閑話も休題

楽しいケンカ売ってきてくれてるんなら、最後まで勝利してほしいんだけどなぁ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

えっと…
こういうのを載せると「X-FILE」みたいになってきますが…。
四川省大地震前に発生したという「彩雲」です。(現地時間13:56)

動画1(甘粛省天水)
動画2(陝西省眉県Meixian)
この彩雲発生から32分後/10分後に、地震が起こったそうです…。


…ということは??

彩雲を見たらその土地はやや安心、で、けっこう離れた場所が危ない????

よくわかりませんが…そら恐ろしい美しさですね。




Wikipedia英語版「Sichuan Earthquake」より
On that particular day, sightings of unusually colorful and luminous cloud formations in two cities of nearby provinces more than 400km north east of the epicenter, each at 32 and 10 minutes before the earthquake, were filmed and photographed.[166][167][168]
These clouds exhibit luminous characteristics akin to auroras and sundogs(rainbow-like phenomena in cirrus or other high clouds).
Earthquake was also felt at the location of the photographer, and the mobile phone signal was cut off for a while.[169]

There are many hypotheses for the cause of these earthquake lights.[170][171]
Of note, Dazhou's natural gas fields have been greatly being harvested by China Petrochemical Corporation and PetroChina.[172][173]
The audio comment of the video was that it looked like sun-light deflection.
Some Buddist believe that it is a sign from Guan Yin, as it happened on Buddha's Birthday/Vesak.

<マイ和訳>
5/12、震央から北東400km以上離れた近隣省の2都市で、それぞれ地震の32分前、10分前に、異常に多彩で明るい雲構造の目撃例が動画/写真撮影された。
これらの雲は、オーロラと幻日(巻雲または他の高い雲での虹のような現象)と同類の明るい特徴を示した。
地震は写真撮影者の地点(天水Tianshui/甘粛省)でも感じられ、携帯電話はしばらく不通になった。

この地震発光現象には多くの仮説がある。
注意すべきこととして、達州Dazhou(四川省最東北の区)の天然ガス田が中国石油化学総公司とペトロチャイナによって大量に採掘されていた。
動画の音声コメントでは、太陽光の偏光のように見えたという。
ブッダの生誕日(灌仏会/Vesak旧暦の4/8)に生じたので、観音様の吉祥だと信じる仏教徒もいる。




しかし、単に不気味がるだけというのも、ナンですね…
「彩雲」が多く載っているページ
まぁきれい☆
…これだけたくさん見ると、中国広いし、たまには見えるかもって感じもします。
(ただ、こんな地震の直前に見たら…一生忘れられないのは確かですね;;)


Wikipedia「彩雲」
彩雲は昔から吉兆とされるが、実際はありふれた気象現象である。

Wikipedia「宏観異常現象」
光 : 三河地震、兵庫県南部地震、新潟県中越地震で多くの目撃例がある。



■「彩雲」はどれくらい離れているか?

巻雲は高度5km〜13km上空の雲なので、
仮に仰角15度の角度に見えたとすると、
丸めの計算で20km〜50km向こうの所にある雲、になります。
仰角5度なら60km〜150kmほど向こうの雲です。
地平線ギリギリなら260〜410kmほど…これはちょっと無理カナ^-^?

もし仮に、地震に関係があったとしても…震源とは無関係なように思えます。

ちなみに…身長160cmの人の地平線はたった約4.5km先です。



さて、偶然か、宏観現象か…??



で、こういう事がいちいち気がかりなのも…

■余談の余談・パート2:

前記事、「厚木のイオン値…」続報です。


へー。夕刊紙がとりあげましたか…。

「これまでの結果でいえば、大気イオン濃度が急上昇した後、実際に大きな地震が起こった確率は70−80%」と、弘原海(わだつみ)氏〔大阪市立大名誉教授・e-PISCO予測研理事長〕は語る。
え…? けっこう確率高い??;;;

「イオン濃度が急上昇しても、すぐに地震が来るとはいいません。ただ、様々なデータや情報のなかで、濃度の上昇は1番初めに起こり、動物の異常行動などは地震の直前」
ココがけっこうアバウトなんですよね、この予測…。

『関東かどうか?』もハッキリしないハズですし。(∵同NPOは厚木以北の観測点を持たない)
記事見出しのアオリ方はちょとイラッと来ます。





でも、早めに警戒対策を考えておけば安心ですね。
スリッパ(できれば靴)を枕元に一足置いておくだけでも、随分安心感は違うかもですよ。

この予測の成否はともかくとして、
「次」はあなたの住む場所かもしれませんし、僕の住む所かも知れません。(上町断層コエエ;:;;)

不安は、地震が起きてからでいいです。
配慮は、地震前に必要です。

とりあえずこれ↓もう一度読んでおきましょう。
地震の知識(PDFファイル)(千葉県大多喜町HPより)
 ・阪神淡路大震災の救助者<生存/死亡>推移(5日目まで)、
 ・同 初期救命者の内訳(64%は「近所の人」) など、阪神大震災の教訓が生かされたPDF




ではでは☆

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんなキレイな雲が出ていたとは。。。地震は怖いです。。。日本の緊急地震速報もまだまだのようですし・・・(>_<)。
行方不明の方たちまだまだ居るんですよね・・・(T-T)。中国がもっと早く人的支援要請してくれたら良かったのに・・・。

2008/5/24(土) 午前 1:05 mihi♪

>みひさん
キレイすぎてコワイですね…。でも「ありふれたもの」で「雲の距離も今ひとつ不適当」なので、直接の関係はなさそうな気がします。
オーストラリアやカナダも「行くぞ」って言ってましたのにね…。何万人もの命の重さを考えると、本当に悔しいことです。

2008/5/25(日) 午前 8:59 天津風


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事