甘木聖書バプテスト教会からのお知らせ

福岡県朝倉市にあるバプテスト教会です。牧師のショートメッセージをお届けしています。神様の祝福があなた様の上に豊にありますように。

全体表示

[ リスト ]

すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。(エペソ書6章18節)
 先日、久しぶりに入所中のM姉をお訪ねしました。ベルを持って来ていることをお伝えすると、施設の方が、「演奏会が始まりますよ」と声を掛けてくださり、十数名の皆さんが集まって、楽しい「夏の唱歌・懐メロ・賛美歌コンサート」が始まりました。熱波に疲れ気味だった皆さんも、爽やかなベルの響きに目覚めたようで、リードして歌い出す人もあり、終わってみたら、一時間が経っていました。あんなに喜んでいただけるなら、今度はもっと準備してお訪ねしようと思います。
 先週、私たちは身体の障害の故に、物乞い生活をしていた人が、「イエス・キリストの名によって、歩きなさい。」(使徒3-6)と命じられたとき、「歩いたり、はねたりしながら、神を賛美」(8)するようになったメッセージを聴き、「イエス・キリスト」の御名が持つ権威に驚きました。イエス様を信じている私たちにも、同じ聖霊の賜物が与えられています。それはイエス・キリスト様の御名による祈りです。魔術を使うことではありません。神への正しい祈りです。
 物乞いの男はお金を恵んでもらおうとしました。ペテロは彼に、「金銀は私にはない。」と伝えました。彼が欲した金銭的な援助を与えることはできませんでしたが、それ以上の祝福、自ら働きに出れるよう、彼の脚力を回復してやることができたのです。ここに、教会の大切な使命が明らかにされています。
 私たちは金銭的援助も力仕事もできないのが現実です。しかし、権威ある主イエス・キリストの御名により祈る特権を授かっています。その賜物を活用すれば、神と人に大いに役立つことができます。各地で福音の証しを続ける諸教会のためにも、難問と苦闘している国の指導者たちのためにも祈りましょう。
 夏休みになり、K姉とMっちゃんが集われ、久しぶりに共に主に礼拝をお捧げできました。ベルの讃美にも加わり、イエス様に栄光が帰されました。Mちゃんの高校受験のためにも祈りましょう。帰りに入所中のI兄もお訪ねし、一緒に「いつくしみ深き」も讃美しました。猛暑の8月も、イエス様にしっかり結びついて、「水路のそばに植わった木のよう」(詩篇1-3)に、「愛、喜び、平安」の聖霊の身を結びつつ歩んでまいりましょう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事