ここから本文です
私の目は風の通り道
風景と詩と短歌と俳句三昧の元不動産屋、日夜奮闘中です。

ラグーンの青

Tomaso Albinoni Concerto for 2 Oboes in C Majorhttps://youtu.be/WAkVt1es6Vk



梅雨雲を抜降り来ればラグーンの青
イメージ 1

梅雨時の沖縄、光りがないと鬱陶しいですね。
空港の手前に埋め立て地の人工ビーチがありますが、
着陸の時下を見ると、まるでサンゴ礁のラグーンの
様でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
Carl Philipp Emanuel Bach - Oboe Concerto in B flat major, Wq 164https://youtu.be/B1wUaqaw1dg



この記事に

朝露さぶし




小満の朝露さぶし窓光る

この記事に

み空刷く

み空 / 金延 幸子https://youtu.be/Eu5i_OeADD0




日常は遥かなるものみ空刷く白き絹雲青のとばりよ
イメージ 1

イメージ 2


明け方の雨音高き窓の辺の小満梅雨の結露冷たき
イメージ 3

5月5日の立夏を迎えてのち5月13日に梅雨入りとなった沖縄、
よく小満芒種(スーマンボース)と梅雨のことを云うと言われるが、
普段は云いません。小満は2017年は5月21日というから
この言い方では時期を逸していることになるでしょう。
芒種は6月6日で夏至の6月21日まで、例年の梅雨明けは6月23日ごろです。

イメージ 4



この記事に

まくらもとに立つ




新樹光まくらもとに立つ朝ぼらけ
イメージ 1

イメージ 2

さてつってさ青春の棘とげぬき地蔵

青春の蹉跌テーマ  井上堯之

青春の蹉跌」は石川達三のベストセラー小説だった。
1971年、北陸の某国立大学に入学した時、学校生協の本屋に山ほど積んであった。
内容は忘れてしまったのだが、蹉跌という言葉が当時はやったので
それのみが頭の中にあったという次第、
寮の同郷の先輩は「さてつってさ、蹉跌ってさ」と
ひまさあえあればため息交じりに云っていた
今回調べたら、映画もあったのだということを初めて知った。
早速探しに行ったレンタルビデオ店には置かれてなかった。

イメージ 4


この記事に

紺碧は今朝の





チックせる初老の顔や青嵐
イメージ 1

イメージ 2

自画像のまなこ瞑りて春の果て
イメージ 3

イメージ 4

春暮るる海馬浮きゆく夕の海
イメージ 5

イメージ 6

夏来る紺碧は今朝のひかりに
イメージ 7

イメージ 8







この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事