ここから本文です
川正電器(カワマサデンキ)のブログ
本日のお仕事と日々の出来事。ほぼ毎日更新。

書庫仕事以外

記事検索
検索

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

うちの地域は都市ガスがないのでプロパンガスを使ってます。
自宅の方ではまだガスの湯沸かし器とガスコンロも残してありまして毎月、
近所の燃料店さんがお店に集金に来られんですよ。

今回、集金の方が「先月集金来るの忘れたから今回は2か月分下さい」ってことでした。

あれ・・・?
家族で「ついこの前集金に来たよなぁ」って話して
「そうや、領収書あるじゃろ」ってことになったんですが
もうシュレッダーした後でした。

そーっとシュレッダーくずの袋をのぞくと、幸いなことにほとんどが白い紙をシュレッダーしてたので、領収書の緑色の細長いのが見つかりました。


イメージ 2

1枚1枚貼りあわせるなんて、思いもよりませんでしたけどね。
なんとか、日付と金額が読めまして、早速燃料店さんには代金支払い済みですけどと連絡することが出来ました。


イメージ 1

それにしても2重に請求するなんて間違いはお店の信用問題になるから気を付けてもらわないとね。

クロスカット式のシュレッダーなら貼りあわせるなんて出来なかったですね。
旧式のシュレッダーで助かりました。

領収書は残しておかないとね。
さて、新型のホンダN-VANですが、いいことばかりでなくてマイナスポイントもあります。

イメージ 1


高速道路で時速80キロを越えるとさすがにエンジン音と路面の音がうるさいです。ただ以前のバモスと比べるとそれでも静かなんですけどね。

これがもしターボ車ならエンジンの回転数が下がるのでもう少し静かかと思います。お値段は上がりますけど・・・

タイヤがバン用タイプになっている関係でN−BOXよりは車内の静粛性は劣るらしいです。
ただ一般道走行ならほんとに静かに走れます、まあ商用軽ワゴンですから。
そこは割り切りが必要ですね。

高速道路走行とは違う話題ですけど、N−VANの燃料タンク容量は27リットルしかないんです。4WDタイプではなんと25リットル。

バモスが37リットルなんで、給油回数が増えるのはマイナスポイント。
燃料タンクは座席の下にあるようなのでかなり薄型のタンクなんでしょうね。

航続可能距離が表示されるので不安感は少ないですけど、
満タンで460キロと出てました。

それと燃費ですけが、現在の平均燃費はリッター約15キロ前後ですね。
街中でストップアンドゴーの繰り返しのわりには良い数値だと思います。

荷室の広さに付いては十分納得して購入してはいるのですが、
ほんとにあともう少し長さがあればいいんですけどね。

また、後輪のタイヤハウスの荷室への出っ張りはほんとにじゃまですね。

イメージ 2


それと後部座席の窓は開きません。基本的に後部座席は荷物を載せることが多いことを想定してますので、その辺の仕様の割り切りは潔しですね。
初めて新車のNAエンジンタイプのホンダN−VANで高速道路を走ってみました。

(NAエンジンは自然吸気エンジンのことでターボじゃない普通のエンジンのことです。)

イメージ 1

第一印象はスムーズな加速でした。

以前私が乗っていたホンダ・バモスは3速のオートマでしたがN−VANはCVT(無段変速)になったのでギヤが切替わる時のショックがないんですね。

アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)について


設定された車速内で、検知された前走車との車間距離と速度差に自動で追従するシステム。乗用車では最近多い機能ですけど商用バンにこの機能が付いたのには驚きですね。足をペダルから離してもクルーズ出来るのは楽ちんですね。

ハンドルのボタン操作で1キロ刻みで速度を変えることも出来ます。

路外逸脱抑制機能について

ハンドル操作を介助してくれるということでしたが、
ほとんど自動でハンドル操作してくれるのではないかと勘違いさせてくれるほどでした。

うっかりハンドルから手を放してる時間が長いと、
「ハンドルを握って下さい」という表示が出ますね。

もちろん自動運転とまではいきませんが、長距離運転の疲労度が少なくなるのは間違いないですね。

余談ですけど、
走り出すとドアに自動的にロックがかかります。でも停止してパーキングに入れるとカチッと音がしてドアロックが解除されるんですね。

また、雨の日にバックギヤに入れると自動的にリヤワイパーが作動するんですね。こういうところは商用バンとしてはなかなか親切(^−^)
うちの家には古いフィルム式のカメラが何台も残っているんですよ。
私が学生時代から写真をやっていたことと、父もカメラ好きだったことが関係してます。

最近、父の古い友人から連絡があってその中の1台を譲って欲しいとお話しがありました。

イメージ 1

おそらく買って20年以上経つカメラじゃないでしょうか。
もちろん電池を抜いて、カメラ専用の保管庫に入れてましたのできれいではありますけど。

レンズにカビはありませんし、試しに電池を入れて動作確認するとばっちり。

このカメラはどうも調べてみると、パノラマ写真が撮れる珍しいカメラらしいです。

どんな価値があるのかと思ってヤフオク見ていると、
なんとびっくり仰天の値段が付いてました。

イメージ 2

イメージ 3

希少価値とは言ってもフィルム式ですからね、
なぜこんな値段が付いているんでしょうね。

その父の友人が、うちにこのカメラがあることを覚えていたのにも驚きましたけどね。うちの父の写真仲間の方ですし、そんな方に使ってももらえるだけでもカメラも父もきっと喜んでくれると思ってお譲りしました。

さて、どんな写真が撮れるやら、楽しみですね。
去年の確定申告の時にも「ふるさと納税」をしようと思って本まで買ってたんですけどそのままになってしまって…

イメージ 1

ご存知かと思いますがふるさと納税すると
①お礼がもらえる
②自己負担2,000円するけど、税金が控除される
③応援したい自治体に寄付できる
④使い道も指定できる

イメージ 2


今年ももう確定申告を提出したところですけど、
来年のために思い切って話題の泉佐野市にチャレンジしました。

返礼品にプラスしてAmazonギフト券最大20%も還元されるとあってウェブサイトはつながりにくい状態が続いてましたね。100億円還元ということですけど最近PayPayといい100億円還元が流行ってますね。

イメージ 3


イメージ 4

事前にシュミレーションして納税金額を決めます。
私の場合は無難な所で15,000円としました。

商品数は1,084件もありましたが既に品切れになっている商品も多く見受けられました。最高額は400万円越えの商品設定があるんですね。

イメージ 5


ところで支払いはYahoo!公金支払いでした。
大手とタイアップして合理化と利便性が高められてますね。

私の場合はすべてTポイントで決済しました。

イメージ 6

後日、3,000円のAmazonギフト券が送られて来るそうです。
これならメールで送ってきてくれますので事務処理が簡単ですもんね。

2,000円の自己負担で3,000円のギフト券もらって、お礼の品をもらって
15,000円税金控除、使ったのはTポイント。

ニュースで話題になるはずですし、ウェブサイトがつながりにくくなるのもよく分かりました。

100億円ってすごい金額ですけど、間違いなくクリアすることでしょうね。
今回の取組には賛否両論があるようですけど、地場産業の宣伝効果も相当期待出来そうに思います。

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事