ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事と日々の出来事。ほぼ毎日更新。

書庫全体表示

いよいよ放送が本格化したBS4K BS8K放送。
超高画質、本物を見るような臨場感、立体的な高音質。
すばらしい日本のテクノロジーが生んだ新しい放送ですね。

ただ、アナログ放送からデジタル放送に切り替わった時のような変化は少ない気がします。
あの時はアナログ放送が停波して見られなくなるという非常事態でしたけど、
今回は追加される新放送形態になりますので、消費者としても「慌てない、今困っていない」という事情が大きく関係しているようですね。

NHKさんの4K放送なんか見ていると惚れ惚れするような高画質に圧倒されますけど、日中の民放さんでは以前の番組をアップコンバートした再放送が多いのとコマーシャルのテレビショッピング番組が多いのがやや評価が悪いようです。

いくら高画質と言ってもやはり番組の内容が面白かったり有益な内容でないと4K放送を視聴する意味がないですもんね。

聞くところによると番組を制作する側にとってはBS4K BS8K放送対応機器で撮影するとなるとかなりコストがかかるらしいです。

NHKさんは潤沢な視聴料があるからいいですけど、民放さんはやはり広告料で運営してますからコストをかけただけのメリットが広告主さんに出ないようでは対応が大変なんでしょうね。

もっともっと視聴者数を増やしていかないとね。
最近の消費者さんはテレビを買ってもテレビ番組見ないで、ネット動画を楽しむ方も多いですからね。

なかなかBS4K BS8Kと言えども競合する放送形態との戦いは続きそうです。

ご参考に具体的な視聴方法をご案内しておきますね。

イメージ 1


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事