じゅりまま MY LIFE

ご訪問、ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

 
追記: 本ブログの記事すべて
過去にも、これまでも 写真を提供したり
取材に応じたことはありません。
 
 
 
 
昨日のブログ記事には、予想外の反応があって
調べてみようとする前に、あっちから、こっちから電話やメールや
日頃、疎遠になっていた人までもが 乱舞狂乱して選手さんの名前を
教えてくれました。
どんなに、凄い方たちだったのか よ〜〜〜〜〜く、分かりました。
 
 
だから、お願い 生卵は投げないでくだしゃい!!
残りの秘蔵画像を整理できたら、いずれ!(いいのかな????)
これを機に、老婆は特にご親切だったお二人のファンになりました。
これからは、絶叫して応援することを誓います。
 
 
 
                   ふれ〜 ふれ〜 ニッポン   
 
 
 
 
イメージ 4
お分かりになるでしょうか。 ケニヤ側 マサイマラで 8日目に近くにいたキリンを撮っていたら、
遠くにヌゥが集結し始めているのが確認できました。
 
 
 
 
 
 
                夢がかなった!!
 
 
 
 
 
 
                アフリカに行きたい!
                見渡す限りのヌウを見たい。
                長年の夢でした。
 
 
 
 
 
 
アフリカ大陸は何十年も前に、エジプトに一度だけ行ったことがありましたが。
でも、違うの。 遺跡より 大自然と動物のアフリカに行きたい!!
 
 
 
 
 
 
在職中、お仕事で何回か行けそうな機会があったのに
なぜか、いつも直前になって行けなかったり
調子いい上司が、その良いとこ取りで 行ってしまったり。(笑) 
だから、定年後のいつか 本物のサファリ旅行がしてみたかった。
 
 
 
 
 
そして、タンザニアとケニヤにまたがる キリマンジェロの山は
タンザニア側でも体験してみたい。
こんな夢をいつか叶えたいと、ずっと ずっと思っていました。
 
 
 
 
 
 
 
昨年、8月に、ナイロビの空港(<−−迫力の動画がありました)の
火災があって行けず。 
更に9月には日本の団体旅行でも よく立ち寄る場所で
民間人61人と兵士6人が死亡、240余人の死傷者が出ました。
 
 
 
 
今も、外務省のホームページで注意を促しているから
ケニアのナイロビの都市部を避けて、デコボコ道の悪路でもいい
タンザニアから入国できるツアーを探していました。
 
 
 
 
 
最近はお手軽パッケージのアフリカ旅行は、いくらでもあります。
 
じゅりままが行きたかったのは、そういう スケジュールびっしり観光や
ショッピングが旅程に入っていて、サファリと言っても 
大人数のバスで移動する、南部のアフリカ旅行ではなく
本格的な大自然で、団体旅行の少ない、東アフリカはキリマンジェロの裾野に行ってみたい。
 
本格的なジープや、サファリカーで サファリ三昧の旅行をしてみたかった。
これが、実に少ないのでありました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
             往路は好みの バルクヘッド最前列 1Kの席が取れました 
             復路はだめで、3列目でした。 負けを予想して 選手団はDupebookingしていたのだろうか??
              そこが知りたい!!(笑)
 
 
 
 
 
 
同じ行くなら、絶対条件。
★ ゴージャスな航空機材、機内食が美味しいい中東の航空会社であること。
 
 
イメージ 2
   ちなみに、カタール航空の座席はフルフラット
   隔離されたベッド状態になれて
   特記すべきは 
   座席にマッサージ機能がついています。
   操作が理解できるまでに、時間がかかりましたが
   けちなじゅりまま、100玉入れずにできる
   ずっと、腰やら臀部をぶるぶるマッサージしながら
   眠りました。
       イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、もっと大事な条件
 
★ 団体ツアーの場合、人数が10人以下の少数限定であること。
★ といっても、もう年なので 寝るところだけは 安全で最高のホテルであること。
★ かつて、仕事で立ちあげと営業に関わったことのある ムパタ サファリクラブ
   旅程の一部に確実にギャランティされていること。
    (要注意* 団体旅行は xxxホテルまたは同等ホテルとなっていることが多い)
 
 
 
 
おまけの条件
☆ できれば、ヌウの大移動が観れる可能性のある時期であること。
   (これはヌウが条件をきめるから、これが宝くじなみで かなり難しい)
★  緑が美しくなりはじめた、乾季と雨季の境目に行きたい。
 
