ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事のご紹介。ほぼ毎日更新。

書庫全体表示

昔の家電製品は長持ちしたって話はよく耳にしますね。
例えば、
ワイヤード式のエアコンとか
緑色の冷蔵庫とか
まだ現役のお宅があって驚きます。
25年以上経ってますからね。
電気代はお高いとは思いますが・・・

家電品の配達に行って「何年位使えるかな?」って聞かれることも多いですが「10年は使いたいですね」ってお答えしてます。

実際にはメーカーの補修用性能部品の保有期間が一つの目安になります。

一番長いのはエアコンで10年
次が冷蔵庫とエコキュートで9年

テレビ、レコーダー、電子レンジ、IHクッキングヒーターが8年

意外と短いのがドラム洗濯機が6年
縦型洗濯機でも7年なんですよね。

5年間しか使ってなくて、壊れてなくても買替されるお客様もおられます。

イメージ 1


17年間お使いいただいてやっと?壊れて買替されるお客様もおられます。

イメージ 2


電気屋としては短期間で買替されることは喜ばしいことかもしれませんが
長くお使いいただいた家電品を引き取る時の方が、
こいつ良くがんばったなぁってうれしい気持ちになるもんです。

自分の販売した家電製品には思い入れがありますからね。

家電製品の寿命を左右するのは生産国にも影響している気がします。
昔は全て日本製でしたもんね。

ある時期から中国製が増えきて、最近は高級タイプは国産に戻ってきてます。また、低価格の物はインドネシア、ベトナム製が増えてきました。

先日のCANONのプリンターはベトナム製でしたし、
昨日のYAMAHAのCDプレイヤーはインドネシア製でしたね。

韓国製の家電製品を見ることは激減しました。
これも時代の流れでしょうね。
(訂正、液晶テレビや話題の有機ELテレビのモジュールは韓国製が多いですね)

さて、おまけの写真は近所で見かけた雉(キジ)
写真の中央にいるのが分かるかな?

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


この辺りに夜来るとタヌキも多いですし、時々キツネも見ます。
人家に近い方がエサが多いんでしょうね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事