武蔵村山市議会議員 あまめいし要一郎の活動報告

すっかり、ブログの更新を怠ってました。精力的に情報公開請求など相変わらず追及してます。

全体表示

[ リスト ]

 3月27日、日本李登輝友の会総会が行われました。(私は市議会で行った震災の義捐金募金で出席できませんでした。)
 
 この総会にて、李登輝 台湾元総統からインターネット中継でお見舞いのメッセージが届けられました。
 
 
 日本李登輝友の会の小田村先生、会員の皆様、そして会場にお集まりの皆様、こんにちは。李登輝です。
 台北市李登輝之友会と李登輝民主協会の合同主催の「台湾真の情(こころ)、日本頑張れ」というチャリティ・コンサートがいま始まりました。
 この場を借りて、私からこのたびの東北関東大震災に慰問のメッセージを日本の皆様に送ります。
 このたびの東北関東大震災の人々に与えた恐怖は甚大なものでした。物質的損害はもちらおん、莫大な数字にのぼると思います。しかしながら、このような惨状のなかにあっても、日本文化に育まれた日本の方々の冷静かつ理性的な言動は、世界の人々から絶大な賞賛を受けました。
 私は日本の皆様に一言だけ激励の言葉を述べさせてもらいます。
 再建はわれわれが傷痕から抜け出し、再生するための契機です。次の世代のために、永続的に発展する安全で平和な新しい日本が創造出来る事を心より願っております。
 日本の皆さん、がんばってください。
 
 李登輝元総統も、総統在任中に台湾大地震に遭いました。中国の温家宝首相もチベット地震に遭いました。そして、日本の菅総理は東日本大震災です。
 大地震の時の対応として、この3人には共通点があります。
 それは、直ちに現地に飛んだ事です。その点では、菅総理が原発に飛んだ事は他国のリーダーの対応と変わりません。ただ、菅総理の対応が他国と全く異なるのは、李登輝総統にしろ、温家宝にしろ、軍の幹部や行政の幹部を同行させ、その場で対策を指示していった事です。視察ではありませんでした。
 また、阪神大震災でも、小里震災対策担当大臣は、神戸のホテルに各省庁で現場を熟知している中堅クラスの官僚を集めてプロジェクトチームを作り、省庁の壁を取り払って一刻も早く災害復興するようにと指示をしました。
 
 政治主導と言っていた、民主党 菅政権が、一番、政治主導という言葉が似合わないように思います。
 
 
 
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

李登輝元総統の「武士道解題」をお読みになってみると面白いですよ。親日家という範疇を超えて、哲人政治家である事が分かると思います。李登輝学校など直接お会いして話をうかがう機会もありますので、直にお話をうかがったらきっと感銘を受けられると思います。
昨年、お会いした折に、「ずいぶんとお年を召されたなあ。」と思いました。私も、選挙が落ち着いたら、再び、お話をうかがいたいと思っています。

2011/3/31(木) 午後 6:58 [ ooo ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事