 
  サファリ―カーは 6人〜8人乗りの旅となるので
    同乗する人が、気ごころ知れてないと 好きなモノが好きに見れず
   好きに写真も撮れないから
   バス旅行の団体では、楽しみが半減する。
 
 
 
 
ガイドとドライバーがいるから、4人以内が理想的なのだけれど。
   夫の寅は 動物三昧なんて、まっぴらごめんと言うし・・・。 
 
     イメージ 5
 
このように遠くにライオンを
見つけた場合、ドライバーは他の
サファリカーに連絡する。
 
まもなく、何台かのサファリカーが
ライオンの見える位置に集まってくる。
 
 
サファリルール
中に、騒がしい人がいたら迷惑。
 
 
 
 
 
 
サファリカーは 動物に25m以上(車5台分くらい)
近づいてはならないルールがある。
これでも、♂(オス)のライオンが観れたら、ラッキー。
 
 
 
 
 
 
 
しかし・・・・・
スローで走行していたら、ライオンが勝手に寄ってきたら
ルール違反ではない。
これも滅多にあることではないのだと言う。
 
 
 
 
 
即、ストップして 無線で ライオンがいるぞと 連絡をとりあう。
 
イメージ 6
 
 
 
 
ここで同乗者が
きゃ〜とか
わぁ〜とか
言ってはならない。
 
 
 でも、言う人が多い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、ひたすら 固まって 見つめる。
 
 
普段の行いがいいと、ライオンがわたしたちに寄ってくる????
こんな風に寛いで、横たわったりするの??????
 
 
これを幸運と言わずして、何と言う!!!!!
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左手は、夫から借りてきた i-pad で動画を撮り
右手は、デジカメを持って じゅりまま 呼吸を止めての
二刀流。 
もう、大興奮です。
一週間滞在して、一度も見れないまま帰国された方がいましたもの。
 
 
 
 
 
 
 
私達の車の背後に 近くにいたサファリカーが何台か集まってきました。
このあとが、すごかった。
ライオンの雄叫び入りの動画が撮れました。    
これを内田さんと 吉田さんに見せられたの  嬉しい!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   ツアーに、一人参加ではホテル代の差額に多額な費用がかかるため
   誰か一緒に行かないかな〜・・・でした。
    
 
 
 
 
 
 
己の年齢や健康体力、家族のこと、特にお姑さまの体調のいい時であること。
ワンコ達が元気なうちとか、いろいろな条件が整った「今しかない」
夫の寅に言われて、 決心しました。
 夏休みなら、行けると言う方もいましたが、それじゃダメなのよ。次はないの。
「ごめんね。」でした。
 
 
 
 
 
 
         もう、いいや。
一人でも行くんだ!と予約を始めたら
朝のワンコのお散歩の途中で、時々 コーヒーをご馳走になっている
女学校時代の友人のやすこさんが、「行きたいわ〜」と言った。(しめた!)
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
                    車の真ん前で、あくびをする♂ライオン
                      ナイス☆ポチを頂けるでしょうか。
 
 
 
 
 
更に旅行慣れしている方でありながら、
アフリカ? 「面白そうね〜」と、今回の内容をよく分かっていないまま
とんでもない奥様、ももたろう姉さんが加わりました。(芸者ではありませんよ
この方には、旅行中 いろんな意味で参った!参った! 恐れ入りました。(笑)
 
 
 
 
               
                     かなり ミーハー行動されていたし・・・ 
 
イメージ 9
 
 
 
ほかに? 例えば?
アフリカのドメス(国内フライト、特にセスナ機)は厳しい荷物の制限がある。
国境を超えて移動するサファリの車にも載せる荷物の大きさ制限がある。
それなのに、通常の観光気分で、デカいスーツケースを2つも3つも持って来た。
「いったい、どうするのよ!!」(笑)
 着の身着のままよと言っているのに、
ピンクのパジャマまで持っていらしていたし・・・(笑)
 
 
 
 
 
 
 
更に更に 
 
 
 
来年、90歳になる やすこちゃんのお母様までが行くと言いだした。
アフリカと行っても、標高の高い場所。
朝晩の寒暖の差が大きく とても寒いし。
 
 
 
 
 
 
問題はサファリ中のトイレ。
どこのサファリパークも関東一帯よりも広い。
トイレのある場所は、限られているし、どこでも車から降りるわけではない。
ご高齢のお母様には、どうでしょうと申し上げたら
「だいじょうぶ! 日本には優秀な紙おむつがあるでしょ?」とのたもうた。
 
 
 
 
 
 
内心、心配でしたが事前にお目にかかってみたら 
かつて某大臣の妹であり
今でも世界中を駆け巡っている、実に楽しいお母様。
サファリにはぜひ、行ってみたかったと仰る。 
まもなく、90歳になろうというのに 毎日ジムに通い
社交ダンスも続けておられるという。(ひょえ〜、今だにヒールですかい!
 
