタ人は基本的にはポリネシア人の祖先を指す。(一説にはオーストロネシア語族に含む)
 
 
古代の超大航海(2) 恐るべしラピタ人
紀元前3000年頃に太平洋(東南アジア、ポリネシア地域)で民族の大移動が起きた。それがオーストロネシア語族の大移動と呼ばれる歴史的な大イベントである。カヌーによる遠洋航海を可能にした技術がオセアニア諸地域で用いられているウェイファインディング、もしくはスターナビゲーションという航法技術だ。
 
 
古代の超大航海(3) 幻の大陸スンダランド
発達した航海技術があったとしても、水平線の果てに陸地があるなんて思うだろうか?おそらく彼らは知っていたのだろう。何日も航海していけば、そこに土地が存在していると・・・。なぜなら、航海技術が発達する以前、そことは陸続きであったからだ。幻のスンダランドに迫る。
 
 
古代の超大航海 (4) 日本人はどこから来たのか?
オーストロネシア語族の大拡散を目の当たりにすると、当然日本にも到達したのではないだろうか・・・と考えたくもなる。定説・・・というのは僕達の歴史認識を硬直させてしまう。マンモスも「毛が長い」から寒いところに生息していた・・・と考えられるが、実際は世界中のあちこちに生息していた。一般に議論されている縄文人と弥生人をもう一度議論した。
 
 
古代の超大航海 (5) 世界最古の貨幣 タカラガイ 前編
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/23552826.html
世界最古の貨幣は、貝貨(ばいか)とよばれるタカラガイ(子安貝)で、中国の殷王朝で使用されていたというのが最も古い記録だ。紀元前1600年から1046年の時代に貨幣として使用され始めたと言われているが、殷王朝の遺跡は中国内陸地の方で発見されており、そうしたタカラガイが採れていたわけではない。それを供給していた地域は赤道を中心として太平洋からインド洋にいたるまで広範囲な地域であったわけだが、それはラピタ人達が拡散していった地域と重なる。これだけ広範囲にタカラガイが貨幣として使用されていたのであれば、世界最古の基軸通貨だったのかもしれない。
 
 
古代の超大航海 (6) 世界最古の貨幣 タカラガイ 後編 (1)
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/23609075.html
殷はそもそも周王朝が呼んだ蔑称のようで、王朝自らは商と称していた。商という国号から、交易を中心に行っていたと考えられるが、南方からもたらされる子安貝は貴重品であったに違いない。そして、それはマルコポーロや冒険家イブン・バットゥータ(1304年 – 1368年)も、タカラガイが正規の通貨として使用されていたことを述べている。
 
 
古代の超大航海 (7) 世界最古の貨幣 タカラガイ 後編 (2)
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/23642410.html
スンダランド(東南アジア)のオーストロネシア語族はマダガスアカルに登場したが、タカラガイはインドをつたってアフリカまで及んでいる。西アフリカのダホメ王国(最盛期は17〜18世紀)でも、貝貨が使用され、マーケットではタカラガイがないと全く買い物が出来なかったそうだ。更には金1オンス(28g)=宝貝3万2千個や最低生活賃金は男で120個、女で80個などという安定したレートが存在していたことや、ポルトガル人が大量にもちこんだことによるインフレーションまで確認されている。
 
 
古代の超大航海 (8) 世界最古の貨幣 タカラガイ 後編 (3)
ミルトン・フリードマンの『貨幣の悪戯』に登場するヤップ島の石貨は貝貨が発展してモノだろう。原始的な貨幣に違いはないのだが、そこでは「信用」創造の片鱗もみることができる。
人類学者の柳田國男は、彼の著書『海上の道』で琉球諸島はタカラガイの大産出国で、それが殷に供給された可能性を強調した。琉球王国が邪馬台国であったという説もあるのだが・・・。
 
 
日本人はどこからきたのだろうか?
 
古代エジプト文明がはじまる以前、紀元前4000年頃に考古学上第1ナカダ文化と言われる文化がエジプト南部に興隆した。その遺跡の中から女性の姿をし、目に青い石がはめ込まれている偶像が発見された。その青い石は今日ラピスラズリと呼ばれる半貴石なのだが、当時それが採掘できる場所は一つしかなかなかった。
 
アフガニスタンの山脈である。
 
時は紀元前4000年・・・どうやってエジプトまで来たのか?
 
