ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

再びのお知らせ

色々と試行錯誤しましたが、やはり今の私にはyahooブログは使いこなせないので山歩きのレポは別の交流サイトで続けることにしました。
勝手ばかりいって申し訳ありません。

この記事に

開くトラックバック(0)

今度はiPhoneから

指先が荒れて指紋認証が効かない…

指先が荒れてタッチパネルがうまく反応しない…

この記事に

開くトラックバック(0)

いまひとつ

正直、ヤフーブログの使い方ががいまひとつ分からない。
広告も7年前よりずいぶんと多くなってるし。

どうしたもんじゃろな。




この記事に

開くトラックバック(0)

心機一転

このブログを復活しようかどうか思案中です。
Yahoo!ブログは約7年のブランクがあるので投稿の方法など少し勉強してから決めようかと思ってます。
スマホからでも投稿がし易いようであれば復活するかもしれません。
この記事はその為の練習投稿です。

このブログを通じて知り合った方々には、突然のブログ停止で不義理をしてしまい誠に申し訳ありませんでした。
そのうえ、今回の練習投稿にあたって友達登録をすべて削除させてもらいました。
重ねてお詫び申し上げます。

仮に復活したとしても以前のような交流は時間的な制約もあり無理かもしれませんので予めご了承ください。

この記事に

開くトラックバック(0)

楽しかった4泊5日の宮崎遠征も最終日となる。
この日は帰るだけの予定なので起床時間も決めなかったのだが、案の定早めに目が覚める。
この日最初の写真が5時50分となっているので一体何時に目覚めたのだろう。
写真の前にコーヒーを既に飲んでいた筈だ。
周りのテントも早くからゴソゴソしだした。

イメージ 1
朝モヤがきれい。

キャンプ場で最後の食事はまあまあ豪華だったかな。
暇人さんからフライパンを借りて目玉焼きを作るもちょっと失敗してしまう。
その他にベビーハムを切って焼いて長崎では定番のチョーコー醤油のインスタントみそ汁、それに朝から炊いた温かいご飯。
フッ素加工のフライパンは焦げ付きもせず超便利。
次の欲しいアイテムはフライパンに決定かもしれない。

朝食後は10時出発に向けてテントの撤収作業。
イメージ 3
まとめた私の荷物はこれだけ。
坊がつるみたいに担いで登らなくても良かったので着替えなど余分な荷物も多かった。

キャンプ村を出発したのが何時だったかな。
すぐ近くの五ヶ瀬の物産館でお土産を少々購入し後は帰るだけ。
物産館の駐車場でムツゴロー夫妻と別れの挨拶をすませる。
だが、復路も来た時と同じ道なので御船ICまでは一緒に走りましょうということになる。
車に乗り込み暇人さんと帰りのルートの相談になった。
高速道路の混み具合が気になる。
長崎には夕方に帰りつけばいいのでそんなに慌てる必要はない。
何の拍子か、阿蘇を回って帰りましょうかと話がまとまる。
遊んで帰るには後ろを走っているムツゴローさんをまかねばならぬ。
ついて来られるとどんなブログネタにされるか分からない。
たぶん「長崎組の鬼さんたちは早く家に帰りたくない事情があるのだろう」と書かれるだろう。
「オジン・オバンみたいに夫婦円満ではないらしい」と。

阿蘇へ向かうには熊本県に入ってすぐ馬見原の交差点の少し先から右折しなければならない。
その交差点で急に右折して後続車をまくことになった。
その交差点がだんだんと近づいてくる。
作戦決行かと思った瞬間、無情にも信号が赤になる。
仕方なくゆっくりと右折車線に入ると鬼さんたちも着いてきた。
これでは鬼ごっこは負けだろう。
あとは、どこまで鬼さんが追いかけてくるか。

と、後続の助手席に座っている鬼さんから電話が入った。
「どこに行きよっとですか」
「ちょっと寄り道して、阿蘇経由で帰ります」
「どんなルートですか」
「高森に出て根子岳の側を通りミルクロード経由で菊池・山鹿方面へ抜けます」
すっかり白状させられてしまった。
「ついて行きます」

高千穂からの国道と合流し阿蘇外輪山から阿蘇カルデラを望む展望所があり早速寄り道。
根子岳も見える。
外輪山を高森まで下ってから一の宮方面へ右折。
鬼さんも着いてくると思ったら、クラクションを鳴らして立野方面へ直進して行った。
果たしてまっすぐ帰ったのだろうか。
ひょっとすると大観峰で待ち伏せをしているかもと思ったりもしたが、その後鬼さんたちと出会うことはなかった。
あとは追いかけられる心配もないのでゆっくりとドライブを楽しむ。

イメージ 4
根子岳ビューポイント

イメージ 5
仙酔峡、高岳方面。

ミルクロードの大観峰に十数年ぶりに立ち寄って1時間余りの休憩。
イメージ 6
パラグライダーがテイクオフ。

イメージ 7
のんびり空中散歩

イメージ 8
リモコンの グライダーも

イメージ 9
風に乗ってビュンビュン(そんな歌があったね)

イメージ 10
くじゅう方面

南関ICから高速道路に乗って長崎には夕方に帰り着いた。


こんなに遊びまわった大型連休は何年振りだろう。
毎日よく笑い、よく歩きました。
誘っていただいたムツゴロー夫妻さん、ありがとうございました。
暇人さんも長距離の運転など、お疲れ様でした。
またどこかで遊びましょう。

今回の宮崎キャンプをアルバムにしたので、私の長い記事が苦手な方は こちらをどうぞ


(2010年5月5日)

この記事に

全112ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事