健康に問題なし!  これは行ける!と確信しました。
 
 
 
今でも自立されいて、一人暮らしされています。
 
イメージ 10
じゅりまま、今回の遠い旅行はこれで終わりと思ってきました。
 
 
 
 
そうしたら、おほほっ! 10年、20年早いわよ〜
しっかり、倹約して旅行貯金しなさい〜
まだまだ、好奇心を忘れちゃだめよ〜
 
 
 
 
言われてしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果・・・ 今回の旅行は大きなトラブルもなく
強運の妖怪魔女3名が加わり、大きな幸運がいっぱいあって
我が人生の旅行の集大成として 大満足の旅となったのでした。
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
膨大な写真、たぶん5000枚を超えています。
まだ、時差ボケが解消していませんが、ハイライトだったところだけでも
思い出が新鮮なうちにと思っています。
 
 
 
 
 今日も長い記事におつきあい、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(48)

顔アイコン

お帰りなさい、じゅりまま、いつかえってくるのか待ちわびていました。又、ブログを拝見できることを嬉しく思います。今日もブログ更新楽しみに待ってます、ナイトより

2014/6/30(月) 午前 6:59 [ hoi**shi_sh*n45*4 ] 返信する

すごい興奮ものでした(≧∇≦)
本編や裏話や今後が楽しみです(^o^)
うちは野菜を置いては行くこと出来ないから、じゅりままさんの旅行記で世界中行った気にさせてもらってます^_^

2014/6/30(月) 午前 7:01 なおちゃん 返信する

顔アイコン

じゅりままたん おはよう♪

プロローグでも迫力満点です。

ナイス!

2014/6/30(月) 午前 7:44 ほに 返信する

素晴らしい写真の数々…これからもいっぱいアップお願いします。
アフリカで野生動物を間近に見られるのはすごく魅了感じますが私には無理な旅行!
じゅりままさんの写真と文で楽しませてくださいね!

2014/6/30(月) 午前 7:48 グーママ 返信する

顔アイコン

ひょひょひょ〜〜
90近くの 妖怪魔女群団も参加ですか〜!

いやはや 最初からすごいわ〜!

アフリカ すごい!!
全てがすごい!!

2014/6/30(月) 午前 9:23 おてるちゃん 返信する

顔アイコン

ひゃああ〜!!プロローグからして凄い

野生のライオンに逢えたのも^^
日頃の行いがいいからですよ〜^^

しまうまも、美しい〜
あまりの、美しさにうっとりします^^

90歳でサファリ!!
私も、病気治ったら、飛行機に乗って行きたいな〜^^

2014/6/30(月) 午前 11:24 [ neosout&abemaria ] 返信する

顔アイコン

問題はサファリ中のトイレ?

なら 心配いらね〜べ そこらへんで うん

できるべ〜・・・(笑い)

里帰りできて よかったねpp

2014/6/30(月) 午後 6:25 [ まったけ ] 返信する

アバター

こんばんは、じゅりままさん^_^

以前旅行会社に勤めていて先輩たちがムパタサファリクラブ目的でアフリカに行きました。その後顧客でもあった私のお友達も行ったし。

完全に行きそびれ、もう行くこともないでしょう、と思っていましたがこの記事でココロに🔥がついた(笑)

身体を鍛えてアフリカ旅行計画しようかな(≧∇≦)

ナイスです!

