じゅりまま MY LIFE

ご訪問、ありがとうございます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全621ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


1933年生まれというと、昭和8年生まれ
検索して見たら、こんな風貌になっていました。


イメージ 3
         画像はウィキペディアからお借りしました。




春にフランフランのバーゲン品
処分品価格で購入した分厚い書籍型の箱。


イメージ 1



錆が出ていた古いIZUMIYAのクッキーの空き缶から

じゅりままが死んだら、箱ごと捨てくれたらいいモノなのだけれど。
他人様にはゴミだけど、まだ思い出深くて捨てられないパスポートと
国際免許証。



母①が突然、病死してその数年後、弟は交通事故で植物人間
入院中に、親戚が勧めるお見合いを父が断り続けてくれていましたが

弟が人間に復帰後、父がお見合いして母②が我が家にやってきた。
母②はロマンチストで、ジューンブライドに拘って可愛い人でした。


それまで不幸が立て続いていた父に笑顔が戻り始めました。


その頃、学生の海外旅行は夢のような話でしたが
母②が父を説得して わたしを大学の主催する海外研修に行くことを勧めてくれました。
今、思えば 新婚の時を二人だけで過ごしたかった 母②の
陰謀でもあったのだけれど。


わたしも、寂しい期間がやりきれず
と言って、家出する勇気もなく
二人の邪魔をしたくなかったから
やった〜!!でした。



母②の陰謀のおかげで、その後のわたしの人生が
大きく変わるきっかけとなったので
感謝しています。




イメージ 2




1番最初に取ったパスポートは未成年の時。
流石に皮の表紙の時代ではありませんが

数次旅券がまだ、なかった時代で成田空港もなかった。

プロペラ機が主流で、ジャンボジェットが飛び出したばかりの時代です。



火事にあった時に助かった写真が1枚
古いパスポートの間から出てきました。





イメージ 4

こちらは20代前半、同僚の結婚式で 入社して初めて
研修でアメリカに一緒に行った、タカコさんと歌っている
若き日のじゅりままです。



タカコさんはその後、カナダ人と結婚されて日本を去りました。
その後、何度か会う機会がありましたが
音信が途絶えました。
どうされているか・・・。




自慢したいモノはこちら。
初めての海外旅行の時に ジュネーブの空港で
雑誌や看板で見たことのあるカップルが
VIPトリートメント職員を伴い歩いてきて
人だかりがしていました。


少し歩いては、ファンサービスで立ち止まり。
さすが、映画スターともなると 空港でも愛想を振りまいて
大変なんだな〜なんて 呆然として見ていました。


空港職員が人払いをしていたのに
突然、彼がわたし達の方向に歩いてきて
わたしの前で立ち止まったんです。



この場合、ファンでもないのに、何か紙を出さないと・・と
咄嗟に持っていたパスポートを差し出したら
大笑いされて。



イメージ 5



人差し指でパスポートに
まずいでしょうみたいな仕草。

それで持っていた国際免許の裏に
TO わたしの名前と
ジャン ポール ベルモンドとサインをしてくれました。


肩幅の広い
ドッジボールのような大きな胸の
無愛想だったこの女優と腕を組んで
嵐のように搭乗口に消えて行きました。



イメージ 6



一瞬のことだったのですが
誰かからサインをもらったのが初めてで
強烈な十代の頃の 夢のような出来事
ちょっと自慢したい思い出になりました。




つい先日、パソコン教室で習ってブログを立ち上げられたという
用意さんからコメントを頂き、ブログ訪問して見たら
J.P. ベルモンドの写真が出ていたので
きな子が徘徊歩行している時に、すっかり忘れていた思い出のシナを
押入れから出してみた次第。



用意さん、これからのブログライフを楽しんで続けてくださいね。
そろそろ、きな子が疲れてきたようなので あと少し2度寝するかな・・・。


用意さんのまだ、出来立てのほやほやのブログ。
長く続くように、応援のコメントは★こちら★です。





この記事に

開く コメント(9)[NEW]

