ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事と日々の出来事。ほぼ毎日更新。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

さて、新型のホンダN-VANですが、いいことばかりでなくてマイナスポイントもあります。

イメージ 1


高速道路で時速80キロを越えるとさすがにエンジン音と路面の音がうるさいです。ただ以前のバモスと比べるとそれでも静かなんですけどね。

これがもしターボ車ならエンジンの回転数が下がるのでもう少し静かかと思います。お値段は上がりますけど・・・

タイヤがバン用タイプになっている関係でN−BOXよりは車内の静粛性は劣るらしいです。
ただ一般道走行ならほんとに静かに走れます、まあ商用軽ワゴンですから。
そこは割り切りが必要ですね。

高速道路走行とは違う話題ですけど、N−VANの燃料タンク容量は27リットルしかないんです。4WDタイプではなんと25リットル。

バモスが37リットルなんで、給油回数が増えるのはマイナスポイント。
燃料タンクは座席の下にあるようなのでかなり薄型のタンクなんでしょうね。

航続可能距離が表示されるので不安感は少ないですけど、
満タンで460キロと出てました。

それと燃費ですけが、現在の平均燃費はリッター約15キロ前後ですね。
街中でストップアンドゴーの繰り返しのわりには良い数値だと思います。

荷室の広さに付いては十分納得して購入してはいるのですが、
ほんとにあともう少し長さがあればいいんですけどね。

また、後輪のタイヤハウスの荷室への出っ張りはほんとにじゃまですね。

イメージ 2


それと後部座席の窓は開きません。基本的に後部座席は荷物を載せることが多いことを想定してますので、その辺の仕様の割り切りは潔しですね。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事