全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

1)滋賀県でもタミフル耐性ウィルス! 
 
 県が発表しました。
「23都道府県のAソ連型患者121人のウイルスを調べると、1人を除き99・1%で耐性化していた。」(1月27日、国立感染症研究所)
数年前、世界中のタミフルの8割を買い占めた日本。なんかムナシイ。
インフルエンザウィルスは、皆殺ししないといけないほど怖いものでしょうか?
耐性のできない天然物で、「被害許容水準以下」を目指しましょう。
 
2)B型インフルエンザ流行の兆し

 国立感染症研究所の発表(2月10日)を受けて、滋賀県でも、Aソ連型とA香港型インフルエンザの流行は、未だ警報レベルにあるものの、ピークを超えつつあり、新たにB型が流行の兆しと発表しました。(2月10日)

3)完全防除より、70パーセント防除を!
 
罹患したら致命的になりかねない方は別として、健常者まで、インフルエンザウィルスから完全に隔離する必要があるのでしょうか。私たちは、農薬で作物の病気や虫害を完全に「消毒」使用とした結果、害虫の天敵を殺し、害虫や病害菌の薬剤抵抗性を発達させるという、苦い経験をしてきました。医薬の分野でも、抗生物質の乱用が多剤耐性菌を生み、同じような失敗を繰り返しました。

 ,海離掘璽坤鵑魯ぅ鵐侫襯┘鵐兇領行と花粉症の流行がオーバーラップします。毎日、オウギを飲むことで、気道粘膜を丈夫にし、カゼや花粉症に罹りにくくすることができます。
◆,泙拭⊆りでインフルエンザが流行しだしたら、外出前と帰宅後に、板藍根でうがいをして、ごっくんと飲みます。子供でも飲みやすいお茶です。
 喉の違和感や乾燥感を感じたら直ぐに天津感冒片を飲みます。

このような対応をすれば、たとえ万が一インフルエンザに感染しても、症状は軽く、病程を短く済ますことができます。また薬草は、ウィルスに薬剤耐性を発達させることがほとんどありません。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事