今週の出来事



寒くなりましたね〜。
ここ数日、お散歩に行けず せっかく元気が戻ったのに
外出するには、厳しいので



我楽さんが主催されているお仲間の書道展の
開催前の搬入作業の様子を
ワンコ共々、お邪魔させて頂きました。




のびのびとしたこの書は
学校の学園祭の名称を書かれたもので
視力障害始め、多重障害のある我楽さんのご子息
ちょろ君の作品です。


イメージ 1



ちょろ君たら、じゅりままの背丈をはるかに超えて
こんなに大きくなりました。



イメージ 13




書道展前日の搬入中





イメージ 11



お邪魔にならないように、お邪魔して・・・



イメージ 12





イメージ 3






イメージ 2


大五郎さんこと、渡部大語先生の作品の一部


イメージ 9

「幻」




「龍」一文字



イメージ 4




     こちらは、ソープカービングアーティスト
     ひよこ先生の「龍」のポット

イメージ 5

     拡大できます。
     蝋の色の調合から、ご自身で制作され彫られています。
     湯のみに見立てたキャンドル。
      


     
イメージ 6




イメージ 10


広島の書道家、岬涯先生NOアートな書の大作が
続々と展示されていました。




イメージ 7




イメージ 8






イメージ 14



こちらは貝瀬先生の女性らしい、優しい書



イメージ 16





お仲間たちが集う書道展では、ライブ演奏もあったりで
リハーサルをされていました。





イメージ 15







2017書道展前日、搬入現場点検中のきな子



前世は犬だったとおっしゃる、このお方。


ここをこうして、こうした方が良くなると
犬の気持ちでのアドバイスを頂きました。


はて? わたしの前世はなんだったんだろう。
皆さまは前世の記憶って、ありますか? (笑)

この場合の(笑)<ーーは楽しく、冗談ででもという感じで
受け止めて頂けると嬉しい。




イメージ 17

確かに!
視力なし、聴力もなくなったきな子を
この方が、こちらの方向に呼び寄せたので、びっくりでした。



ここで、思いもよらぬ指摘を受けて
大慌て。
衣服の袖の当たるところが擦れて


じゅりままの目には、気がつかないような
床ずれの初期の症状を発見して下さった。
今後は、布製の衣服は止めることにした方がいいらしい。
お邪魔して、本当に良かったです。





今週はお泊まり客があるので
家できな子と過ごせる時間が多くていいのですが
丑三つ時に、やけに元気に徘徊歩行はますますで
参った!


じゅりまま、昼間は ボォ〜 
あはは(笑) いつもか!




きな子の歩行器を改良したいと思いつつ
なかなか、手つかずで・・・
今夜も夜中のきな子の徘徊歩行に備えてブログ更新しっぱなしの
無礼をお赦しください。






この記事に

開く コメント(34)[NEW]

少し前、社会的に地位もあり
度々、テレビの取材を受けるような
立派なお仕事をされている方だったので
疑いもせず、お仕事に自信をお持ちの男性だと思っていました。


わたしが文章の後に、冗談のつもりで (笑)<ーー

つい、SNSで使うような
(笑)<ーー こんなマークを入れてしまって。


これで、彼のお仕事を無礼な嘲笑と受け取られ傷つけてしまいました。

たった一度で、取り返しのつかない
大切な友人を失いました。


さらに、共通のお仲間たちにまで
修復のために気を遣わせて迷惑をかけました。
これも辛い。


嫌な気分にさせた事については、心から反省しているのですが
いまだに、なぜ? 謝っても許してくれない人の心が分からない。

大好きな方なので何度でも謝るつもりだったのですが
多くの場合
逆効果でストーカーみたいに感じるそうなので止めました。



ここが、わたしの大きな問題、
デリカシーの欠如に落ち込んで
解決の道が見つからない。




イメージ 1

真夜中の、愛犬 きな子の徘徊歩行タイムを有効に使うことにして
女子大の公演授業の後、学生が提出したリポートを、もう一度点検。
その中には、若き悩みだけでなく、鋭い指摘があったり
背中に水を掛けられた気分になる批判もある。

