ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事と日々の出来事。ほぼ毎日更新。

書庫全体表示

とある施設の移転に伴う業務用床置エアコンの移設工事が完了しました。
8馬力の能力があるので機械も重たくてなかなか大変でした。

イメージ 1

いつも家庭用のルームエアコンを取付ける時に使う冷媒配管は2分3分というサイズを使うんです。20m巻きになったペアコイルです、こんなのです。

イメージ 2


だいたい6畳から18畳まではこのサイズです。
人力で曲げることも出来るので作業性もいいですね。

家庭用でも20畳用を超えると配管サイズは2分4分というサイズになります。太い方のパイプがひと回り大きいサイズになります。
人力でも曲げれないことはないですが、きれいにつぶれないように曲げるためにベンダーを使います。

業務用エアコンになると次の配管サイズは3分5分になります。
まだ20m巻のコイルになってまして、ベンダーで曲げることが出来ます。

今回の8馬力になると配管サイズは3分8分になるんです。
8分の配管は直管しかないんで配管を足したり曲げたりはすべて溶接するんですよ。

イメージ 3

室内で溶接するケースもありますので、消火器を準備して、鉄板で床や周りを養生したり火災報知器がならないように配慮したり、けっこう大変なんですよ。

コンクリート壁にコア抜きして、電力計から室外機まで電気工事して

イメージ 4

最後に配管パイプをラッキングして完了です。

イメージ 5

112キロもある床置エアコンを2階まで運ぶのに1階の廊下の
窓を外して搬入したんです、がんばって工事しました。

イメージ 6


当店にご依頼をありがとうございました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事