ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事と日々の出来事。ほぼ毎日更新。

書庫全体表示

同業者様からの技術応援のご依頼がありました。
ケーブルテレビとお手持ちのBSアンテナを混合して受信されているお客様宅なんですが2部屋だけなぜかBSデジタル放送の特定のチャンネルが受信出来ないというご相談でした。

お電話でいくつかの確認ポイントをお知らせしたのですが
当店に対応を任せたいとのことでして出動してきました。

他の部屋ではBS放送がちゃんと見えるのになぜ2部屋だけ?
またなぜ特定のチャンネルだけ?

状況だけ聞くと何やらややこしそうで、何から点検してよいか悩んだんでしょうね。

各ポイントでレベルチェッカー測定すると判断が楽ですね。

BSアンテナは金具が錆びてかなり古いタイプでしたが、デジタル対応になってました。アンテナ直下では受信レベル、品質ともに安定した受信状況でした。

イメージ 1


気になったのがBS混合ブースターの調整部分でした、BS入力のATT-10dBが入ってました。
CATVの入力はアンテナ受信に比べると強い信号で送られてきますので
BS入力に-10dBのアッテネーターを入れる必要はないと思います。

ツマミを上げて0dB側にしました。利得調整はMAXになってましたのでそのまま。

イメージ 2


もう一点、ケーブルが鋭角に曲げられている箇所がありました。
ケーブルが変形するような曲げ方はインピーダンスが変化して損失が大きくなりますから要注意ですね。

これだけなんですけど無事にBS放送が全チャンネル受信できるようになりました。

なるべく費用をかけないで対応して欲しいということで、お客様には状況説明して、経過を観察していただくことでご了承もらいました。
今回は作業は完了。

ケーブルテレビに加入したからと言ってもBSアンテナ、同軸ケーブル、分配器、壁面ユニットなどは既設の設備を流用してますのでこれ以上の受信環境を改善するにはそれらの改修工事が必要になるかもしてませんね。

場合によっては新しく同軸ケーブルをバイパス引替えするなんてことも多いです。

当店にご依頼をありがとうございました。

(他店で購入されたエアコンの取付けについて)
当店では他店でお買い上げされたエアコンの取付工事のみのご依頼には対応しておりません。
限られた人数で運営しておりますので申し訳ございません。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事