ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事のご紹介。ほぼ毎日更新。

書庫全体表示

パソコンを販売していると時々頭を悩ます事態に遭遇します。
今回はそんな事例です。

お客様からパソコンの動きが急に悪くなったので解決して欲しいというご依頼がありました。

お預かりして点検すると
何やら立ち上がりが悪い、もたつく、えっメモリーが悪いのかなって調べると
実装メモリー4GBあるのに使用可能が半分の2GBになってました。

イメージ 3



メモリーはよく机に例えられます。ハードディスクは本棚、CPUは頭。
机が小さいと同時にいろいろな仕事ができませんからね。

2GBのメモリーが2枚入ってるなら接触不良などで1枚しか認識してない
なんてこともあるんでしょうが、メモリーは4GBが元々1枚しか入ってないです。
もちろんメモリーを抜き差ししても変わりありません。

イメージ 1


Windowsに入っているメモリ診断ツールを実行してみました。
でも問題は検出されませんでした。

イメージ 2


続いてセーフモードで起動してみました。
セーフモードは何らかの不具合が起きた時に診断するための起動モードです。

診断をするために必要最低限の機能だけが有効になっています。
その後通常の再起動しました。

あら不思議!
今度はメモリが正常に4GB認識されて通常起動してしまいました。
その後も何度か再起動しましたが正常に戻ってしまいました。

イメージ 4



実はセーフモードで再起動するだけで不具合が解決するという事例はけっこうあるんですよ。

せっかくなんでWindowsアップデートもしておきました。

次は英語の画面が出て何やらセキュリティのアップデートが始まりましたが、
また、不具合が発生しました。

イメージ 5



エラーコードが出てます
0x80070652

イメージ 6



これが分かれば検索かけてみます、いろいろヒントが出てきます。

 (質問エラーコード「0x80070652」が出てアップデートが完了しません)
同じ質問をたくさんの方が検索するので
自然と検索エンジンの上位にその解決策が出てくることが多いです。

その中で
Windows DefenderをOFFにしたらUpdate できたという投稿がありました。

早速私も試してみましたら、今度はエラーが出ないで無事にアップデートが完了しました。

ということで無事に解決しましたが
夕方から作業を始めて、夜9時にアップデートさせたまま帰社、
翌朝続きを完了させて、かなり時間のかかる作業でしたよ。

当店にご依頼をありがとうございました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事