フライ全般

[ リスト | 詳細 ]

#5までのライトラインタックルで渓流フライフィッシングを満喫中♪
記事検索
検索

再びオロロへ

8月14日(日) 快晴

京都のガラスの釣り人さんが

私の地元、福井の川へ来られる....

という事で便乗。

ガラスさんと言えば私の地元の川

九頭竜川の大支流をホーム・リバーとしているので

釣行先は おのずと決まった。

当然 この時期

オロロの中へ。。。

渓に着くなり 車の周りには

ワラワラとオロロが集まる・・・。

半ば強制的に平然と車から降り

渓へ。

二人の周りはオロロだらけ・・・・。

こんな画が撮れる。

イメージ 1

ガニ又の図ではない・・・・。

これくらいの群がりは、まあ 想定内ではある。

オロロの中へ突っ込むからには

それなりの結果がついてこないと困るのだが

渓の状態は

超〜渇水の怒ピーカン。

岩魚達は かなり神経質になっていた。

それでも釣り人の減った渓

及第点の釣りかな。。。

イメージ 2

ネット枠オーバーサイズ。

イメージ 3

ネット枠ちょいオーバー。

イメージ 4

ネット枠ややオーバー。

イメージ 5

ネット・ピッタリ君と粒ぞろいの釣果。

勿論、それより小さいサイズもいっぱい釣れたが

悪条件の割には良型が

ホイホイ釣れた。

イメージ 6

勿論、ガラスさんも

同じ様な釣果を得ており

丸1日 二人で楽しんだ♪

トピックスとしては

私に尺オーバーの岩魚が出たが

のらず・・・・。

ガラスさんに至っては

40くらいある大岩魚が ガバチョ〜〜〜〜

と出たけど のらず・・・・。

二人とも修行が足りないようだ。。。

秋に期待が持てる1日となった。

ガラスさん、機会があったら

また行きましょう。

開く トラックバック(1)

オロロの中へ

8月3日 晴れ。

遂にオロロ(メジロアブ)の季節が本格化。

しかし、釣り人が減り

人的プレッシャーから開放される季節でもある。

地元、九頭竜川水系の小さな支流に突入。

納車された New Car デビューの日。

New Car は次回お披露目する事として

今回は釣りの記事〜。

早朝6時から夕刻5時まで

一つの支流、アマゴと岩魚の混生の流れを舐めまわしてみた。

まずは岩魚ちゃんのお目見え

イメージ 1

この渓は いつもビカビカ天然魚♪

渓の水温は低く6月の声を聞かないと

釣りにならない渓。

快晴の8月でも何とか釣りになる。

そしてビカビカ アマゴちゃん♪

イメージ 2

大きい流れではないので

かなり釣り辛く

くもの巣との格闘が続く釣り・・・・

イメージ 3

イメージ 4

光と影のシンフォニー

イメージ 5

極上の時が流れる

そして こんなポイント

イメージ 6

護岸ボサ下の更に奥へキャスト

フライがボサ下、影の部分を通過する時

狙い通りに出

そして

納得の1尾、ネット枠サイズ。。。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

連続3ショット

どの角度から見ても

完璧なる魚体 極上の1尾。

自然に感謝です。

午後からは上流部へ

岩魚三昧。

特別大きいのは釣れないが

次から次へと

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

20以上は遊んだかも。。。

サイズの割には引きが強くて

十分、楽しませてもらった。

New Car のおかげか??

9月になったら

もう一度見にくる事としよう

イメージ 15

愚か

7月23日(土)

曇りのち晴れ

岩魚狙いなら

かなりの確立で

尺を望める渓は いくつか知っている。

しかし 愚かにも

懲りずにアマゴ狙い。

台風がもたらした雨で

状況が良くなっているかも?



無理やりな希望的観測をこじつけ

今シーズンは初めての

遡行の辛い渓へ。

イメージ 1


イメージ 2

べっぴんアマゴ。

日差しがきつすぎて

やはり超大物は出てくれない。

イメージ 3

ガングロ??

そして再び べっぴん。

イメージ 4

イメージ 5

真夏のアマゴは

なかなか思うように釣れないが

一年で一番綺麗な姿を見せる。。。

まさに渓の宝石

イメージ 6

交通事故を狙ったが

やはり いつもの真夏の渓・・・・

次回は岩魚に癒されてこよう。

限界

7月18日

快晴

パーマーク狙いは限界

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これが精一杯かな。。。

イメージ 5

アマゴ探求

6月27日(月)

先週、行くか行かないかで迷い

結局 行かなかった

地元福井の巨大ミミズの渓を検証。

8時半に家を出て

到着したのは11時半。

ここ本当に福井?

遠すぎ。

戦闘力の低いマイカーでは

林道だけで40分はかかった。

車底 打ちまくり・・・・。

着くと

先行者の車あり。。。

仕方がないので

少し下流に下って様子見。

イメージ 1

いきなりネット枠サイズのアマゴGET。

しかし何故か銀化している・・・。

その後、小ぶりなアマゴと岩魚が釣れるも

撮影には至らず。

先行者の車まで釣りあがったので脱渓、移動。

近くの岩魚の谷を1時間程やってみるも

全く反応無し。

既に16時をまわっている。。。

もう今日は上がろうかとも思ったが最後の移動。

帰り道の国道横の流れで

イメージ 2

ネット枠サイズの岩魚。

イメージ 3

それと綺麗なアマゴ1つ。

以上で納竿。

次回はサイズアップ アマゴを狙いに行こう。

探求はつづく。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事