2014/6/30(月) 午後 7:57 ゆうかりん 返信する

顔アイコン

90歳になるおばさまからしたらじゅりままさんはまだまだ先は長いわよ!なんですね〜(^-^)
負けないでこれからもどんどん飛んでいって楽しい事を私にも見せてくださいね〜!
ライオンのあくびもナイスですけど、キリンの優しいお目目に釘付けです( ´ ▽ ` )ノ

2014/6/30(月) 午後 9:30 あっ君ママ 返信する

じゅりままさんアフリカに行ってらしたんですね!
偶然私の知り合いも同じ時期に行ってたみたいです〜
記事を見てなんてタイムリー!とびっくりしました^^

私も向田さんのエッセイで呼んで以来いつかは行きたいと思っていますがまだまだ・・・
野生のチータを見てみたい!!
縞馬の写真がとっても素敵です^^
迫力たっぷりの写真、期待しています!!

2014/6/30(月) 午後 10:57 olympia 返信する

アバター

プロローグを読ませていただいて、この先の記事がとってもとっても楽しみです!

それにしても、たくさんのラッキー♪

じゅりままさんが運を引き寄せていらっしゃるのですね!

ぽち♡

2014/7/1(火) 午前 11:23 エリィーム 返信する

顔アイコン

ジジババがこんな元気で若者が先の見えない閉塞感の中で
息苦しそうにしている

2014/7/1(火) 午後 4:17 [ nic**riyaza*air* ] 返信する

ステキな旅行ですね♪
アフリカに行ってみたくなりました(*^^*)
下の子がまだ6年生なので、
もうちょっと大きくなってからかな。
その時のために今から、少しずつ旅行貯金しておきます(*^^*)

2014/7/1(火) 午後 5:17 [ ふみすけ ] 返信する

顔アイコン

楽しくブログ拝見させていただきました。
今年アフリカ行きを計画しているので
こちらを読んでさらに楽しみになりました^^

ひとつだけ気になったのですが、
選手達の写真をブログに載せる事について了解は得ていますか?
パブリシティ権の問題などで所属事務所から何かあったら
と少し心配になりました。

2014/7/1(火) 午後 8:58 [ mei*ei1**pjp ] 返信する

顔アイコン

ひゃ〜〜〜!読んでいるだけで興奮が伝わってきます!!
アフリカの大自然、じゅりままさんの念願、そのラッキータイム全てが重なって今回の旅が始まったのですね。

90歳になっても、その好奇心も素敵!!!
旅は行かれる条件が揃ったら、絶対に行くべき!肝に銘じて〜♪
次の記事を楽しみにしていますよ。^^

2014/7/2(水) 午前 0:14 ☆*。゚マンマ*。゚☆ 返信する

顔アイコン

野生動物に対しても“もって”ますね〜〜〜。
念願かなって何よりです。

妹が昔から、「死ぬまでに絶対アフリカに行くっ!」と言ってまして
その時は、私も付き合うことになってます。

90歳間近な方でも、元気なら大丈夫なんですね。

歳を考えて急がなきゃと思ってたけど
お金を貯める猶予ができた気分です。
資金が貯まるまで元気を保てるよう頑張りまーす(笑

2014/7/2(水) 午後 0:30 れんこん 返信する

顔アイコン

あああ〜〜〜ご一緒したかったです〜

2014/7/2(水) 午後 4:58 arakichiken 返信する

うちの両親も未だ年に3回はいろんなところに旅しています。
じゅりママさん、まだまだ〜〜行けますよ!
これからのアフリカ旅行記楽しみです〜。
ほんとうっとりシマウマさん。。。写真に吸い込まれそうです。

2014/7/2(水) 午後 6:28 kachimachi 返信する

顔アイコン

はじめまして!
来週末からケニアからマサイマラへ向かうものてす!今一番心細いのがスーツケース問題なのですが大きいスーツケース2,3個の話に少し安心しました(笑)続きを楽しみにしています(*´∇`*) 削除

2014/7/3(木) 午前 7:58 [ まき ] 返信する

じゅりままさん、おはようございます。
じゅりままさんのアフリカ旅行はツアーでしたのね。
娘夫婦が新婚旅行にアフリカかパリ(この落差がおもしろい)のどちらかに行きたいと言いだし、行くならアフリカよ!と勧めました。
本物ののサファリを見て来なさいと言ったのですが・・・
じゅりままさんの旅行記でどこのツアーかしら?と思いコメントを書いてます。
自分で探せ!ですね。(笑)
ヒントを頼りにツアー探しを娘たちにさせます。(^o^)
できれば私も行きたい!
ムーの大群やキリンや象の優雅に歩く姿を見てみたいです。

2015/1/6(火) 午前 11:39 piglet 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事