アフガニスタンからエジプトまでの軌跡を辿ると、そこにはあまり知られることのない古代文明が横たわっている。
 
 

ラピスラズリの道(1) 旅のはじまり

古代オリエント社会で重宝されていたラピスラズリ。しかしそれが採掘できるのはアフガニスタン北部にあるサルイサンク鉱山(Sar-e-Sang)のみ。文明の十字路とも呼ばれたバダフシャンと呼ばれる地域から旅はスタートする。
 

ラピスラズリの道(2) ムンディガクとメヘルガル

ラピスラズリの道を南西へ進める。そこにはムンディガクとメヘルガルという古代遺跡があった。定住はすでに紀元前7000年ごろからと推測されインダス文明よりも古い。また、アジア地域で最初の農耕と牧畜が行われていた痕跡が残っており、日本ではあまり知られていないのだが、考古学上とても重要な遺跡だ。
 

ラピスラズリの道(3) 眠りから覚める巨大文明 Burnt City 前編

さらに南西へ行くと、シャフリ・ソフタという古代都市の遺跡に出会う。その街は、燃えた街(Burnt City)とも呼ばれ、ラピスラズリの加工都市して栄えた。メソポタミア文明では印章が用いられていたが、この都市でも印章が使用されていた。
 

ラピスラズリの道(3) 眠りから覚める巨大文明 Burnt City 後編

この文明に全貌が徐々に明らかに。世界最古の定規、頭蓋骨の手術、最古のバックギャモン、最古の義眼、そして世界最古のアニメ・・・
 
 

ラピスラズリの道(4) エデンの園とアラッタ王国

シュメール神話の一つである『エンメルカルとアラッタ市の領主』によれば、古代メソポタミア文明は、アラッタよりもたらされたという。そのアラッタ市の場所をめぐっていろいろな推測がされているが、近年注目を浴びているのがジロフト文明である。
 
 

ラピスラズリの道(5) 衝撃のジロフト文明 前編

ジロフト文明を紹介するとともに、シュメール問題についてもふれる。メソポタミア文明の最古の文化(紀元前5500年から紀元前3500年頃)、ウバイドと呼ばれる文化が存在したとされるのだが、この系統についてもその担い手がシュメール人であるかどうかは分かっていない。その鍵を握ると考えられるのがジロフト文明だ。
 
 

ラピスラズリの道(5) 衝撃のジロフト文明 後編

ジロフト文明がシュメール文明や古エラム文明と結びつき、また、発掘された数々の商業用印章(原エラム語)を通じて、ジロフトが一大交易都市国家であったことが分かる。そして、何よりも巨大なジッグラトも発見されている。
 
 

ラピスラズリの道(6) テペ・ヤヒヤ そして海へ

ジロフト文明の遺跡から少しまた南西に行ったところにテペ・ヤヒヤという遺跡がある。インダス文明とシュメール文明を結ぶ上で重要な都市であったのは違いないが、緑泥石(クロライト)の採石場とも思われる遺跡も数多く発見されている。そこからさらに南へ行くとホルムズ海峡にあたるのだが・・・
ノアの方舟の原型にもなった古代の大洪水伝説にせまる。
 
 

ラピスラズリの道(7) 古代の資源輸入国と交易 ディルムン

古代シュメール文明は海洋貿易を通じて資源を得ていたと考えられるが、粘土板の語る物語によるとそれは、ディルムン、マガン、そしてメルッハであったと伝えられている。それらの都市はどこにあったのだろうか?まずはディルムンについて考える。
 

ラピスラズリの道(8) 青銅器時代 銅を供給した交易都市 マガン

青銅をつくるためには銅が必要なわけだが、それをメソポタミアに供給したのがマガンと呼ばれる都市だ。マガンからはその他にもハンムラビ法典が刻まれている石板の閃緑岩を供給したところらしい。しかし、アッカド王朝のナラム・シンは、紀元前2200年頃にマガンと戦争したと記録されている。これはさながらメソポタミア文明とインダス文明の戦争だったのだろうか?
 
 

ラピスラズリの道(9) 2つの文明を担う交易都市メルッハ 前編

シュメール文明が交易を行った3つの都市のうち、メルッハの特定が一番難しいが、インダス文明のあった場所とも考えられている。シュメール神話によれば富と平和の伝説的な国だったとされ、何となくユートピア的な・・・ガンダーラを思わせるような国なのだが、実際はどうだったのだろうか?
 

ラピスラズリの道(9) 2つの文明を担う交易都市メルッハ 後編

インダス文明圏であり、メルッハの可能性のある湾岸古代都市ドーラビーラやロータルを見てみる。そこには技術と交易都市として栄えた跡がある。古代、シュメール人はここまで船できて交易を行ったのだろうか?あるいは、そもそもシュメール人はインダス文明の栄えたこのあたりの地域からやってきたのだろうか?

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事