全体表示

[ リスト ]

玉木氏も防衛相不信任検討 地上イージス調査ミスで
THE SANKEI NEWS
2019.6.15 17:53政治政局

 国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備をめぐる防衛省の調査ミスを踏まえ、岩屋毅防衛相の不信任決議案提出を検討するとした立憲民主党幹部に同調する考えを示した。「信じられないような杜撰さだ。秋田と山口(への配備)ありきだったのではないか。不信任案を検討することになる」と東京都内で記者団に述べた。

 老後の必要資金に関する金融庁審議会の報告書を受け取らなかった麻生太郎金融担当相についても「傲慢な姿勢だ。これではまともな政治はできない」と批判。不信任案提出を検討するよう重ねて主張した。



麻生、岩屋氏の不信任案検討 国民代表 
日本経済新聞
2019/6/15 18:00

国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、麻生太郎金融相と岩屋毅防衛相の不信任決議案提出を検討する考えを示した。老後資産が約2000万円必要とした金融庁の報告書を受け取らない麻生氏の姿勢や、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関する防衛省の調査ミスを問題視した。

都内で記者団に「予算委員会での説明も拒否している。不信任を検討することになるだろう」と述べた。立憲民主党の枝野幸男代表も15日に宇都宮市内で「岩屋氏が任に当たらないことははっきりしている」と述べた。

(引用終わり)
国民民主党が、麻生太郎金融相と岩屋毅防衛相の不信任決議案提出を検討しているというが、是非麻生、岩屋氏の不信任案を提出するべきだ。

岩屋毅防衛相と防衛省は、地上イージス調査ミスだけでなく、一連の不祥事の責任を取るべきだろう。
麻生太郎金融相と財務省は年金問題だけでなく、消費税増税問題でもミスをを繰り返している。
両名共、防衛省、財務省の責任は重い。
岩屋毅防衛相と麻生太郎金融相は更迭し、衆参同日選挙で主権者たる国民の信を問うべきだろう。
安倍自民党政権は、地上イージスの白紙撤回(イージスコンテナにクラスチェンジ)、消費税増税を安倍政権下では無期延期、大型減税と大規模な財政出動による景気喚起を図る。
これで安倍政権は衆参同日選挙で勝つ。それも圧勝だ。
どうせ、岩屋は更迭する予定だったから、失うものはない。
麻生金融相と財務省には国民の増税批判と憎悪を一身で引き受けてもらう。

選挙で勝つためなら何でもありだ。
むしろ選挙に勝つために増税を止めるのは政治的に正しい。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事