イメージ 2

授業では一般論の後で、わたしの見解を伝えたつもりだったのだけれど
この学生には「無視されるのは、とても悲しい」としか伝わらなかった。
300人の中には、いろんな受け止め方をする学生がいるのだから
気をつけなくてはと注意していたつもりだったけれど
デリカシーの欠如から また、やっちまった・・・
目下、外出を控えているので 心理学を勉強中の
友人がやって来たのを機に真面目に講義を受けました。
興味深かった項目は 「心理学的代償行動」
これについては、またゆっくり勉強するとして
今日のテーマは「デリカシーの欠如」です。



心理学的に分析すると
デリカシーのない人は、意識して人を傷つけたり
不快にさせたりする発言をしているわけではないのが
厄介なのだそうです。

聡明な者は、改善の見込みがないと知っているから
さりげなく信号を送ることなく
知らないフリして距離を置く

お節介な者は、分かってもらおうと 何度でも注意を促し
通じないことに自己嫌悪になり共倒れする前に自滅する

愚かな者は、自分が傷つきたくないから
いち早く正面から伝えてお互い不快になって
修復不可能となる

デリカシーのない人は 悪意がないので
何がいけないのか分からずに
同じような言動を繰り返して、大切な友人、隣人を
失ってしまうのだそうです。



ご近所の「ワインとチーズの会」 
なんどもお誘いを頂きながら、下戸なのでワインに興味がないから
一度も伺うことがありませんでした。
イメージ 3
今回だけは、京都丹後にご一緒させて頂いた事もあって
飲まなくていいから、美味しいチーズとランチだけでもと言われ 
そうなの? いいかも〜
お邪魔してきました。
イメージ 4

現地、バスク地方ではOSSAU IRATY のAOCチーズに
カラスミとブラックチェリーで
ワインが飲まれるのだそうですが

ブラックチェリーの代わりにブルーベリーで
頂きました。


チーズ大好き。
残念ながら、ワインもチーズも上等なのか庶民的なのか
悲しいかな、その違いが分からない。



イメージ 5


この羊のチーズについて
地理、歴史など興味深い講師の講義に感銘を受け

我が家では、縁のないエレガントなチーズならと 

つい、グラス半分ワインを飲んでしまった。


イメージ 6


近所でよかった。
みなさんはまだまだ、これからと言う雰囲気でしたが ランチ済んだら
さっさと、おいとまして帰宅。
ワインのおかげできな子を抱いて、お昼寝爆睡してしまいました。
悲しいかな。やっぱり、エレガントな集まりは向いてないのかも。。。

きな子が徘徊歩行中、こうしてブログタイムに没頭して
ふと、きな子は?と見たら わぁ びっくり。
歩行器から自力で這い出して、座っている!
テレビの前にちっちの池が!
イメージ 7

お座り姿を見るのは何ヶ月ぶりだろう
すごいよ。きな子
ママは二度寝するかな。





この記事に

開く コメント(30)[NEW]

晴れました! お洗濯♪ お洗濯♪
お洗濯は好きなんです。

今日もきな子の歩行器を いかに手間をかけずに
改良版するか
あ〜じゃない、こ〜じゃないと頭の中がいっぱい。

そこに昼間、セミナーが入っているのを忘れていて
ハッと気がつき、まずい。
ドタバタで ワンコのお散歩に行けませんでした。


今日もきな子の歩行器の改良版を
あ〜じゃない、こ〜じゃないと頭の中がいっぱい。


イメージ 1


あっちの方から楽しげな
お祭り騒ぎの、かんらかんら 高笑いの笑い声が
聞こえてくるような気がして・・・


ゼペットさんに電話で、回転できる車輪に
変えるためのアドバイスを頂いたものの
我が家にある電動ドリルでは無理なようで
特殊な道具がいるらしい。 



その道具の名前が分からなくて、隣町の大工さんに電話で聞いても
伝わらず。



あ! そうだ。
きな子を助手席に固定して



イメージ 2


ささみも 行きたいと言うので
DIYの達人旦那がいたぞ。
一緒にご近所のnoriranさんのお宅へ走りました。




わぁ! 本日のnoriran邸は シュナまみれ〜 ♪


イメージ 3

 

