全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

認知症と漢方薬  〜前兆に対する効果に期待〜

先日、ある認知症に関するシンポジウムに参加した折、偶然、演者の先生とトイレで言葉を交わしたことがきっかけで、休憩時間と懇親会でお話を聞く機会を得ました。
この先生は、もっぱら新薬の効果の仕組みを研究することが本職でありながら、個人的に漢方薬をお使いになったご経験があり、本番の講演以外で率直なご感想を聞くことができました。そして、以下の確信を強くしました。
1)認知症の多くは、そのかなり以前から、感情の起伏などに前兆があり、早い段階から脳の血流を改善しておくことで、その後の精神的負担をかなり軽く出来る。
2)タンジン製剤は予防的摂取が効果的であり、出来れば30代から、細い血管の流れ改善をしたほうが良い。
3)先端の抗認知症薬で下痢・嘔吐し、施設で非協調行動が目立った患者が、漢方薬で3年ぶりに「問題行動」がピタッと止んだ。漢方薬は、証が合えばますます有望。
 以下は、その先生の当日の講演要旨です。タンジン製剤の認知症に対する効果がテーマで、日本薬学会2009年京都での講演とほぼ同じと思われます。
1)脳の保護作用
老化は、脳の細胞数が減っていくことでもあるのですが、脳の血流が悪いとそのスピードが速くなります。ここでは、脳血管を繰り返しふさいで、予めタンジン製剤を与えたラットへの影響を調べました。
顱北堆実験で、予めタンジン製剤を与えたものは記憶傷害が抑えられた。
髻砲佞気い世海箸砲茲詛昇挧Δ了猝任髻▲織鵐献鸚什泙亘匹い澄
鵝砲佞気い世海箸砲茲詛召侶賣の低下を、タンジン製剤は防いだ。
堯房存海忙箸辰診昇挧Δ妊織鵐献鸚什泙旅鎧晴什醉僂鯊定したら、当帰芍薬散の10倍以上、抑肝散をも大きく上回りました。
2)軽い認知症に対する精神・神経安定作用
顱縫織鵐献鸚什泙鰐物による異常興奮を抑えた。そのメカニズムも実験で確かめられた。
髻縫織鵐献鸚什泙蝋況盥堝阿睛泙┐拭
鵝縫織鵐献鸚什泙聾験侏余評も抑えた。
堯縫織鵐献鸚什泙録臾音間を延長した。

この記事に

閉じる コメント(2)

認知症が本人以外から見て認知症だと分かる時には症状が進んでしまっているのですね。自分が認知症になり始めたかかどうか判断するのはとても難しいと思いますが、それができるなら、お薬の効果も大きいでしょうね。(o^ー^o) 改めて、ファン登録されていただきました。遅くなってすみません。

2009/6/30(火) 午後 4:50 秋葉 ケイ 返信する

顔アイコン

ボケてなお生き続けるのは人間だけでしょうか?
自分の進退は自分でしっかり決めたいと思いますが、出来るかな?
参るすに・・・。自然を見ることがトレーニングになればいいのですが。

akiba_keyさんのブログ、淡々と、シャープに、身辺の自然を切り取っておられて、時々覗くのがくせになっています。ありがとうございました。

2009/7/3(金) 午後 11:26 参るす夷 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事