 ささみ タジタジ。
 本日のnoriran邸では、シュナ祭りだった。



 かんら かんらの笑い声の主は
 言わずと知れた、ジジママだった。



イメージ 4

     初めまして!のシュナちゃん
     一体、元気いっぱいのシュナが何匹いたのやら。




広々した、芝生を走り回っていました。


ささみは 勝手知ったる 亡きコンランお兄ちゃんのお家だから
BB兄弟に挨拶もそこそこ
さっさと、家の中に入り込み探検しまくり。





noriranさんの旦那さんに、じゅりまま傑作作品の
歩行器を見せて、こうしたい、あ〜したいと
説明したら

プロ並みのDIY道具コレクションから
これですねと



イメージ 5




この部品を電動ドリルにセットして
コンパスのように中心を押さえて ガァ〜っと外側の刃が回転すると
刳り貫ける、輸入品の部品なんです。




イメージ 6

じゅりままに使えるのかどうか
一抹の不安もありますが・・・


noriranさんに 使い方を動画で撮った方が良いとアドバイスされて
じゅりまま、万歳!!! です。



使い方のご指導を頂き、貸して頂ける事になりまして
嵐のように引き上げて参りました。




イメージ 7


お陰様で、熟女犬のきな子とささみは
シュナ連のパワーをいっぱい頂いて
若返ったよ。



シュナ祭りの真っ最中にも関わらず
noriranさんのお客様たちにも、きな子のために
色々、お気遣い頂き ありがとうございました。






  



この記事に

開く コメント(15)

丑三つ時の筋トレ

草木も眠る、丑三つ時。魔女タイムです。
丑三つ時って? 正確には午前2から230分らしい。
鍋にコウモリ、トカゲ、ヤモリに蛇をグツグツ煮るために
丑三つ時に起きました。(冗談、冗談)

ちょうど、その頃になるときな子が目を覚まし
ふがふが、ジタバタもがいてトイレを教えます。


オムツを検討したのですが、お姑様の時と同じ。
本人(犬)の尊厳を重んじて 起こしてくれるうちは
付き合おうと決めました。


現役で仕事をしていた時には無理だったでしょうが
時間はどうにでもなる。


イメージ 1


その後が、いけません。
人間と同じで、ボケなのか真夜中の徘徊歩行
1時間の時もあれば、もっとの時もある。


歩行器ができたおかげで
きな子の腰を抑えて歩くことがなくなり
楽になりました。


魔女は寝ないけれど、じゅりままは「魔女もどき」なので
毎晩、これでは持たない。
しばらく、ライフスタイルを変えることにしました。



夕飯を幼児並みに早くして、一旦 9時前に就寝してみた。
どうせ、起きるならお互い 楽しんで真夜中の筋トレ目指そう。(ウソです)




イメージ 2



視力や聴覚がおぼつかないおばあちゃん犬に
残るは嗅覚。


ほれ! ジャキーをちぎって 
ヨガマットの上で歩行運動即します。

きな子が見つけました。よっしゃ〜♪
でも、歩行器のバーが邪魔して 食べられない。






イメージ 4

マダムアキコのお宅のお縁側で
コトコト音を立てて、ひだまりを歩いていました。
まだまだ、筋力つけてまた、遊びに行きたいから


         
母としては、鬼のトレーナー
反対向きに歩行器に載せ替えてみました。



イメージ 3

おお、後ろ足を踏ん張って
乗り出して食べています。
筋力、筋力。




ついでに、じゅりままも ただでは付き合わん。
老化は足からと申しますゆえ。
思い切り足指を広げる運動、足指筋トレをしてみた。


みなさん、やってますか?
左足は少し、開くようになってきたのですが
まだまだ。






ただいま、真夜中 外は木枯らしの音がしています。
今日から冬だ。




きな子が勝手に歩いている時がブログタイム。
いいかも〜♪


イメージ 5


突き当たると、何度でも 方向を変えろと呼ぶきな子。



早く、回転する車輪に改良しないと。。。。
構造上、これがかなり大変そう。
ああ! 作り直しなのかな・・・・。


二度寝して、考えよう。
おやすみなさい。








この記事に

開く コメント(24)

全621ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事